« 044: バッファロー’66 | トップページ | 046: エリザベスタウン »

2006年7月 9日 (日)

045: ウォーク・ザ・ライン 君につづく道

Walk_the_line_01_2


英題: WALK THE LINE

スタッフ
監督:ジェームズ・マンゴールド
原作:ジョニー・キャッシュ
脚本:キャシー・コンラッド / ジェームズ・キーチ
音楽: T・ボーン・バーネット

キャスト
ホアキン・フェニックス  リース・ウィザースプーン  ジェニファー・グッドウィン  ロバート・パトリック  シェルビー・リン  ダラス・ロバーツ

上映時間: 2時間16分
製作年: 2005年
製作国: アメリカ
日本公開: 2006年2月18日
配給: 20世紀フォックス映画
レンタル開始日 : 2006-05-26

1950年代、エルヴィス・プレスリーやカール・パーキンスと共に、ロカビリーの黄金時代を築き上げた実在したカリスマスター、ジョニー・キャッ シュの生涯に迫った真実の愛の軌跡。ジョニー(ホアキン・フェニックス)はレコード会社で飛び込みのオーディションを受け、合格する。妻子を残し全米ツ アーに出た彼は、憧れのカントリー歌手、ジュ-ン・カーター(リース・ウィザースプーン)と運命的に出会うが……。 公式HP FliX

■■■さくら59点 レンタルDVD

ヒロインのリース・ウィザースプーンが、第78回アカデミー賞 最優秀主演女優賞を受賞している。でも、あたしにはイマイチな作品だった。時間は経 過していくんだけど、ずっとテンションが変わらなくってクドサを感じた。幼い頃のトラウマや、貧乏、無理解な妻、ドラッグ・・・・と色々なことがあるんだ けど、何故かあたしの琴線に触れてこなかった。

Walk_the_line_02

かっこよくないんだよね、ジョニー・キャッシュの性格が。とっても弱くて、子供っぽい。それが魅力的に感じられる場合もあるんだけど、単にかっこ悪 いだけだった。・・・・・年齢が50代、60代でリアルタイムのジョニー・キャッシュを知っていたら、又、違う想いで観られるのかもしれないけど。

Walk_the_line_03

家族愛が強くて、責任感があって、人生の辛さも知っていて、とてもカッコイイ女性ジュ-ン・カーター。でも、これまた、そんなに魅力を感じなかった。

全体的に疲れた空気感が漂っていて、ヒューマン・ラブストーリーなのに、ドキドキもしなかったし、ワクワクもしなかったし、しんみりともしなかったし、見終えても気が晴れなかった。

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 特別編 DVD ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 特別編

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2006/05/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 044: バッファロー’66 | トップページ | 046: エリザベスタウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/2608900

この記事へのトラックバック一覧です: 045: ウォーク・ザ・ライン 君につづく道:

« 044: バッファロー’66 | トップページ | 046: エリザベスタウン »