« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の14件の投稿

2006年11月30日 (木)

2006年 あたしの映画ランキング

2006年、といっても、このブログを書き始めた2006年5月1日から2006年11月までに見た映画を、検索で抽出して、劇場とレンタルDVD鑑賞はランキング表示にしてみた。劇場19本、レンタル69本で、合計88本の映画を鑑賞していた。

Monty_pythons_the_meaning_of_life今年、あたしにとって一番印象的だったのが、レンタルDVDで見た『モンティ・パイソン 人生狂騒曲』。人に薦められて見たんだけど、これが以外にも面白かった。他人事みたいな言い方だけど、「あ~、あたしってこういうのを面白いと感じるんだなあ・・・」って感じで、新たな自分の好みに気付けたのが嬉しかった。^^♪
  
  
  
  
    
2006年 劇場 19本鑑賞

  1. ナイロビの蜂
    90点   あたしは何年も前に、ケニア経由で陸路でタンザニアへ行ったことがある。青年海外協力隊として現地に派遣されていた先...
  2. プラダを着た悪魔
    88点   笑えて泣けて、期待通りスッゴク面白かった!! 押切もえの美しい脚が載っていたチラシを見た時か...
  3. パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
    82点   思ったよりずっと楽しめた。公式サイトや劇場の予告CMなんかで、もっと子供騙しな感じだった...
  4. アンジェラ
    80点   アンドレとアンジェラというありえない組み合わせ(電車男とエルメスなみ)のラブストーリーでもあるんだけど...
  5. ユナイテッド93
    80点   見終わって最初に連れと交わした言葉が、「これ、とてもじゃないけど関係者は観れないね・・・」とい...
     
     
     
  6. Vフォー・ヴェンデッタ
    78点   春に公開したと思ったら、もう秋にはレンタルが開始されるのね~。とっても面白かった。...
  7. ダ・ヴィンチ・コード
    75点   あたしでも普通に「知っている」ことが題材になっているから、この映画を観ることによって起こるパラダイム・シフトが面白い。...
  8. ハイジャックフライト93
    75点   今日で、同時多発テロから5年経った。夏から『ユナイテッド93』が上映されているし、...
  9. 地下鉄(メトロ)に乗って
    72点   俳優陣が結構好きだったのと、「東京オリンピックが開催された昭和39年の東京の世相」ってのに...
  10. もしも昨日が選べたら
    71点   いつだったか、日本に留学している世界各国の学生が集まって、アメリカ人の(なんかの)先生が司会をして、平和につい...
     
     
     
  11. ウルトラ・ヴァイオレット
    70点   あれ? あれれ?? 劇場予告がかっこよかったから観に行ったんだけど、あれがエ...
  12. UDON
    68点   数年前に、家から徒歩10分圏内に、讃岐うどんのお店が二店できた。よく使う駅にも「本生さぬき...
  13. イルマーレ
    67点   共に実年齢42歳のキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックが主演するから、もっと大人っ...
  14. ワールド・トレード・センター
    66点   オリバー・ストーン監督は、ニューヨーク市出身で、ベトナム戦争を経験、除隊後にニューヨーク大学で...
  15. 父親たちの星条旗
    63点    一人ではちょっと観れない作品です、あたしは。残酷なシーンが少なくないので。実際、直視できなか...
     
     
     
  16. インサイド・マン
    63点   場面で おっ!!っと感じるトコロはあったけど、思ったより手に汗握らなかった。ジョディ・フォスターは、有能な弁護...
  17. トゥモロー・ワールド
    60点   劇場で予告を観て面白そうだなと思ったけど、観た人のレビューを読むと評判は芳しくなかったので、...
  18. 7月24日通りのクリスマス
    55点    「7月24日通り」はポルトガルのリスボンに実際にある通りだ。主人公の妄想の中では美しいだけの...
  19. ゲド戦記
    50点   原作が世界三大ファンタジーのひとつで、宮崎アニメの原点だ とか、宮崎駿監督が、息子の...

  

  

2006年 レンタルDVD 69本鑑賞 

  1. タンポポ
    95点   あたしの大好きな映画のひとつだ。もう何回観たか思い出せないくらい観てる。とにかく、「美味しそう!!」なのだ。...
  2. レオン
    87点   切なくて、悲しくて、カッコイイ・・・・・・レオン。私は大人よ・という12歳の少女マチルダに、自分は大人だけど子...
  3. モンティ・パイソン 人生狂騒曲
    86点   人に薦められて観た映画。正直あたしは、レビューを見ただけでは借りないし、又、レビューまで辿り着きもしないだろう...
  4. スタンドアップ
    86点   すっごく感動してしまった。主人公ジョージーの辛さと強さに、心を締め付けられる思いがする。そして、ジョージーを取...
  5. 笑の大学
    85点   これは「結構面白かったよ」と友人から聞いて観た映画だ。あたしは、奥さんの小林聡美は好きだけど、三谷幸喜監督には...
     
     
     
  6. ペンギン物語
    82点   あたしは近くの水族館の年間パスポートを持っていて、普通の人よりは水族館に足を運んでいる。で、その水族館に南極に...プルーフ・オブ・マイ・ライフ
    80点   “天才数学者+精神病”というと、あたしがすぐに思い出すのが『ビューティフル・マインド』のジョン・ナッシュ。彼は...
  7. ホテル・ルワンダ
    80点   う~~んんっ!! これが事実に基づいているなんて、たった数ヶ月の間に100万人もの人が殺されたなんて、それも同...
  8. 9・11 N.Y.同時多発テロ衝撃の真実
    80点   特に感情を煽る作りにはなっていないのに、涙を流してしまった。不思議な涙だった。感情の昂ぶりは感じていないのに、...
  9. 皇帝ペンギン
    78点   動物のみのドキュメンタリーで“浪漫あふれる”って感じるのは、ちょっと変な気がするんだけど、ペンギンは二足歩行の...
  10. ロード・オブ・ウォー
    78点   平和ボケした日本に住んでいるあたしには、戦争なんて他岸の出来事ヨ・・・・・なんて思っていられないような情勢にな...
     
     
     
  11. イン・ハー・シューズ
    78点   あたしは、姉ローズ的な要素も、妹マギー的な要素も、持っている。知性に長けルックスに自身がないローズの悩み、その...
  12. あらしのよるに
    78点   原作が絵本だしアニメだし、もっと子供っぽいと思っていたら、イヤイヤなんのその、とっても面白かった。もちろん、話...
  13. 華氏911
    77点   2004年の夏、日本公開時に見てたら、もっと衝撃を受けたと思う。ドキュメンタリーというよりは、『風刺の効いた暴...
  14. 月曜日のユカ
    75点   和製ブリジット・バルドーといわれた加賀まり子の、若かりし頃の作品なんだけど、とってもキュート!!でカワイイ。 ...
  15. 春の雪
    75点   好きな竹内結子主演なので、観てみました。でも、三島由紀夫原作の文芸映画だけど、陳腐な仕上がりになってたら嫌だな...
     
     
     
  16. SPACE RACE 宇宙へ ~冷戦と二人の天才~
    75点   第二次世界大戦からその終結、米ソ冷戦時代と時を追って、その間の宇宙開発にスポットを当てたドキュメンタリーである...
  17. かもめ食堂
    75点   女性好みの映画だと思う。ストーリー云々というより、映画の中で流れている時間が、生活が、とってもキレイ。華美でな...
  18. 自由戀愛
    75点   全部ロケで撮ったというだけでなく、不思議な臨場感のある映画だった。内容は、ラブというより、もちろんそれも絡むん...
  19. シリアナ
    75点   ガソリンの値段は、最近は少し安くなってきたようだけど、どんどん値上がりしていた。石油関係製品も値上げになったり...
  20. アトランティス
    75点   とにかく浮遊感が気持ちいい。自由自在に動き回る水中生物の世界は、とっても楽しくて、とっても美しい。カメラ視点は... 
     
     
     
  21. 9.11 自由への扉
    73点   911以後、イスラム教徒(アラブ人)に対する“偏見”はアメリカ国内でもより強くなったようだ。映画『フライトプラ...
  22. 理想の恋人
    73点   恋に臆病になってしまう・・・もう若かった頃の自分とは違うし、傷つきたくもないし、プライドだってあるし、そして、...
  23. 普通の人々
    73点   細かい感情の起伏までもが、伝わってくる。あたしは、こういった細やかな感情は文章じゃないと伝わり難いと思っていた...
  24. ダンサー
    73点   リュック・ベッソン脚本ということで、一応チェキしておこう・・・というくらいの気持ちだったけど、思ったよりよかっ...
  25. フライトプラン
    72点   現実なのか妄想なのか・・・・・結構、ハラハラどきどきする。強烈に主張するヒロインに鼻白むこともあるが、突如...
     
