« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の14件の投稿

2006年10月30日 (月)

096: 9.11 自由への扉

女が『罪』を犯すと男が処罰される。ペットと同じよ。

戦争中なのに大学に行っていたの?
戦争中でも生活はあるわ。それに、戦争はずっと前からあったし・・・。

03_16

続きを読む "096: 9.11 自由への扉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

095: あらしのよるに

「友達なのに美味しそう」

信頼、友情、愛情・・・

柔らかく暖かい世界観の中で繰り広げられる、感動の物語。

02_25


続きを読む "095: あらしのよるに"

|

2006年10月25日 (水)

094: 地下鉄(メトロ)に乗って

「母親の幸せと、愛した人の幸せを、
秤にかけてもいい・・・・・?」

罪をおかした者には、罰が下される。

00_1

続きを読む "094: 地下鉄(メトロ)に乗って"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

093: HARUKO ハルコ

「人間として生きていくよ。
国籍なんて、もう関係ないよ。」

01_26

続きを読む "093: HARUKO ハルコ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

092: ワールド・トレード・センター

「これはテロリストや事件自体の物語ではありません。
家族や愛する者の人情あふれる姿が描かれています。
この映画はそういう人々の心情を再現しています。」

05_10

続きを読む "092: ワールド・トレード・センター"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月19日 (木)

091: ピョンヤン・ダイアリー 1994-1997

境界線を越えていけるのは・・・・・鳥だけ。

08_2

続きを読む "091: ピョンヤン・ダイアリー 1994-1997"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

090: 38度線

「北朝鮮」っていったいどんな国なんだろう? 
何故、今のような北朝鮮が存在しているのか? 
何故、朝鮮は南北の分断国家になってしまったのか?

02_18

続きを読む "090: 38度線"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

089: 自由戀愛

二人とも好きなんだ
一方が居なくなったら
僕はきっと壊れてしまう

・・・すべては「自由戀愛」の宣言から始まった

07_4

続きを読む "089: 自由戀愛"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

088: オータム・イン・ニューヨーク

48歳のウィル・キーンは、ある日22歳のシャーロットと出会い、恋に落ちる。
監督は「ラストエンペラー」で皇后を演
じた「陳冲(チェン・チョン)」。

01_21


続きを読む "088: オータム・イン・ニューヨーク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

087: 皇帝ペンギン

過酷で浪漫あふれるドキュメンタリー!

01_18

続きを読む "087: 皇帝ペンギン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

086: もしも昨日が選べたら

もし自分が手に入れたなら・・・と、考えるだけでウキウキしてくる!
あらゆるものが操作できる万能リモコンは、きっと誰もが欲しい。

でも、このリモコン、好都合ばかりじゃなかった。
そして、「謎の男」からの本当の“贈り物”とは・・・。

01_16

続きを読む "086: もしも昨日が選べたら"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年10月 2日 (月)

085: もうひとつのペンギン物語

南アフリカに生息するケープペンギンの家族が微笑ましい

02_11

続きを読む "085: もうひとつのペンギン物語"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

084: ペンギン物語

メスは、卵を産むとヒナのために餌を海に取りに行く。オスは、ヒナが孵化するまで卵を立ったまま抱卵し、繁殖地に移動してからの120日間も絶食。

02_9

続きを読む "084: ペンギン物語"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

劇団四季『夢から醒めた夢』

とにかく楽しい・楽しい・楽しい!!舞台

01

続きを読む "劇団四季『夢から醒めた夢』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »