« 045: ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 | トップページ | 047: 釣りバカ日誌 »

2006年7月11日 (火)

046: エリザベスタウン

僕は最近“最後の視線”をよく浴びる。
「彼を見るのは最後」という眼差しのことだ。

Elizabethtown_02_1


英題: ELIZABETHTOWN

スタッフ
監督:キャメロン・クロウ
脚本:キャメロン・クロウ
撮影:ジョン・トール
編集:デヴィッド・モリッツ
音楽:ナンシー・ウィルソン 
製作:キャメロン・クロウ / ポーラ・ワグナー / トム・クルーズ / アンディ・フィッシャー

キャスト
オーランド・ブルーム  キルステン・ダンスト  スーザン・サランドン  ジュディ・グリア  トム・デヴィット  ジェシカ・ビール  アレック・ボールドウィン  ジェド・リース

収録時間 : 124分
製作年: 2005年
製作国: アメリカ
日本公開: 2005年11月12日
レンタル開始日 : 2006-04-21

ストーリー:シューズ・デザイナーのドリュー・ベイラー(オーランド・ブルーム)が新たにデザインした靴の売り上げがさっぱりで会社は倒産寸前、ドリューは会社を首になる。希望を失ったドリューが自殺を決意すると妹から父が死んだと連絡が入る。 公式サイト FliX 

■■■さくら63点 レンタルDVD

アメリカのお葬式って、こういう風なのね・・・と変に関心してしまった。100%火葬なのかと思ったらそうでもないみたいだし、火葬に立ち会わない し、“お葬式”は派手だしその時は喪服じゃないし・・・・・まぁ、アメリカでも地域性がありそうだけど。親戚とのしがらみも垣間見られて、そういった意味 でも面白かったな。

Elizabethtown_03

ちょっと男顔なヒロインのキルステン・ダンストの言った「アイスクリームのような」という表現が面白かった。彼女のアプローチの仕方は、強引なようでいて可愛げもあって好きだったな。特に最後の“地図”は素敵だった。

Elizabethtown_04

オーランド・ブルームが演じる主人公も、天才シューズデザイナーという設定なんだけど、嫌味のない雰囲気で、30歳くらいの設定だと思うんだけど、初々しさもあってサワヤカ君だった。

Elizabethtown_02_2

恋って、死ぬ気になった人間にも、生きる希望を与えてくれる。

エリザベスタウン DVD エリザベスタウン

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2006/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 045: ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 | トップページ | 047: 釣りバカ日誌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/2616105

この記事へのトラックバック一覧です: 046: エリザベスタウン:

« 045: ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 | トップページ | 047: 釣りバカ日誌 »