« 085: もうひとつのペンギン物語 | トップページ | 087: 皇帝ペンギン »

2006年10月 4日 (水)

086: もしも昨日が選べたら

もし自分が手に入れたなら・・・と、考えるだけでウキウキしてくる!
あらゆるものが操作できる万能リモコンは、きっと誰もが欲しい。

でも、このリモコン、好都合ばかりじゃなかった。
そして、「謎の男」からの本当の“贈り物”とは・・・。

01_16

英題: CLICK

監督:フランク・コラチ
製作/脚本:スティーヴ・コーレン / マーク・オキーフ
製作:アダム・サンドラー / ニール・H・モリッツ

キャスト アダム・サンドラー  ケイト・ベッキンセール  クリストファー・ウォーケン  ヘンリー・ウィンクラー  デヴィッド・ハッセルホフ  ジュリー・カヴナー  ショーン・アスティン

上映時間: 1時間47分
製作年: 2006年 製作国: アメリカ 
日本公開: 2006年9月23日

あらゆるものを操作できる万能リモコンを手に入れた主人公が、リモコンを片手に自由自在に時間旅行を繰り広げながら、時間の大切さや家族の愛について考える、ハートウォーミングコメディ!! 公式HP

■■■さくら 71点  劇場鑑賞

いつだったか、日本に留学している世界各国の学生が集まって、アメリカ人の(なんかの)先生が司会をして、平和について考えるっていう番組を深夜 NHKでやっていた。なんとなく見ていたら、なんか「家族で食事をする時間」っていうのを、各国の学生に質問してた。で、「父親が仕事で帰宅が遅いから、 日本人は家族みんなで一緒に食事をとらない、っていうのは有名な話だけど、アメリカ人はもっとコンパクトに仕事して、夕食は家族で一緒に食べれるようにし ている。」なんて言ってた。

主人公の建築士マイケルも、夕食は一緒に食べているんだけど、家族サービスも色々と心がけているんだけど、家にも仕事を持って帰って、心は常に仕事 を優先している。まぁ、“コンパクト”に仕事をしているようには見えない。贅沢な生活が出来るように出世する事が、家族のためにもなると信じて頑張って る。

03_9

最初にリモコンを手に入れて、その不思議を知ったマイケルが、「ドッキリTVだな」って疑うシーンがある。アメリカでは、車の中で鼻歌を歌うのを隠 し撮り(家族なんかの応募)する素人ドッキリTVが人気だと、ポッドキャストで聴いたことがある。日本だったら、芸能人ならともかく、素人がドッキリTV だなんて疑わないよね。

05_6

あたしは、この「リモコン」の設定が、楽しくてスッゴク面白かった。DVDレコーダーを操作する画面が現実世界に現れるってのが、楽しい。ところど ころに差し込まれる笑いも、単純だけど、イイ感じ。そして、ちょっとお下品な笑いもはさみつつ、間延びすることなく、一気にラストまで引っ張ってくれる。

そういえば、マイケルの会社に、ビルの発注をするのが「アラブの王子」と「日本の大企業」。おまけに「イチロー」「マツイ」も話題にでてくる。 ちょっと皮肉っぽく描かれているけど、まぁ、苦笑いするか、笑い飛ばせる程度だ。最初の「マツイ」のシーンなんかは、公開国で差し替える映像で、日本向け サービス?なんて思った。まぁ、ずっと観ていくと、そんなことはしてないな・って思ったけどね。

04_502_12

気分をリフレッシュするには、お奨めの映画だ。

|

« 085: もうひとつのペンギン物語 | トップページ | 087: 皇帝ペンギン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/3687349

この記事へのトラックバック一覧です: 086: もしも昨日が選べたら:

» 映画「もしも昨日が選べたら」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:CLICK もしも昨日が選べたら、どんなにか素晴らしいだろう、もしも人生やり直せたら、いったいどんな人生を歩むのだろう、・・ゆるやかな感動の渦に巻き込まれる 建築士マイケル・ニューマン(アダム・サンドラー)には、妻のドナ(ケイト・ベッキンセール)と可愛い二人の... [続きを読む]

受信: 2006年10月 6日 (金) 02時04分

» 大切な人を大切に想う気持ち『もしも昨日が選べたら』 [多趣味ですがなにか問題でも?]
人生を早送りできる“万能”リモコン(巻き戻し不可) 不良品じゃん。 というわけで [続きを読む]

受信: 2006年10月 6日 (金) 11時19分

» アダム・サンドラー ☆ 『もしも昨日が選べたら / CLICK』 ☆ 今年75本目 ☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
『ショービズ』で観た時もコメディっぽいシーンしか出てなかったし、主演がアダム・サンドラーだったので、てっきりコメディ一色なのかと思って油断していたら…ハララ、号泣しちゃいました(ToT) “家族の為に”仕事をしてるつもりが、いつの間にか家族を顧みないばかり...... [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 15時26分

« 085: もうひとつのペンギン物語 | トップページ | 087: 皇帝ペンギン »