     
     
  26. ドミノ
    72点   正直ストーリーはイマイチだけど、っていうかこの映画はストーリーが直線的じゃないし、頭で理解するつくりにはなって...
  27. 有頂天ホテル
    70点   あまり下情報ナシで観たんだけど、すっごく豪華な役者陣でチョットびっくりした。三谷幸喜の『笑の大学』が面白かった...
  28. もうひとつのペンギン物語
    70点   いつだったか忘れてしまったけど、坂下千里子が「なるほど!ザ・ワールド」の特番で、南アフリカへペンギンを訪ねてい...
  29. グラン・ブルー
    70点   シチリアの風景、海中の美しさ、イルカと戯れる様子・・・・・ジャックやエンゾが海に魅せられてしまう理由が、その映...
  30. ヒトラー最後の12日間
    70点   この映画はヒトラーの秘書だった女性の独白が、最初と最後にあって、そこにメッセージが込められている。彼女の独白...  
     
     
     
  31. 釣りバカ日誌
    70点   題名は知っていても、今まで一度も観たことがなかった。もうすぐ「釣りバカ日誌17」が公開されるくらいだから、もう...
  32. 法王の銀行家
    70点   これが、事実に基づいた話だっていう事が恐ろしい。世俗にまみれたヴァチカンの司教や法王にも、驚嘆させられる。マネ...
  33. ホワイトプリンセス
    70点   ストーリー展開は御都合主義的で、気楽に楽しめる。主演のケイティ・ホームズの甘い顔立ちが、お嬢様役に合っていた。...
  34. ブラック・セプテンバー  ミュンヘン・テロ事件の真実
    70点   当時の実際の映像を織り込みながら、綴ったドキュメンタリー。ドキュメンタリーなので、関係者のインタビュー形式で話...
  35. 容疑者 室井慎次
    70点   とっても『室井さん』らしい、彼のキャラクターが際立ったストーリーで、それは今回主役だからあたり前なんだけど、そ...
     
     
     
  36. アポロ11号 月面着陸の疑惑 ~本当に人類は月に降りたのか?~
    68点   とっても面白かった。アポロの月面着陸を100%信じてたあたしだけど、10%くらいはもしかしたら嘘だったのかも・...
  37. Mr.&Mrs.スミス
    68点   アンジェリーナ・ジョリーは、2006年5月に、3人目の子供で(最初の2人は養子)、自分で産む最初の子供で、ブラ...
  38. 月のひつじ
    68点   アポロ11号月面着陸の裏話として、とっても面白かった。映画の中からとっても前向きなエネルギーを感じた。見ている...
  39. バッファロー’66
    67点   最初は ふぅ~ん・・・って感じで見てたけど、途中から、ちょっと惹きこまれてしまった。主人公ビリー・ブラウンの痛...
  40. 釣りバカ日誌2
    67点   1作目も楽しかったけど、2作目も楽しかった。渥美半島の伊良湖岬が舞台なので、あたしの行ったことがある場所っての...
     
     
     
  41. 恋する惑星
    65点   ウォン・カーウァイ (王家衛)を日本でも有名にした作品。金髪女がホテルでタバコを吸いながらお酒を飲むシーンと、...
  42. 男はつらいよ
    65点   とっても有名なのに、あたしは1作も観たことがなかった。でもこの間、ドラマ『結婚できない男』で、阿部寛がハトバス...
  43. 10minute diary
    65点   会社の人からの思わせぶりな一言に揺れる「久美子」、チェ・ジウな田舎娘には訳がある「愛」、結婚した女友達とのやり...
  44. アルフィー
    63点   いかにもっていうアルフィーのセリフに、あたしは最初鼻白んだけど、そのウチその軽過ぎるノリに笑えてきた。ジュード・ロウだしね。...
  45. 軽蔑
    63点   BB出演作品を観るのは、これが二本目。数日前に観た『何がなんでも首ったけ』がモノクロだったので、これもそうだと...
     
