« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の9件の投稿

2006年12月31日 (日)

118: 大奥

生まれるはずのなかった一つの小さな恋火は、大奥という地獄で燃ゆる様々な業火によって、より一層、激しく燃え上がっていくのだった。

絵島:「命に替えても守りたいものが、そこにあります。」

天英院:「女子というものは、女子を裏切るものですえ。」

2100_6

続きを読む "118: 大奥"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

117: シャーロットのおくりもの

特別なぶた    ・・・だけが特別なんだ ^^;(苦笑) 

02_42

続きを読む "117: シャーロットのおくりもの"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年12月15日 (金)

116: 消された真実 グリニッチ殺人事件

「O.J.シンプソン事件」で人種差別主義者とされ、一躍全米で名が知れ渡ったLAPDの元刑事、マーク・ファーマンのノンフィクション小説を元に映像化したサスペンス。

02_41

続きを読む "116: 消された真実 グリニッチ殺人事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

115: ディレクターズカット JFK 特別編集版

“死に行く王に権威なし”とか
その通りケネディは 殺されて権威を失い――
わが国の歴史で 最高の悲劇になった

しかし―― 過去の出来事は プロローグに過ぎない

02_2

ある作家の言葉です
“愛国者は自分の国を 政府から守るべきだ”
考えて下さい
ここで御覧になった 門外不出の証拠をね

我々が子供のころ――みんなこう思っていた
正義は自然に生まれると
美徳は価値があり 善は悪に勝つと

でもこれは真実じゃない
正義は人間がつくるもので 簡単じゃない
真実は権力にとって脅威だ
でも 権力と戦うのは命懸けです

03_28

続きを読む "115: ディレクターズカット JFK 特別編集版"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

114: トランスポーター2

1.契約厳守 2.名前は聞かない 3.依頼品は開けない そのルールを1つでも破れば死。危険を守るために自ら作った三つのルール。

01_19

しかし、その仕事から足を洗い今は・・・。

続きを読む "114: トランスポーター2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

113: 嫌われ松子の一生

松子の脳内表現が面白い!!

00_5


続きを読む "113: 嫌われ松子の一生"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

112: ALWAYS 三丁目の夕日

東京タワーが完成した昭和33年が舞台

01_18

続きを読む "112: ALWAYS 三丁目の夕日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

111: 県庁の星

柴咲コウって、笑った顔よりムッとした顔のほうが可愛い。

03_27


続きを読む "111: 県庁の星"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 3日 (日)

110: 007 カジノ・ロワイヤル

“OO”(ダブル・オー)とは?

“殺しのライセンス”を取得している諜報員。
任務遂行中は自分の一存で人を殺しても罪に問われない。

02_22

続きを読む "110: 007 カジノ・ロワイヤル"

| | コメント (0) | トラックバック (6)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »