« 069: 英雄の条件 | トップページ | 071: ロード・オブ・ウォー »

2006年8月30日 (水)

070: スタンドアップ

私なんか、と何度も思った。
お前なんか、と何度も言われた。
それでも、立ち上がってみようと思った。

逆境の中で、幸せを掴むチャンスは誰にでもある―――。
“立ち上がる”
ただそれだけの勇気が、彼女の人生を変えた。

Norh_country_04_1 

原題 : NORH COUNTRY

監督 : ニキ・カーロ 
出演 : シャーリーズ・セロン フランシス・マクドーマンド シシー・スペイセク ウディ・ハレルソン ショーン・ビーン 

製作年 : 2005年
製作国 : アメリカ
時間 : 124
公開日 : 2006-01-14~
レンタル開始日 : 2006-06-02

人生は、すべてがうまくいくとは限らない。そして時には、何もかもがうまくいかないこともある。誰もが皆、思うようにはならない現実を抱えて生きて いる―――ジョージー・エイムズの場合、その現実が、人よりもほんの少しハードだったというだけなのかもしれない。暴力夫とは別れたばかり、故郷に帰れば シングルマザーに向けられる冷たい視線、娘を理解しようとしない父親との角質、彼女の生き方に背を向ける息子。さらに、鉱山という“男の職場”で働き始め たジョージーを待っていたのは・・・・。

何もしなくても人生は続いていく。現実に目をつぶり、波風を立てずに生きていくこともできる。それでも、自分の足で立ち上がれば、そこに必ず道は開ける。この『スタンドアップ』は、そのことを確かに信じさせてくれる、実話に基づく物語だ。  公式サイト

■■■ さくら 86点  レンタルDVD

すっごく感動してしまった。主人公ジョージーの辛さと強さに、心を締め付けられる思いがする。そして、ジョージーを取り囲む、同じように鉱山で働く 女性達の言葉も、胸に突き刺さる。ジョージーのように、現状を打開していこうという思いと、他の女性達のように、廻りに迎合していこうという思い・・・、 そのどちらもあたしの中にはある。迫ってくるような言葉の数々に、色々な思いが巡る。

Norh_country_01_2Norh_country_03

ジョージーの父親にも、泣かされた。人はいくつものペルソナを持つが、 その間での葛藤が痛いまでに伝わってくる。“誇り”ってなんなのだろう・・・?

ジョージーの女性としての、母親としての、強さとやさしさ・・・・、人間としての、自尊心・・・・、考えさせられる映画だった。

30代の働く女性だと、シングルマザーでなくても、思うところの多い映画なのでは?  と感じた。

Norh_country_02

主演のシャーリーズ・セロンのことを、公式サイトで読むと、この映画で伝わってくる強靭さが、演技ばかりでなく、自身の中にあるものだろうと思わせられる。

南アフリカの田舎の農場で生まれ育ち、15歳の時、酔って妻と娘に暴力を振るおうとした父親を母親が正当防衛で射殺。それから、20歳で端役で映画出演を果たすまで、紆余曲折の苦労をしている。 公式サイト

彼女を含め、3人のオスカー女優が出演しているのも見もの!

スタンドアップ 特別版 DVD スタンドアップ 特別版

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/06/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 069: 英雄の条件 | トップページ | 071: ロード・オブ・ウォー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/3266610

この記事へのトラックバック一覧です: 070: スタンドアップ:

» NO.159「スタンドアップ」(アメリカ/ニキ・カーロ監督) [サーカスな日々]
シャーリーズ・セロンはハリウッドの、 ゴシップや乱痴気騒ぎや虚飾には染まらない。 シャーリーズ・セロンという女優は、僕たちが漠然と想像する、ハリウッド・スターという枠組みから、はみ出している。 美貌に関しては文句のつけようがない。初期の作品では、見事な脱ぎっぷりも披露してくれた。ひとつのスターの入り方だ。 ハリウッドからのオファーが殺到するようになると、慎重に脚本を選ぶようになる。これも、知性的�... [続きを読む]

受信: 2006年8月31日 (木) 13時53分

« 069: 英雄の条件 | トップページ | 071: ロード・オブ・ウォー »