« 081: H.G.ウェルズのSF月世界探検号 | トップページ | 083: 9・11 N.Y.同時多発テロ衝撃の真実 »

2006年9月23日 (土)

082: イルマーレ

湖畔のガラスの家が“美しい”

01_3

英題: THE LAKE HOUSE

監督:アレハンドロ・アグレスティ

キャスト:キアヌ・リーヴス、サンドラ・ブロック、ディラン・ウォルシュ

上映時間: 1時間38分 
製作年: 2006年
製作国: アメリカ
日本公開: 2006年9月23日

シカゴの大病院で働くため、お気に入りだった湖畔の家を引き払うことになった医者のケイト(サンドラ・ブロック)。彼女は、次の住人に宛てて手紙を 書いて、ポストに入れた。しかし、その手紙は、魔法のような奇跡によって、2年前の住人の元へ届いた。彼の名前は、アレックス(キアヌ・リーヴス)。2年 という時を隔てて、2人は・・・・・公式HP

■■■さくら67点  劇場鑑賞(ポイント無料チケット利用)

共に実年齢42歳のキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックが主演するから、もっと大人っぽい(?)ラブストーリーかと思ったら、ファンタジックな純 愛物語だった。この映画は韓国映画『イルマーレ』のリメイクなんだけど、あたしはそっちは観ていなくて、こっちの予告なんかを観て勝手に思ってたのと違っ たってだけで、否定してるわけじゃない。でも、正直、キアヌはともかく、サンドラは服装なんかで若作りしてたけど、似合ってないし、映画のキャラにも合っ てないし、観ててきつかった。

ストーリーは、ちょっと切なくってよかった。現代って「待つ」ことって少なくなった。携帯電話の普及、インターネットの普及、IPフォンの普 及・・・・。「会いたくても会えない」とか、「すれ違う」とか、そういったシチュエーションが減ってきている。この映画では、今では殆ど利用しなくなった “手紙”でやり取りするところや、二年間というギャップが生むもどかしさが、恋心を盛り上げていくのが楽しい。あまり細かい事は気にしないほうが、純粋に 楽しめると思う。そのほうが、観終えたあと「全てが運命だったのね~」と余韻に浸れる・・・・・・・・・・かもしれない。

時間軸の展開がいくつかあって、単純に2004年と2006年ってだけじゃなくて、2004年が現在だったり過去だったり、2006年が現在だった り未来だったり、把握していないとストーリーは面白くなくなっちゃうから、気を付けないと・・・・・。と言っても、ストーリー展開で簡単に把握できるよう にはなってるけどね。

03_304_405_302_2   

英題は『THE LAKE HOUSE』ってなってる。この映画の重要な舞台になる湖畔の家を指してるんだけど、その家がよかった。好みが分かれるところだろうけど、あたしは住んで みたいなぁって思った。まぁ、実際に住んだらかなり大変そうだけど・・・・・。でも、兎にも角にも、最高の景色付の家なのよね。もう少し、この湖畔の家で の生活を、クローズアップしてくれると嬉しかったなぁ~~~。残念。

映画の中の言葉を借りれば、近代建築の巨匠である「ル・コルビュジエや、フランク・ロイド・ライトのような」家という事になる。

この映画のために建てたのかな?  もとから在ったのかな・・・?

06_5

キアヌ・リーブスは傷心から立ち直ったばかりで独身、サンドラ・ブロックは昨年結婚(この映画の撮影中)したばかり。TVでインタビューを受けてい るのを見ていると、勢いのあるサンドラにキアヌはタジタジ!?といった感が無きにしもあらずだったけど、キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックは、実際に も、とっても仲が良いらしい。

マスコミ嫌いで有名なキアヌ・リーヴスだったが、親友サンドラ・ブロックと一緒だと・・・・・キアヌ・リーヴス&サンドラ・ブロックのインタビュー

■□■■□□■■□■

この映画の中でも、何気に地球温暖化や異常気象が取り上げられている。年々、地球の気温は上がっていて、北極の氷が溶け始めている。そんなに遠くな い未来、まだあたしが生きている間に、取り返しのつかないことになりそうだ。「砂漠に雨が降って、緑が生茂るようになりましたとさ。ちゃんちゃん。」と は、いかなさそうだからね。^^;

|

« 081: H.G.ウェルズのSF月世界探検号 | トップページ | 083: 9・11 N.Y.同時多発テロ衝撃の真実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/3547871

この記事へのトラックバック一覧です: 082: イルマーレ:

» ファンタチックなバック トゥ 「イルマーレ」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
「スピード」以来 12年ぶりに共演した キアヌ・リーブスとサンドラブロックの 「イルマーレ」 ”幸運のデートムービー”と言われた 韓国映画のアメリカン・リメイク作品。 2004年を生きる男(アレックス)と 2006年を生きる女(ケイト)の ポストが結ぶラブ・ファンタジー。 過去に戻ったり 未来に行くのではないけど 時空を超えた愛が 見事に描かれている。 すでに過去に二人は 出会っていたのに 真相�... [続きを読む]

受信: 2006年10月 8日 (日) 01時52分

» キアヌ&サンドラ版 ☆ 『イルマーレ/ THE LAKE HOUSE』 ☆ 今年76本目 ☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
『スピード』以来、12年ぶりに共演したキアヌとサンドラのラブ・ロマンス。 オリジナルの韓国版は観てないので、それとの比較は出来ないけど、素敵な作品だった〜(^.^) 本作は、私の好きなタイム・パラドックスものだけど、2年前限定でしかも手紙を通して過去と繋がって...... [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 19時43分

» イルマーレ [映画・DVD blog]
2大スターの豪華共演で贈る、大ヒットファンタジー・ラブストーリー!! それは、2年のときを隔てた、世界でたったひとつの恋。 出演:キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック 2007年02月09日発売... [続きを読む]

受信: 2007年2月 8日 (木) 13時33分

« 081: H.G.ウェルズのSF月世界探検号 | トップページ | 083: 9・11 N.Y.同時多発テロ衝撃の真実 »