« 019: 下妻物語 | トップページ | 021: 普通の人々 »

2006年6月 1日 (木)

020: モンティ・パイソン 人生狂騒曲

「人生の意味 The meaning of life とは何か」
Monty_python_03   

原題 : MONTY PYTHON'S THE MEANING OF LIFE
監督 : テリー・ジョーンズ
出演 : グレアム・チャップマン , ジョン・クリーズ , テリー・ギリアム , エリック・アイドル , テリー・ジョーンズ , マイケル・パリン

製作 : ジョン・ゴールドストーン

レンタル開始日 : 0001-01-01
収録時間 : 107分
発売元 : ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

Amazon.co.jp
20世紀最高のコメディグループ、モンティ・パイソンの、6名そろっての最後の作品。偶然とはいえ、最後に相応しく「人生の意味」(原題)というとんで もなく大きなテーマに取り組み、それに対するすばらしい答を導くことに成功している。また、これまでの劇場版2本が長編ドラマだったのに対し、本作では原 点に立ち戻り、生まれてから死ぬまでを年代別にそれぞれ独立したスケッチとして構成している。
本作における悪意に満ちた真理の探究はすさまじいものがあり、そのすごさ故にカンヌ国際映画祭では審査員特別賞を獲得。世界が認めた傑作コメディ映画で あるといっていいだろう。このように片手間に楽しむことを頑なに拒否する作品ではあるが、第6章「晩年」のエピソードは、ぜひ食事(シチューとかもんじゃ 焼とか)をしながらの鑑賞をおすすめしたい。(田中 元)

パイソンズのテレビ・映画作品 (ファンサイト)

人生狂騒曲 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

モンティ・パイソン フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

■■■さくら評価86点  レンタルDVD

人に薦められて観た映画。正直あたしは、レビューを見ただけでは借りないし、又、レビューまで辿り着きもしないだろう映画。1983年製作で日本では劇場未公開。好き嫌いがはっきり分かれる映画だろう。あたしは面白かったヨ~。観てよかった。

とっても辛辣なのに、笑えるし、色々考えさせられるし、励まされる。あたしが観た事がない雰囲気の映画だった。こんな「映画」があったんだ!

Monty_python_07_1 

チャプターメニュー
 1.短編「クリムゾン―老人は荒野をめざす―」
 2.オープニング
 3.PART1 出産の奇跡
 4.出産の奇跡 PART2 第三世界編
 5.PART2 成長と学習
 6.PART3 お互いに戦うこと
 7.映画の折り返し地点 
 8.PART4 中年
 9.PART5 臓器移植
10.PART6 晩年
11.PART6B 人生の意味
12.PART7 死
13.天国でのフィナーレ
14.エンド・クレジット

どのチャプターも、大人向けの笑いが散りばめられていて、とても楽しませてくれる。■昨日の「下妻」といい、この「モンティ・パイソン 人生狂騒 曲」といい、どちらも、あたしには縁がなさそうで、あたしは面白いと思えないだろう映画なのに、 「スッゴク、オモシロイ!!」「観テ、ヨカッタ!!」と 今のあたしは思ってる。先入観から、喰わず嫌いになるのは良くないけど、かといって数ある映画総てを、観ることが出来るわけでもない。この映画に巡り合え てよかった。

Monty_python_01_3  Amazon モンテ・パイソン 人生狂騒曲

|

« 019: 下妻物語 | トップページ | 021: 普通の人々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/2022384

この記事へのトラックバック一覧です: 020: モンティ・パイソン 人生狂騒曲:

» モンティ・パイソン・レアリティーズ コレクターズBOX (初回限定生産)  激安! [モンティ・パイソン・レアリティーズ コレクターズBOX (初回限定生産)  激安!]
モンティ・パイソン・レアリティーズ DVD 一挙公開! [続きを読む]

受信: 2006年6月 7日 (水) 14時06分

» 映画日本沈没の総合情報サイト/草なぎ剛/舞台/挨拶/試写会/予告編/主題歌/感想/2006年 [映画日本沈没の総合情報サイト/草なぎ剛/舞台/挨拶/試写会/予告編/主題歌/感想/2006年]
映画日本沈没の総合情報サイトです。全ての関連テーマを集めています。/草なぎ剛/舞台/挨拶/試写会/予告編/主題歌/感想/2006年 [続きを読む]

受信: 2006年7月 3日 (月) 13時42分

« 019: 下妻物語 | トップページ | 021: 普通の人々 »