« 005: 恋戦。 | トップページ | 007: 笑の大学 »

2006年5月14日 (日)

006: ヒトラー最後の12日間

ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション

Downfall1lg_1

販売元:日活
発売日:2006/01/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原題 : DER UNTERGANG
監督 : オリヴァー・ヒルシュビーゲル
製作 : ベルント・アイヒンガー
脚本 : ベルント・アイヒンガー
音楽 : ステファン・ツァハリアス
出演 : ブルーノ・ガンツ , アレクサンドラ・マリア・ラーラ , ユリアーネ・ケーラー , トーマス・クレッチマン
収録時間 : 155分
発売元 : 日活

Amazon.co.jp
   1942年、ミュンヘン出身の若い女性が、アドルフ・ヒトラーの秘書になる。彼女は追いつめられたヒトラーの最期の日々を近くで目撃。独裁者をひとりの人間として見つづけた彼女の瞳に映った、本当のヒトラーの姿とは?
指令本部から出ようとしない晩年のヒトラーは、部下たちの助言にもなかなか耳を貸さず、強いドイツを最期まで疑わなかったが、女性や身内にはやさしく、 紳士だったのに驚きだ。ユダヤ人大虐殺など、ヒトラーが作りあげた残酷な歴史は、どんなに彼が人にやさしくしても決して消えることはないし、許せない行為 だが、この男がなぜ、独裁者になったのかと、ますます興味深くなること間違いなし。ヒトラーを演じるのはブル-ノ・ガンツ。自分という存在を消して、ヒト ラーになりきったその演技は一見の価値あり。(斎藤 香)

■■■ さくら評価 70点  レンタルDVD

Unterhitlertraan_2

この映画はヒトラーの秘書だった女性の独白が、最初と最後にあって、そこにメッセージが込められている。

彼女の独白は、戦中を年老いてから振り返ってのものであり、それだけに深いものがある。恋は盲目!じゃなくて、戦争は盲目・・・・・怖いなぁって感 じた。仮に盲目になっていなくても全体主義の時代は、個人の意思なんてないも同然で、何よりも国家の意思が優先されちゃって、情報なんてものは常に一方的 になり、情報じゃなくて単なる命令になっちゃう。

Downfall5lg_5戦 争にツキモノな情報操作だけど、情報操作の危惧といえば、今、日本では、「共謀罪」を創設する組織犯罪処罰法改正案の国会審議が、大詰めを迎えている。こ れは、実際には何もしなくても、団体が「犯罪」の相談をしただけで罪に問うという法案なんだけど、ここで言う「団体」は、犯罪組織に限られていないんだよ ね。適用範囲や適用事項をはっきりさせると効力が無いからとか言って、なんかあやふやで、だから、個人のプライバシーが干渉されちゃったり、表現の自由が 制限されちゃったりといったような“検閲”を思い起こさせたりする。なんか、成立後に悪用されそうで怖いなぁ。「目を見開いている」のって難しいから、情 報化社会の末端の末端の隅っこにいるあたしにとっても、多様な情報って大切だと感じる。

ナチス・ドイツ時代に、ちゃんとちゃんと「目を見開いている」ことの出来た人として、あたしがすぐ連想するのが、杉原 千畝(すぎうら ちうね 1900~1986)なんだけど、知ってますか?簡単に言うと、ユダヤ人へのビザ発給により約6千人もの尊い命をナチス・ドイツ の迫害から救った外交官なんだけど、ごく一般の環境と家庭の中で育った普通の人だったらしい。ユダヤ人大虐殺が行われた第二次世界大戦という特異な環境の 中で、日独伊三国軍事同盟を結んでいた日本の外交官なのに、自分の判断で人間として偉大な行為を行ったんだから、本当にスゴイなぁって思う。

ユダヤ人を救ったということでは、映画にもなったのでシンドラーの方が有名だけど、杉浦千畝の出身地・岐阜県八百津町に“杉浦千畝記念館”というのがあって、あたしはそこに友人と行ったので、なんか千畝をすぐ思い浮かべる。

戦争は嫌だ。攻撃されるのは無論、攻撃する側にも絶対になりたくない。

・・・・・・・・・・あらら、読み返してみたら、映画のことには、ほとんどふれてないね。読んでくれる人の参考にならないかな。しまった!!でも、まぁ、よしとしておきます。(笑)■ブルーノ・ガンツって、ヒトラーに似せて整形したの!?ってくらい似てた。

Downfall6lg_3 そういえば、第二次世界大戦(1939.9.1~1945.9.2)を引起こしたアドルフ・ヒトラー(1889~1945.4.30)は、あたしが5月9日に観た「モディリアーニ真実の愛」のアメデオ・モディリアーニ(1884~1920)と生きた時代が重なっている。・・・・・・・・・・それだけなんだけどね。

ヒトラーって死体確認されなかったから、「生存説」もあったんだよね。

GyaO Vol.2第2次世界大戦 戦争の序曲 「ナチス電撃大侵略」
ヒトラーの野望が良く分かる。

|

« 005: 恋戦。 | トップページ | 007: 笑の大学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/1787790

この記事へのトラックバック一覧です: 006: ヒトラー最後の12日間:

» ミュンヘン スペシャル・エディション [DVD Check]
ミュンヘン スペシャル・エディション [続きを読む]

受信: 2006年8月22日 (火) 02時30分

« 005: 恋戦。 | トップページ | 007: 笑の大学 »