« 022: キッチン | トップページ | 024: 最後の戦い »

2006年6月 4日 (日)

023: (ハル)

お互い顔も知らぬまま恋に落ちていく・・・・・

Haru_02 


監督: 森田芳光 
製作: 鈴木光 
プロデューサー: 青木勝彦 三沢和子 
脚本: 森田芳光 

キャスト(役名)
深津絵里  内野聖陽  戸田菜穂 

製作年:1996
配給:東宝配給
上映時間:118分

Amazon.co.jp
森田芳光監督が、まだメールという言葉が一般的でなかった1995年に、お互い顔も知らぬまま恋に 落ちていく男女の姿を、画面いっぱいのメール文字を中心にしながら描いていくという実験的要素と、時代を先取りする卓抜したセンス(アメリカ映画『ユー・ ガット・メール』よりも早い)で繰り広げていくラブストーリー。主人公ふたりがさまざまないきさつを乗り越えて、ようやく出会うラストシーン。そこでの台 詞の美しさたるや!(的田也寸志)

■■■さくら78点  YAHOO!動画 無料視聴期間 2006.06.01~2006.06.30

あたしは、今年の春(2006,03,31)に、最後のパソコン通信 (Wikipedia)“NIFTY- Serve”が幕を閉じたという記事をちょっと感慨深く読んだ。この映画は、そんな今はもう無いパソコン通信を扱った1996年の作品だ。パソ通は、今の インターネットよりもっと「オタク」のイメージが強かった。そして、女性でパソ通をやっている人は、本当に少なかったと思う。昨日の「キッチン」は、ワープロを扱って住所変更案内を出すシーンがある1989年。それから7年後だけあって、時代は進歩している。そういえば「(ハル)」も「キッチン」も森田芳光監督(Wikipedia)なんだね、知らなかった。

1996年当時のあたしは、個人ではパソコンを持っていなかった。でも、素人でも扱いやすいWin95を搭載したパソコンが発売されていて、パソコンやインターネットが広まり始めた時期でもある。あたしが自分のパソコンを買ったのは1998年になってからだ。

深津絵里の真っ赤な口紅や、でっかいパソコンモニター用ブラウン管は別にして、物語としては10年という古さを感じさせなかった。 それは、“パソ通での恋”という先取りした題材を扱っているからなのかな・・・。そして、「メール」という媒体を使って表現しているのは、仕事に悩んだ り、恋愛に悩んだりといった、とっても普通の感覚。そんな中で育まれていく信頼感と恋心・・・・・。う~ん、いいドラマだ。(笑)

あと、TVドラマ「ショムニ」「anego」での役柄が好印象で、松井選手との交際が噂になった、戸田菜穂が出演しているけど、彼女は今とあまり見 た目の雰囲気が違わない。この映画公開時、23歳の深津は年相応に見えるのに、22歳の戸田は年齢より大人びて見える。■好きな深津絵里が出演しているか ら観たけど、それを差し引いても面白かった。

 

|

« 022: キッチン | トップページ | 024: 最後の戦い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/2049820

この記事へのトラックバック一覧です: 023: (ハル):

« 022: キッチン | トップページ | 024: 最後の戦い »