« 098: アフガン零年 | トップページ | 100: 有頂天ホテル »

2006年11月 4日 (土)

099: 7月24日通りのクリスマス

あこがれの恋を実らせようと奮闘するヒロインの姿がかわいらしい・・・・・か?

01_10

監督:村上正典
原作:吉田修一 「7月24日通り」
脚本:金子ありさ
音楽:服部隆之 キャスト
ヘアメイク:田中マリ子 スタイリスト:梅山弘子
イラスト協力(劇中漫画):いがらしゆみこ

出演:大沢たかお  中谷美紀  佐藤隆太  上野樹里  阿部力  劇団ひとり  YOU  小日向文世 川原亜矢子

製作: 2006年  日本
公開: 2006年11月3日

公式HP

■■■さくら 55点  劇場鑑賞(レイトショー)

02_28 「7月24日通り」はポルトガルのリスボンに実際にある通りだ。主人公の妄想の中では美しいだけの通りだけど、外務省の海外安全ホームページには【ディス コや酒場の多い「7月24日通り」付近は、青少年による犯罪が多発している地域であり、発砲事件も発生していることから、夜間は特に注意を要します】なん てある。リスボンといったら“ビッカのケーブルカー(右画像)”・・・ということで、この映画にも登場している。長崎もリスボンも、坂道の多い景色って絵 になりますね~~やっぱり。

原作者の吉田修一は1968年生で、トレンディドラマの全盛期に青春を過ごした世代だ。あたしは原作を読んでいないけど、きっとこの映画は原作のほうが数倍面白いと思う、なぁ・・・。

主人公サユリこと中谷美紀のテーマカラーは白。そして、脇を固めるメグミこと上野樹里と亜希子こと川原亜矢子の衣装は緑・赤が基調になっていて、こ の三原色はポルトガルの国旗の色、そしてクリスマスカラーがコンセプトになっているそうです。さらに、サユリの変身後のファッションは、蛯原友里のファッ ションを参考にしているんだって。

■■■ネタバレ  ちょっと悪口っぽいです m(_ _)m

主人公サユリのキャラだけど、ドジの表現が“人にぶつかって、色んなものを落とす”ってナニ?、職場で手入れのしていないボサボサの長い髪をしばっ てないってナニ?(まわりの子は後ろでひとつにまとめていたり、お団子ヘアにしていたり、カチューシャをしていたりしている)ダサイっていうより汚い感じ がイヤ!、少女漫画が「キャンディ・キャンディ」の「いがらしゆみこ」ってナニ?、デートの約束を会社の電話でって・・・あり?、そして、いきなりフリフ リの白いドレスって普通の男なら引くだろ、あまりにあからさまで・・・おまけに似合ってないし。性格も純粋で一途といえばそうなんだけど、どちらかという とイタイ感じばかりが前面にでて、怖かった。

中谷美紀は8年前で高校生ってことは、24、25って設定なんだよね、たぶん、一応。で、その先輩だから川原亜矢子は26、27って設定、その彼氏 だから大沢たかおが30代前半ってとこなのかなぁ~。俳優さんなんだから、実年齢と違う役なのは当然なんだけど、ビジュアルに違和感があって、変な感じ だった。

中谷美紀は好きでも嫌いでもないけど、年相応の外見とクールな美しさを持った人で、不器用ではあるかもしれないが、演技力もあるほうだと思ってい た。でも、ちょっと、この映画の役は・・・見た目で向いていないなぁって感じだった。正直、変身したら「カワイク」なってないとダメなんだろうけど、全然 カワイクなってなくて、逆にオバサンっぽかった。残念。

あ~~、なんかあたしの目線って、カワイゲないなぁ、でも、そう感じちゃったからなぁ~。

あたしは、サユリ役は深津絵里だったらと思ったけど、当初は竹内結子だったのがクランクイン直前に降板して同事務所の中谷美紀になったらしい。なんで中谷美紀にこの役?って思ったけど、当初は違ったのね。

長崎・皿うどんはそんなに美味しそうに見えなかったけど、お腹が空いていたせいか、コロッケバーガーは美味しそうに見えた。白い服が汚れないかとヒヤヒヤしたけどね~~。

|

« 098: アフガン零年 | トップページ | 100: 有頂天ホテル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/4058686

この記事へのトラックバック一覧です: 099: 7月24日通りのクリスマス:

« 098: アフガン零年 | トップページ | 100: 有頂天ホテル »