     
     
  46. エリザベスタウン
    63点   アメリカのお葬式って、こういう風なのね・・・と変に関心してしまった。100%火葬なのかと思ったらそうでもないみ...
  47. 終わりで始まりの4日間
    62点   この映画もちょっと前に観た「エリザベスタウン」と同じように、親(こっちは母親)が死んで、そのお葬式に帰って来た...
  48. アフガン零年
    62点   今も尚続く「対テロ戦争」のため、アメリカ軍が駐留するアフガニスタン。テロリストの温床とされ、海上には戦艦が常駐...
  49. モディリアーニ真実の愛
    60点   印象派の画家ピエール=オーギュスト・ルノワールが、「成功者」として登場するし、あたしは今年の三月に没後50年展を観に行ったモーリス・ユトリロが...
  50. 何がなんでも首ったけ
    60点   ちょっと前に観た『月曜日のユカ』で主演していた、若かりし頃の加賀まり子が、和製ブリジット・バルドーと言われてい...
     
     
     
  51. オータム・イン・ニューヨーク
    60点   どこかのサイトで「秋に観たい映画」のベストランキングに入っていたので、この映画を選んでみました。年の差はあるも...
  52. H.G.ウェルズのSF月世界探検号
    60点   アポロ11号が月面着陸した3年前の1964年に製作されたSF物語。これを観る前に「アポロ11号 月面着陸の疑惑...
  53. テロリスト・黒い九月  ミュンヘン
    60点   恥ずかしながら、あたしは1972年のオリンピックで、こんなテロがあったなんて知らなかった。最近の中東での戦闘が...
  54. HARUKO ハルコ
    60点   最近の北朝鮮が核実験をしたというニュースで、在日朝鮮人の人が、国籍を韓国に変える人が増えたという。通常、10件...
  55. 38度線
    60点   世間は北朝鮮の「核実験」に揺れている。北朝鮮に対する日本の経済制裁措置や、国連安保理での採決がとられ、沖縄では..
     
     
     
  56. ウォーク・ザ・ライン 君につづく道
    59点   ヒロインのリース・ウィザースプーンが、第78回アカデミー賞 最優秀主演女優賞を受賞している。でも、あたしにはイ...
  57. キングス&クイーン
    58点   大人な映画ですね~。人間関係やその感情が、とっても複雑だし深いのだ。ノラが、女として、母親として、娘として、姉...
  58. ゲス・フー 招かれざる恋人
    58点   オリジナルの『招かれざる客』とは人種的な立場を逆転させ、家族の絆と愛情を更に掘り下げることによって現代的なひ...
  59. ピョンヤン・ダイアリー 1994-1997
    58点   先だって見た『38度線』が韓国側からの映像なのに対して、これは北朝鮮側の映像になっている。38度線にある平安門...
  60. アサシン 暗・殺・者
    55点   しまった、観るんじゃなかった・・・・・あたしの『ニキータ』イメージが壊れちゃう。とにかく、主役のブリジット・フ...
     
     
     
  61. 珈琲時光
    52点   あたしは珈琲が大好きだ。特にここ数年は、珈琲7、日本茶1、紅茶1、その他1というくらい、よく飲むようになった。...
  62. ミッション:インポッシブル
    50点   「このシリーズ、トム・クルーズがすっごくカッコイイよー。観てないんだったら1、2をレンタルするといいよ。」と...
  63. ヘアスタイル
    47点   新人監督3人と半分素人と素人で撮ったオムニバス映画なんだけど、一番面白かったのは『メイキング』かな~。(苦笑)...
  64. WASABI
    45点   えっと、ムリ・ムリ・・・あたしには無理な映画!! 何故か、ジャン・レノが単なるオッサンに見えてしまう。ショ...
  65. 気狂いピエロ
    45点   『軽蔑』と偶然重なってゴダール監督作品だけど、これは知人の薦めもあったし、題名の『気狂いピエロ』ってのも惹かれ...
     
