« 『誰が電気自動車を殺したのか?』日本公開されるのかな? | トップページ | 051: Vフォー・ヴェンデッタ »

2006年7月19日 (水)

050: 珈琲時光

珈琲を味わうときのように
気持ちを落ち着け
心をリセットし
これからのことを見つめるためのひととき

Coffee_02_1

監督:侯孝賢(ホウ・シャオシェン)
出演:一青窈、浅野忠信、萩原聖人、余貴美子、小林稔侍
主題歌:「一思案」(作詞:一青窈 作曲:井上陽水)

2004年製作/日本/カラー/103分
レンタル開始日 : 2005-03-29

小津安二郎の生誕100年を記念し「東京物語」のオマージュという形で製作された映画。

神田神保町や鬼子母神等の古き日本の街角や路地、また山手線、京浜東北線、高崎線、都電荒川線の車窓風景の映像美が評価された。台湾、群馬、神田神 保町、それぞれを自分の居場所として、明るい未来を期待しながら生きる女性とその仲間達の姿を優しく、温かく、そして美しき色彩で表現している。  Wikipedia

■■■さくら52点  レンタルDVD

あたしは珈琲が大好きだ。特にここ数年は、珈琲7、日本茶1、紅茶1、その他1というくらい、よく飲むようになった。だから、『珈琲時光』という題名だけに惹かれて借りてみた。

Coffee_01

不思議な感じの映画だった。なんというか、他人の日常を覗き見しているような錯覚に陥ってくるのだ。音声もなんかホームビデオのよう な感じだし、台詞も意味が有るのか無いのか分らないような、何気ない会話が続けられている。そして、間が長いのだ。普段の生活だったら、当たり前なんだけ ど、「作り物」の世界では珍しい・・・・。それが、覗き見感を醸し出しているのかもしれないなぁ。

Coffee_03

103分という時間が、あたしにはちょっと苦痛だった。(苦笑) 珈琲についても、思ったよりシーンも少なくて、ちょっとガッカリ。心構えを間違えたのかもなぁ~~~。

珈琲時光 DVD 珈琲時光

販売元:松竹
発売日:2005/03/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『誰が電気自動車を殺したのか?』日本公開されるのかな? | トップページ | 051: Vフォー・ヴェンデッタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/2726227

この記事へのトラックバック一覧です: 050: 珈琲時光:

« 『誰が電気自動車を殺したのか?』日本公開されるのかな? | トップページ | 051: Vフォー・ヴェンデッタ »