« 102: かもめ食堂 | トップページ | 104: SPACE RACE 宇宙へ ~冷戦と二人の天才~ »

2006年11月16日 (木)

103: 月のひつじ

これは、オーストラリアの誇りをかけ、
  月で踏み出された偉大な一歩を地球に中継した人々の物語である。
でも、コメディ・タッチです。(笑)

01_33

原題 : THE DISH

監督 : ロブ・シッチ
原作 : ルーシー・モード・モンゴメリ
製作 : マイケル・ハーシュ
脚本 : サント・シラウロ , トム・グレイスナー , ジェーン・ケネディ , ロブ・シッチ

出演 : サム・ニール , ケヴィン・ハリトン , トム・ロング , パトリック・ウォーバートン , ジェネヴィーヴ・モーイ , ビル・ブラウン , ロイ・ビリング , アンドリュ

ー・S・ギルバート , レンカ・クリバック , マシュー・ムーア , エリザ・ゾニート , ジョン・マクマーティン , カール・スニール

収録時間 : 101分
製作:2000  オーストラリア
レンタル開始日 : 2000-01-01

69年7月、オーストラリアの片田舎パークス。天文台の所員たちは、アポロ11号の月面着陸を生中継すべく奮闘するが、予想外のアクシデントが起こり…。

■■■さくら68点  レンタルDVD

ア ポロ11号月面着陸の裏話として、とっても面白かった。映画の中からとっても前向きなエネルギーを感じた。見ているあたしも、なんかウキウキした気分に なった。アポロ11号~17号のうち13号以外は月面着陸に成功していて、12名の人類が月に降り立っているけど、やっぱり最初の一歩の価値は大きい。

Moon_2 映画の中に映し出される「月」は、オーストラリアから見ている。つまり南半球で見た月なので、北半球にある日本から見た月とはちょっとだけ違う。模様(月 の海)が逆さまなのだ。だからアポロが着陸した「静かの海」も、いつも見慣れている月での位置と違ってるので、ちょっと違和感がある。でも、そんなことも 面白く感じた。ちなみに、日本では月の模様を「うさぎが餅つきをしている」というが、オーストラリアでは「笑う男の顔」というらしい。お国柄が違うだけ じゃなくて、見ている月の模様が逆なんだから、違うのは当たり前だよね。

右上画像・左側月は「うさぎが餅つき・・」、右側月は「笑う・・」って思い込んで見ると、なんとなくそういう風に見えてくる・・・・・・かな?

03_22 15日の深夜にNHKで放映された国際宇宙ステーションの生中継(ハイビジョン生中継は世界初)を見たんだけど、この映画を見た後だったのもあって、とっ ても面白かった。人類初月面着陸の映像を残した1969年から37年・・・・・時々、映像や音声が途切れたけど、宇宙ステーションの様子や地球を生中継で あたしは見てるんだなぁと、ちょっと感動してしまった。生中継といっても、宇宙ステーションは高速で地球廻りを飛んでいるので、一旦衛星に電波を送って、 それをNASAが受信して、その電波をNHKが受信するって順序らしいので、タイムラグが2・3秒あるみたいだ。

日本も参加している国際宇宙ステーション(ISS)が、条件がそろえば、日の出前と日没後の2時間ほどの間に地上から肉眼で見ることができるみたいだ。あたしも探してみよっと!!

ISSとスペースシャトルの目視予想情報 http://kibo.tksc.jaxa.jp/letsview/visibility1/index.html

03_21

02_32 原題の『THE DISH』ってのは「お皿」という意味だから、映画にでてきたオーストラリアのパークス天文台有する大きなパラボラアンテナを指しているんだろうな。で も、邦題を『月のひつじ』にしたのはなんでだろう。オーストラリアだから(笑)? あたしがオーストラリアといってスグ思いつく動物はコアラだけど・・・、『月のこあら』じゃ様にならないよね。国土の約半分が牧草地で羊の飼育は盛んだ し、羊毛の輸出も多いから、イメージとしてはひつじの国なのかな。

本編とは全然関係無いんだけど、オーストラリアとオーストリア・・・・・似てますよね、日本語では。でも、混同しますか???あたしは、似てるけど 混同することって無いんだけど、混同する人も多いみたいなのだ。で、「オーストリア」が日本語表記を「オーストリー」に変更したらしい。音楽の都ウィーン があるオーストリアのほうが、混同されるのが嫌がって変えたのだ。ふ~~んって感じなんだけど、余計に紛らわしいだけなんじゃないかと思ってしまうのは、 あたしだけでは無いはず。

オーストリー大使館 http://www.austriantrade.org/japan/our-office-in-tokyo/ja/

|

« 102: かもめ食堂 | トップページ | 104: SPACE RACE 宇宙へ ~冷戦と二人の天才~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/4189428

この記事へのトラックバック一覧です: 103: 月のひつじ:

« 102: かもめ食堂 | トップページ | 104: SPACE RACE 宇宙へ ~冷戦と二人の天才~ »