     
     
  66. 最後の戦い
    41点   リュック・ベッソンのデビュー作品・ということでチェキした。処女作「最後の戦い」(1983)は、ゴーモン撮影所や...
  67. ヒトラーの建築家 アルベルト・シュペーア DOCUMENTARY ドキュメンタリー「本当に彼は知らなかったのか?」
    40点   ストーリー仕立てだと勝手に勘違いして借りた。実際はインタビュー形式のドキュメントで、あたしがレンタルしたドキ...
  68. 親切なクムジャさん
    40点   イ・ヨンエのインタビューをTV(NHK)で見て、興味を持ったのでレンタルしてみた。・・・がしかし、目を背けたく...
  69. つめたく冷えた月
    40点   題名が「つめたく冷えた月」ってとっても美しいのと、リュック・ベッソンがプロデューサーだったから借りてみたけど、...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

109: トゥモロー・ワールド

どうでもいい話しだ
50年後には全て消える 手遅れだ 

希望なんてとうの昔に忘れてしまった
“希望”って何だ?

06_1305_1708_4

人類は既に18年間 子供が誕生していなかった

続きを読む "109: トゥモロー・ワールド"

| | コメント (5) | トラックバック (7)

2006年11月28日 (火)

108: キングス&クイーン

孤独は大きな問題だ 簡単な解決法などない

00_2

心が辛いこともあるだろう

秘密の宝を持つのはいいが それを重荷にしちゃダメだ

君が悩んでいると僕が感じたら――助けたくなるだろう

どんな恐怖や怒りのせいで悩んでいるのか考える

05_15

続きを読む "108: キングス&クイーン"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月26日 (日)

107: プルーフ・オブ・マイ・ライフ

いったい何日ムダにしたんだろう
どうしたら振り出しに戻れるのだろう

01_15


続きを読む "107: プルーフ・オブ・マイ・ライフ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

106: プラダを着た悪魔

ジミー・チュウを履いた日に魂を売ったのね

01_3607_5 

続きを読む "106: プラダを着た悪魔"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

105: デイ・アフター・トゥモロー

「そのとき、撮影を早く始めないとドキュメンタリーを作ることになるぞ、とジョークを飛ばしたものさ」とエメリッヒ監督。

06_11


続きを読む "105: デイ・アフター・トゥモロー"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月17日 (金)

104: SPACE RACE 宇宙へ ~冷戦と二人の天才~

「私は、兵士ではなく科学者です」

02_33

続きを読む "104: SPACE RACE 宇宙へ ~冷戦と二人の天才~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

103: 月のひつじ

これは、オーストラリアの誇りをかけ、
  月で踏み出された偉大な一歩を地球に中継した人々の物語である。
でも、コメディ・タッチです。(笑)

01_33

続きを読む "103: 月のひつじ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

102: かもめ食堂

さすがオール・フィンランドロケ!
やさしい透明感のある時間が流れています。

サチエは、毎日真面目にやっていれば、いつかお客さんはやってくる、
そう思っていたのです。

03_6 04_8 06_10 05_10

続きを読む "102: かもめ食堂"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月 9日 (木)

101: 父親たちの星条旗

61年前に撮影された1枚の写真が、
              太平洋戦争の運命を変えた―――。

その写真は1945年2月23日、
              日本の領土である硫黄島で撮影された。

「英雄と呼ばれるのは・・・辛いんだ」

01_13


続きを読む "101: 父親たちの星条旗"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月 7日 (火)

100: 有頂天ホテル

“靴を脱がなくてはいけないシチュエーションを避ける”
                                              
ことにこだわった作品。

02_29


続きを読む "100: 有頂天ホテル"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月 4日 (土)

099: 7月24日通りのクリスマス

あこがれの恋を実らせようと奮闘するヒロインの姿がかわいらしい・・・・・か?

01_10

続きを読む "099: 7月24日通りのクリスマス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

098: アフガン零年

男も女も違いない。どちらにも能力がある。

02_27

続きを読む "098: アフガン零年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

097: ホテル・ルワンダ

この映画では一人の平凡な男が武器を使わずに
知恵だけで暴力や政治に立ち向かう姿を見せてくれる。

――――――――――

白人のカメラマンが虐殺の現場をビデオに収める。
「これで世界の人々がこの映像を見て、何かしてくれますよね」


「・・・・・この映像を見て、『恐ろしいね』と言って、
           何事もなかったようにディナーを食べるだけさ」

01_9

続きを読む "097: ホテル・ルワンダ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »