« 091: ピョンヤン・ダイアリー 1994-1997 | トップページ | 093: HARUKO ハルコ »

2006年10月20日 (金)

092: ワールド・トレード・センター

「これはテロリストや事件自体の物語ではありません。
家族や愛する者の人情あふれる姿が描かれています。
この映画はそういう人々の心情を再現しています。」

05_10

原題 WORLD TRADE CENTER

監督 オリヴァー・ストーン
脚本:アンドレア・バーロフ
原案:ジョン&ドナ・マクローリン夫妻  ウィル&アリソン・ヒメノ夫妻   

出演 ニコラス・ケイジ 、マイケル・ペーニャ 、マギー・ギレンホール 、マリア・ベロ 、スティーヴン・ドーフ 、ジェイ・ヘルナンデス 

上映時間 129分
製作年度 2006年  アメリカ

9.11米国同時多発テロの際、崩落した世界貿易センタービルの瓦礫の中から奇跡的に生還した2人の港湾警察官の感動の実話を映画化。公式HP

■■■さくら 66点   劇場鑑賞(レイトショー)

オリバー・ストーン監督は、ニューヨーク市出身で、ベトナム戦争を経験、除隊後にニューヨーク大学で映画制作を学んでいる。 ワールド・トレード・センターが完成した1973年は、オリバー・ストーンは26歳で、翌年の74年に監督デビューしている。そんな彼にとって、ニュー ヨークは、ワールド・トレード・センターは、とっても思い入れを感じる場所なのではと思う。

60歳になった今日まで、数々の作品を世に送り出している。アメリカ政府やアメリカの政治に批判的な作品が多いことで知られ、「プラトーン」では、戦争という特異な状況下では、人間がどんなに残酷になるか、戦争がいかに非人道的なものであるかを描いていた。

06_308_303_1302_2104_701_24      

そんなオリバー・ストーン監督の『ワールド・トレード・センター』は、以外にも(でもない?)家族愛を含む人間の強さを描いて いる。ニューヨークのど真ん中でおきたテロ事件により、その象徴的建物が倒壊し、その惨状は戦地に匹敵している。その後の救出作業が危険極まりないもの だったのは、この映画でも分かるし、ノーデ兄弟が計らずも撮った消防士のドキュメント『9・11 N.Y.同時多発テロ衝撃の真実 』でも分かる。倒壊後の救出作業も命懸けだったのだ。・・・アメリカ人が英雄的行為を好むというのは、民族性を表すジョークに使われるくらいだけどね。

この映画は95%は実際にあった事を再現している。登場人物の心情や行動は実際にあったことなのだ。人間は極限において、他人 と助け合う、他人を助けられるってことが描かれている。でも、変に感動的に作りこんではいない。お涙チョウダイになってたら、白けてしまう。ちなみに、 5%のフィクションってどこ?って思ったら、途中、XXXXXXのシーン(幻覚?夢?)は、ヒメノ本人は体験していないらしい。それを加えたところに、監 督や脚本家の意思が垣間見られる。

07_4 映画やTVの特番では、ジャンボジェット機が突っ込んでツインタワーが炎上・倒壊するところがよく使われるので、倒壊したのはツインタワーだけだったよう に錯覚しがちだけど、ワールド・トレード・センターは7号棟まであって、南棟・北棟の1号棟・2号棟だけでなく、7号棟まで全壊して、現在「グランド・ゼ ロ(爆心地)」と呼ばれている。

たった5年前だけど、当時のニュースで「え~~??なんで、爆弾が仕掛けられたわけでもないのに、次々と倒壊していくの??地震のない国の建物って、脆弱なの??」って、話しをしていたのを覚えている。

この映画でも、建造物が倒壊するシーンは、瓦礫の下からなので具体的ではないが、倒壊の衝撃は何回にも渡っている。

「瓦礫の下で、身動き出来なくて、閉じ込められる」って状態が、希望と絶望を行き来して、もの凄く恐怖に感じる。その反面、生命力の強さも感じる。

911はすっかり政治問題化してしまい、悪しき面にばかりが目に付く中、善の人間性を扱った本作は見終えたあとに、嫌~な感情が残らないのがイイ。

あたしは、友人と「911三部作」と勝手に命名して、『ユナイテッド93』『ハイジャックフライト93』 『ワールド・トレード・センター』を一緒にみた。同じ出来事を違う立場で見ると、こんなに異なって捉えられるんだ・・・ってのが、あたし達の感想でした。 勿論、当たり前の事なんだけど、事実が一つでも、それを捉える人間によって真実はいくつもあるんだなぁって話しながら、その後アメリカがとった行動の是非 や、最近、盛んに騒がれている「北朝鮮」の話しにつながって、色々と考えちゃいました。

■■■2007.03.14追記

崩壊したニューヨークのワールドトレードセンターの写真を5000枚以上集めたサイト World Trade Center Photos

911_001 911_002 911_003 911_004 911_005 911_006 911_007 911_008 911_009 911_010 911_011 911_012 911_013 911_014 911_015

|

« 091: ピョンヤン・ダイアリー 1994-1997 | トップページ | 093: HARUKO ハルコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/3895885

この記事へのトラックバック一覧です: 092: ワールド・トレード・センター:

» 「ワールド・トレード・センター」みてきました [よしなしごと]
 ユナイテッド93に引き続き9・11事件を描いた作品ワールド・トレード・センターを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006年10月26日 (木) 03時42分

« 091: ピョンヤン・ダイアリー 1994-1997 | トップページ | 093: HARUKO ハルコ »