« 090: 38度線 | トップページ | 092: ワールド・トレード・センター »

2006年10月19日 (木)

091: ピョンヤン・ダイアリー 1994-1997

境界線を越えていけるのは・・・・・鳥だけ。

08_2

原題 : PYONGYANG DIARIES

監督 : スールン・ホアス
音楽 : エレーナ・カッツ・シャーニン

収録時間 : 68分
製作:1997  オーストラリア
レンタル開始日 : 2004-08-06

北朝鮮の知られざる素顔を、ノルウェー人女性監督、スールン・ホアスがとらえたドキュメンタリー。

民主主義の価値観とは大きく異なる、独自の世界観の中に生きる北朝鮮の人々。そんな彼らの日常をインタビューも交えて、ありのままに映し出していく。

■■■さくら 58点  レンタルDVD

先だって見た『38度線』が韓国側からの映像なのに対して、これは北朝鮮側の映像になっている。38度線にある平安門も、北朝鮮側からの映像もある。あと、中国との国境にある『聖地 白頭山』の映像もあった。

とはいえ、映像は許可を取って撮影されたものであり、通訳という名の監視がつく“外国人”スールン・ホアス監督の映像にショッキングなものはない。(北朝鮮に入った外国人には通訳が必ずつく。)

01_2302_2003_1204_605_706_207_2      

「北朝鮮はずっと耐えているんだ。
今までもこれからもずっとだ。
だが、それにも限界がある。」

このDVDの映像は1994年~1997年だけど、おそらく今もあまり変わらない光景が広がっているだろう。

DVD ピョンヤン・ダイアリー 1994-1997

販売元:ビデオメーカー
発売日:2004/07/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 090: 38度線 | トップページ | 092: ワールド・トレード・センター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/3887172

この記事へのトラックバック一覧です: 091: ピョンヤン・ダイアリー 1994-1997:

« 090: 38度線 | トップページ | 092: ワールド・トレード・センター »