« 103: 月のひつじ | トップページ | 105: デイ・アフター・トゥモロー »

2006年11月17日 (金)

104: SPACE RACE 宇宙へ ~冷戦と二人の天才~

「私は、兵士ではなく科学者です」

02_33

原題:Space Race

第1回:「ロケット開発」(RACE FOR ROCKETS)
第2回:「衛星開発」(RACE FOR SATELLITES)
*計4回ある内の2回分が収録されている。

キャスト:
ナレーター :ロバート・リンジー ROBERT LINDSAY (声:谷口 節)
セルゲイ・コロリョフ :スティーブ・ニコルソン STEVE NICOLSON (声:石塚 運昇)
フォン・ブラウン :リチャード・ディレイン RICHARD DILLANE (声:森田 順平)

収録時間 : 104分
制作:2005年
   イギリス(BBC)、アメリカ(National Geographic)、ロシア(Channel One)、そしてドイツ(NDR)の4カ国によって共同制作
レンタル開始日 : 2006-10-26   

これは、事実を元にしたドラマである。

1950年代末期、東西冷戦が激しくなる中で宇宙進出を競いあうアメリカとソ連。国の威信をかけたこの開発競争は、一刻も早く相手の領土に到達し得 る巨大ミサイルを手にしたいという超大国同士の、強い欲望と恐怖に突き動かされた激闘であった。この宇宙開発競争には莫大な費用がかけられ、ロケット打上 げや有人宇宙飛行の失敗などによって多数の死者が出た。宇宙を目指したこの人類史上最大の試みは、先駆的であると同時に最もリスクの高い挑戦として科学史 上に刻まれている。

二つの超大国には、それぞれ天才科学者がいた。一人は元ナチ党員でアメリカに投降し、宇宙開発を続けるフォン・ブラウン。もう一人は、スターリンの 大粛清によって無実の罪で矯正労働収容所に入れられていたソ連のセルゲイ・コロリョフ。二人の天才が、人類が初めてくぐる宇宙への扉を開いていく。

公式HP NHK http://www3.nhk.or.jp/kaigai/spacerace/  
BBC http://www.bbcjapan.co.jp/01_tv/04_science_medical/14_%20apace_race.html

■■■ さくら75点 レンタルDVD

第二次世界大戦からその終結、米ソ冷戦時代と時を追って、その間の宇宙開発にスポットを当てたドキュメンタリーである。

今現在では、ネットが使えれば誰でも、NASA World WindやGoogle MapやGoogle Earthで、無料で提供している衛星写真を見ることが出来る。それはリアルタイムの画像ではないけど、一般の人までが自由に衛星写真を楽しむ事が出来る のはスゴイと思う。それからあたしが衛星といってスグ思いつくのが、天気予報で使われる気象衛星からの映像だろうか。そして今地球周回軌道上には、巨大な 有人施設「国際宇宙ステーション(ISS)」が、約90分で地球を回っている。そのISSは、2010年の完成を目指して、アメリカ、ロシア、日本、カナ ダ、ESA(欧州宇宙機関)が協力して建設している。そう、アメリカとロシアが一緒に建設している・・・そんな時代だ。

今から半世紀程前の、人類がまだ重力から離れられていなかった、人工衛星の第一歩を踏み出そうと懸命になっていた様子がわかって、とっても面白かった。

このドキュメンタリーを見て、米ソ冷戦時代の軍事開発と密接に結びついた宇宙開発は、壮絶だったんだなと感じた。そんな米ソ冷戦状況を利用して、自 らの夢の実現を図ろうとする科学者達・・・・・このドキュメンタリーは開発競争にスポットが当てられているけど、“科学者”の人間性にも興味を持った。 “科学者”にとって、自らの知的欲求を満足・実現させるというのは、何にも勝る“欲望”であり“快楽”なのだろうか?

↓↓ 左:スプートニク1号  右:エクスプローラー1号を打ち上げたロケット 

03_24 04_15    

ソ連: 人工衛星 スプートニク wiki     地球の衛星軌道上を回った最初の生き物 となった犬『ライカ』 wiki

アメリカ: 人工衛星 エクスプローラー  wiki

国際宇宙ステーション wiki

Space Race 宇宙へ ~冷戦と二人の天才~ DVD Space Race 宇宙へ ~冷戦と二人の天才~

販売元:NHKエンタープライズ
発売日:2006/10/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 103: 月のひつじ | トップページ | 105: デイ・アフター・トゥモロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/4223328

この記事へのトラックバック一覧です: 104: SPACE RACE 宇宙へ ~冷戦と二人の天才~:

« 103: 月のひつじ | トップページ | 105: デイ・アフター・トゥモロー »