« 2006年 あたしの映画ランキング | トップページ | 111: 県庁の星 »

2006年12月 3日 (日)

110: 007 カジノ・ロワイヤル

“OO”(ダブル・オー)とは?

“殺しのライセンス”を取得している諜報員。
任務遂行中は自分の一存で人を殺しても罪に問われない。

02_22

英題: CASINO ROYALE

監督:マーティン・キャンベル
製作:バーバラ・ブロッコリ / マイケル・G・ウィルソン
製作総指揮:アンソニー・ウェイ
原作:イアン・フレミング
脚本:ニール・パーヴィス / ロバート・ウェイド / ポール・ハギス
撮影:フィル・メヒュー
編集:スチュアート・ベアード
音楽:デヴィッド・アーノルド

キャスト:ダニエル・クレイグ  エヴァ・グリーン  マッツ・ミケルセン  ジャンカルロ・ジャンニーニ  ジュディ・デンチ  サイモン・アブカリアン  カテリーナ・ムリーノ  クラウディオ・サンタマリア

製作年: 2006年
製作国: アメリカ/イギリス
日本公開: 2006年12月1日

英国諜報部MI6のスパイである‘00’の地位に昇格したジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、最初のミッションとして国際テロ組織のネットワークを絶つ任務を課される。テロ組織の資金源であるル・シッフルと接触を命じられたボンドは・・・
公式HP http://www.sonypictures.jp/movies/casinoroyale/site/

■■■さくら 70点  劇場鑑賞(ポイント無料鑑賞券)

B 21作目のOO7作品なんだけど、あたしは同シリーズ作品を観るのが初めて! 試写会を観た友人の話でも、ネットでの前評判も悪くなかったのでそれなりに期待していた。

結果は・・・「フツウ!」といったところでしょうか。なんか、ハイライト・シーンをカット編集して見せられた感じがしたなぁ、ストーリーはドラマチックなんだけど・・・イマイチ。正直、ボンド役のダニエル・グレイグの顔・肉体、ヒロインのヴェスパー・リンド役エヴァ・グリーンの美貌、共に好みじゃない。作品中のジェームズ・ボンドの年齢設定は「28から31歳位」らしいけど、ダニエル・グレイグって年相応(38歳)に見える。今回のボンド・キャラの危なっかしさは若い感じなので、見た目との違和感はちょっとだけ感じてしまった。

でも、なんだかんだ言って、アクション・シーンは見ものだったし、楽しむことはできた。ボンドのタキシード姿はカッコ良かったし、Mと Mr.Whiteもカッコ良かった。そういえば、M役のジュディ・デンチはナイト叙任者だよね。(現行の“ナイト”は栄典の叙勲で、貴族の称号ではな い。男性は“サー”女性は“デイム”の称号が授与される。)

01_39 一緒に行った友人は、ボンド・カーの“アストンマーティンDBS”が欲しい、欲しいと言ってた。なんでも、映画公開後に正式発表されるらしい最新モデルなんだとか。で、この車がカーチェイスの末に空中を7回転するんだけど、これが今までの6回転の世界記録を抜いて新記録なんだとか。スゴイ! ・・・ のか? スゴイ事なんでしょうね、うん。そういえば、ダニエル・グレイグはオートマチック車限定免許しか持っていなかったため、ボンド・カーは、急きょオー トマチック車に改造されたらしい(笑)。

原作者イアン・フレミングは元MI6の諜報員だと公表してたけど、長年、英国政府は諜報機関の存在を否定していた。でも2005年からMI6は公式サイトで求人を行っている(笑)。応募資格は、21歳以上、両親のいずれかが英国籍、過去10年間に5年以上英国に住んでいた事が最低条件なんだって。最近、新聞広告での公募も話題になっていた。

以下、ちょっとだけ、ネタバレあります。

最近、イギリスに亡命した元KGBの諜報部員が“ポロニウム”という放射能をもつ物質で殺害されたとして、その犯人は誰?とニュースになっている。“ポロニウム”と判明するまでは“ジキタリス系”ではないかと言われていたようだ。そう、映画の中でボンドが盛られた毒だ。“ジキタリス” は紫のかわいらしい花をつける植物だけど、無味・無臭の劇薬で毒性が強く、嘔吐、激しい痙攣、呼吸麻痺などを引き起こすらしい。ボンドも苦しんでいたね。

■追記2007.01.16: ジョニー・デップが、2006年11月にロンドンの病院で死亡したロシアKGBの元スパイ、アレクサン ドル・リトビネンコ氏を題材にした映画をプロデュースすることになった。。。みたいだ。 

ACPhoto

◆ボンドのカクテル・レシピで注目を集める“リレ”

これまで公開された映画の中では、ボンドは「ウォッカマティーニを。ステア(かき混ぜる)ではなくシェイクで」とバーテンダーに注文していたが、本映画で高額のポーカー勝負をしているボンドは、「ゴードン(ジン)を3、ウォッカを1、キナ・リレを半分の割合で。氷を入れてシェイクし、薄く切ったレモンの皮を一枚いれてくれ」とウエイターに頼む。

これは、イアン・フレミングが「ジェームズ・ボンド」シリーズ第1作『カジノ・ロワイヤル』で書いたレシピだ。「リレ」と呼ばれる食前酒を販売しているのは、従業員わずか7名のフランスの小さな飲料メーカー。この映画が公開されてからというもの、「リレを探している、作り方を詳しく知りたい、このカ クテルのことをもっと知りたい」と米国などから問い合わせの電話があり、「先日はギリシャやトルコ、バーレーンからも問い合わせがありました」とロイ ターに語った。 [パリ 23日 ロイター]より抜粋 

映画の登場人物と同じものを味わってみたい・・・って気持ち、わかるなぁ~~。あたしも、飲んでみたい!!

|

« 2006年 あたしの映画ランキング | トップページ | 111: 県庁の星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/4409051

この記事へのトラックバック一覧です: 110: 007 カジノ・ロワイヤル:

» 007/カジノロワイヤル鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『007/カジノロワイヤル』鑑賞レビュー! すべては007になるために── これは、007が誕生するまでの物語 007シリーズの第1作目のリメイク シリーズ21作目にして初めて明かされる 人間ジェームズ・ボンドの素顔—— そしてだれも知らない過去—— 彼の長いキャリアの中でも 決して忘れられない任務、そして運命の女 これは、ジェームズ・ボンドが 007になる前の物語 人気スパイアクション007シリーズ第21作 ★review★ ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 14時45分

» 007/カジノ・ロワイヤル [悠雅的生活]
ブルー・アイと金髪の新生ボンド。未完成な男の、最初の任務。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 22時11分

» 今年100本目:「007/カジノロワイヤル」見てきました。 [よしなしごと]
 今回で今年の目標を達成しました。パチパチパチ!今年100本達成です!(映画館、試写会のみカウント) [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 02時24分

» 【劇場鑑賞135】007/カジノ・ロワイヤル(CASINO ROYALE) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
最初の任務は、自分の愛を殺すこと。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 23時03分

» 007 カジノ・ロワイヤル−(映画:2006年152本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:マーチン・キャンベル 出演:ダニエル・クレイグ、エバ・グリーン、マッツ・ミケルセン、カテリーナ・ムリーノ、ジュディ・デンチ 評価:92点 公式サイト (ネタバレあります) あの拷問は強烈すぎる。 なぜ椅子の底をくり抜くんだろうと...... [続きを読む]

受信: 2006年12月26日 (火) 00時29分

» アストンマーティンV8ウ゛ァンテージ(Aston Martin V8 Vantage) [旧車やノスタルジックカーからスーパーカーの自動車カタログ]
アルミボディを採用する様になってからのアストンマーティンにとって初のV8モデル…それが、アストンマ... [続きを読む]

受信: 2007年1月16日 (火) 00時08分

« 2006年 あたしの映画ランキング | トップページ | 111: 県庁の星 »