« 絵解き | トップページ | 006: ヒトラー最後の12日間 »

2006年5月13日 (土)

005: 恋戦。

恋戦。 OKINAWA Rendez-vous

Okinawa_rendezvous_1_2_1

販売元:エスピーオー
発売日:2002/02/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

監督 / 脚本:ゴードン・チャン
製作総指揮:チャールズ・ヒョン
出演:レスリー・チャン、レオン・カーフェイ、フェイ・ウォン、加藤雅也 他
2000年 / 香港

2006,05,15までGyaOでも視聴可

ストーリー

『さらば、わが愛 / 覇王別姫』のレスリー・チャン、『愛人 / ラマン』のレオン・カーフェイ、『恋する惑星』のフェイ・ウォンという香港3大スター、さらに日本からは加藤雅也という豪華キャストが実現。日本の沖縄の 美しい風景を背景に、怪盗、ヤクザ、刑事と、その恋人である女たちの恋心が絡まりあい、また広東語、英語、日本語が混じりあい、フレッシュで軽快な異色群 像ロマンスに仕上がっています。

ヤクザの首領サトウ(加藤雅也)の秘密の手帳が、香港の怪盗ジミー(レスリー・チャン)の手に渡る。ジミーはサトウに対し、手帳と引き換えに200 万ドルを要求、交渉が成立する。しかし、ジミーへの支払金としてサトウが用意した200万ドルを愛人ジェニー(フェイ・ウォン)が持ち逃げ。一方、恋人と バカンスで沖縄にやってきた香港警察の刑事ダット(レオン・カーフェイ)は、空港でジェニーにひと目ぼれしてしまう…。

Okinawa_rendezvous_2_2 ■■■さくら評価 63点  GyaO

感覚としては、TVドラマのスペシャルのような感じ。複雑な感情表現もないし、ストーリーに「おいおいそれは無理があるだろ~」ってのも、まぁご愛 嬌、娯楽映画じゃなぁいって感じ。って、どんな感じ?ってカンジなんだけど、まぁ、あたしとしては、フェイが、さすがスタイル良くて、カワイクて、それだ けで、もういいんだけど。でも、本当にスタイルいいと絵になるわ~、カッコイイ !!

 

Okinawa_rendezvous_4_3 Okinawa_rendezvous_5_3

この映画、舞台が沖縄ってことで、その絵面にちょっと期待してたんだけど、沖縄じゃなくてもよかったんじゃないかな。MANZA・Beachみたい だったけど・・・・・、米軍基地もチョロっとでてきたけど・・・・・、あたしは、あんまり「沖縄らしい」って感じはしなかった。

加藤雅也が、ベタベタなヤクザっていうかチンピラで登場してて、これは笑ってしまった。沖縄、ヤクザ。。。ときて、今、あたしが連想するのは、今年 1月の「ライブドア・ショック」絡みで沖縄で亡くなった野口さんが、自殺では無く他殺で、云々っていうやつだ。だから、レビューを読んだ時は、もうちょっ となんというかソレッポくコワイかと思ってた。

色々とあたしの勝手な思い違いはあったけど、単純明快で、苦味も酸味も深みもコクもないけど、軽い後口で気分の良い映画だった。 ■フェイ・ウォンってスタイル抜群で居るだけで絵になる。

2006,05,15までGyaOでも視聴可 Okinawa_rendezvous_6_2

あたしは過去に二回だけ、沖縄に行ってる。といっても、最初は西表島にシーカヤックをやりに、次は石垣島へダイビングをやりに行ったのだ。まだ、あの美味い紅芋が本土には生で持ち帰れない頃だ。

ちなみに紅芋に限らず沖縄のイモ類は、日本本土にはいない病害虫がついている恐れがあるため、植物防疫で生での沖縄 県外への持ち出しが規制されてたんだよ。そういえば、イタリアのブラッドオレンジも、紅芋と同じ理由で、生では日本に輸入出来なかったのが、イタリア側の 研究開発が実を結んで、日本人検査官が現地検査する事を条件に解禁になるみたいだ。って、沖縄って海外扱いだったのね~。まぁ、昔はパスポートが必要だっ たんだしね。あたしの死んじゃった父さんは、始めて行った海外は沖縄だって言ってたし。

でも、あたしの沖縄といったらサンゴ!マングローブ(笑)!紅芋ソフトクリーム!黒糖!ゴーヤチャンプルに・・・・・あ、ゴーヤは映画にちょこっとでてきたな、そういえば。

|

« 絵解き | トップページ | 006: ヒトラー最後の12日間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/1779867

この記事へのトラックバック一覧です: 005: 恋戦。:

« 絵解き | トップページ | 006: ヒトラー最後の12日間 »