« 097: ホテル・ルワンダ | トップページ | 099: 7月24日通りのクリスマス »

2006年11月 3日 (金)

098: アフガン零年

男も女も違いない。どちらにも能力がある。

02_27

原題 : OSAMA

監督・脚本 : セディク・バルマク
製作 : セディク・バルマク , 上田信 , ジュリー・ルブロック , ジュリア・フレイザー

出演 : マリナ・ゴルバハーリ , モハマド・アリフ・ヘラーティ , ゾベイダ・サハール , ハミダ・レファー

収録時間 : 82分
製作:2003  アフガニスタン・日本・アイルランド
レンタル開始日 : 2004-11-26

実話を基に製作された悲劇の戦争ドラマ。イスラムの教えを厳しく守り、身内男性の同伴がなければ女性は外出を禁じられているタリバン政権下のアフガニスタン。父親を失ったひとりの少女は、生きるために少年“オサマ”になりすまして働きに出るが…。公式HP

■■■さくら 62点  レンタルDVD

今も尚続く「対テロ戦争」のため、アメリカ軍が駐留するアフガニスタン。テロリストの温床とされ、海上には戦艦が常駐していて、日本もその戦艦に海 上給油の支援をしている。911の首謀者とされるオサマ・ビンラディン等アルカイダを保護したとして、タリバンが支配するアフガニスタンは、アメリカの支 援する北部同盟の攻撃、アメリカの空爆を受けた。そして、タリバン政権は崩壊した。このドラマは、まだタリバンが支配していた頃の話しが描かれている。

少し前に見た『9.11 自由への扉』では、タリバンからアメリカへ逃げてきた女性のドラマだった。その時も思ったけど、このドラマを見ると尚の事、女性の扱いの酷さに身震いを覚える。

このドラマでも女性が着用している「ブルカ wiki」 は、もともとはアフガニスタンの都市部では伝統的に着用されてもいたようで、ネットにアップされている画像から受ける印象は、白い建物をバックにして、強 い日差しを避けるような青いその衣装は、むしろ美しく感じる。しかし、タリバンはブルカの着用を大人の女性に強制したことから、女性抑圧の象徴と捉えられ ているようだ。タリバン支配下では、女性に参政権が無いのはもちろん、一人で出歩く事も出来ないし、働くことも出来ないし、教育も受けることが出来ない。 家の奥でヒッソリしている以外ないのだ。こんな状況下で、働き手の男性が亡くなった家族は生きていく事もままならない。おまけに、イスラム原理主義のタリ バンは、あらゆる娯楽を否定していたので、音楽を聴くことも禁止していた。

03_405_804_6   

タリバン政権が崩壊した現在でも、ブルカを着用する女性は少なくないみたいだ。しかし、強制されて着用するのと自らが選んで着用するのでは、天と地ほどの差があると思う。

あ、「オサマ」という名前がこのドラマの原題になっているけど、中東では人気の名前のようだ。それはオサマ・ビンラディンがソ連のアフガン侵攻で、 裕福な一族をバックに私財を投入して活躍し、イスラム教徒の苦境を救う人物として名を残したからだ。人の名前以外にも、公的な施設(市場、ほか)にもその 名前が使われているようだが、今ではその名前は「危険」ということで、変更する施設もあるようだ。

今でも生まれてくる子に「オサマ」という名前って付けられているのかな? 「オサマ」っていう名前には、単なる名前以上に深い意味がある。

■■■

主人公を演じた少女:マリナ・ゴルバハーリ

01_302006 年現在、おそらく17歳。2002年11月のカメラテスト時に年齢を聞かれて「13歳」と本人が答えているが、正確な生年月日は家族に聞いても不明。ソ連 軍撤退後に始まった内戦やタリバン軍と政府軍の戦いで、最も激しい戦闘が行われたといわれるカブール北部のシュマリ平野に生まれる。物心ついた頃に家を爆 撃され、2人の姉が崩壊した壁の下敷きとなって死亡。父はタリバン軍に捕らえられ、拷問を受けて脚に大怪我をした。故郷を捨て、家族でカブールに移るが、 父が怪我の後遺症で働くことができず、母はまだ乳飲み子を抱えているため、マリナは5歳の頃から幼い弟と街で物乞いを始め、家族の生計を支えてきた。

アフガン零年 DVD アフガン零年

販売元:ビデオメーカー
発売日:2004/11/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 097: ホテル・ルワンダ | トップページ | 099: 7月24日通りのクリスマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/4050901

この記事へのトラックバック一覧です: 098: アフガン零年:

« 097: ホテル・ルワンダ | トップページ | 099: 7月24日通りのクリスマス »