« 110: 007 カジノ・ロワイヤル | トップページ | 112: ALWAYS 三丁目の夕日 »

2006年12月 4日 (月)

111: 県庁の星

柴咲コウって、笑った顔よりムッとした顔のほうが可愛い。

03_27


監督 : 西谷弘
脚本 : 佐藤信介
原作 : 桂望実
音楽 : 松谷卓

出演 : 織田裕二 , 柴咲コウ  , 佐々木蔵之介 , 石坂浩二

収録時間 : 131分
製作:2006  日本
レンタル開始日 : 2006-10-13 

エリート公務員・野村は民間企業との人事交流研修のメンバーに選ばれ、三流スーパーへ出向することに。
公式HPhttp://kaikaku-movie.jp/

■■■さくら68点 レンタルDVD

それなりに面白かった。公務員の形式主義や、地方行政と地元有力者との癒着が揶揄されているのも、今の空気に合っている。

三流スーパーを立て直すという事では、あたしは伊丹十三監督・脚本『スーパーの女』を思い起こすけど、『県庁の星』はコミカルな感じは少なかったな。でも、わかりやすい人物設定と、期待を裏切らない展開で、安心して楽しむ事ができた。

01_4002_37 

県庁の星 スタンダード・エディション DVD 県庁の星 スタンダード・エディション

販売元:東宝
発売日:2006/10/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 110: 007 カジノ・ロワイヤル | トップページ | 112: ALWAYS 三丁目の夕日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/4425929

この記事へのトラックバック一覧です: 111: 県庁の星:

» 県庁の星 とクリスチャン織田裕二 [Cigarの見る風景]
県庁の星 とクリスチャン織田裕二土曜日に“県庁の星”という邦画が放映された 感のいい方は分かるだろうが舞台の一つになるスーパーは 伊丹十三監督の“スーパーの女”が下書きとなっている“スーパーの女”は伊丹監督の遺作となった作品だが 大手スーパー進出に潰れ...... [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 08時34分

« 110: 007 カジノ・ロワイヤル | トップページ | 112: ALWAYS 三丁目の夕日 »