« 118: 大奥 | トップページ | ゴーギャン「果実を持つ女」~大エルミタージュ美術館展~ »

2007年1月 5日 (金)

119: 硫黄島からの手紙

「戦争映画というよりは、国、友情、そして家族の絆を掘り下げるヒューマン・ドラマなんだ。」

01_20

英題: LETTERS FROM IWO JIMA

監督/製作:クリント・イーストウッド
製作:スティーヴン・スピルバーグ / ロバート・ロレンツ
原案/脚本:アイリス・ヤマシタ
脚本:ポール・ハギス
美術:ヘンリー・バムステッド

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
日本公開: 2006年12月9日

キャスト:渡辺謙  二宮和也  伊原剛志  加瀬亮  中村獅童  裕木奈江

第2次世界大戦時の最も悲劇的な戦いと言われる“硫黄島の戦い”を、日本側の視点から描いた戦争映画。
公式HP http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/

■■■さくら82点 劇場鑑賞(レディースデイ)

不覚にも泣いてしまった。廻りの席からも、鼻水をすする音が聞こえたので、あたしだけでは無いとは思いますが・・・。TVなんかの宣伝でも「泣ける」って言ってたけど、まぁ宣伝だからなぁ~って話し半分に思ってたから、やられた!って感じだ。

『ミリオンダラー・ベイビー』のクリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の日本版という事で、とっても話題になっていた。キャストは日本人だ し、全篇日本語だし、舞台は日本だしで、邦画みたいだけど、スタッフはアメリカ人でハリウッド映画なのよね、なんか不思議な感じだった。ストーリーは良く 出来たリアルな“物語”といった感じが否めないけど、これをアメリカ人が創ったのかとビックリするくらい“日本人の精神”的な描写もあった。実在の人物だ し、実際にあった戦いだしで、とてもよく調べて描かれているだけのことはある。

そういえば、栗林中将(渡辺謙)が辞世の句を詠むシーンがあるんだけど、これは当初脚本には存在していなかったのを、渡辺謙が必要だからと進言して 追加された。“軍人が句(詩)を詠む”という感覚がアメリカ人には無いから、そんなシーンは無かったみたいだ。この事だけじゃなくて、渡辺謙自身、とても 当時の事や栗林中将について調べたみたいだ。監督のクリント・イーストウッドがあ~だこ~だ言う人じゃないため、役者自身が皆、色々考えて役作りに取り組 んだと言っていた。

02_43 『ラストサムライ』みたいに全篇通して「ありえな~いい!(笑)」なんてことは無かったけど、???って感じたことはやっぱりあった。まず、栗林中将の存 在はリアルに感じたけど、一兵である西郷(二宮和也)の“感覚”がとっても“現代的”で、現実には西郷のような兵隊さんって居なかったよね~とかさ。で も、まぁ、だからこそ西郷の目を通して描かれるシーンに共感して、あたしも涙したんだけどね。それを思うと、あえてああいった演出をしたのかな?、それに ハマッタのかな?とは感じたけど。それから、国旗って夜にも掲揚するのって普通?、夜に下ろして朝に又掲揚するほうが普通なんじゃないのかな?とかね。他 にもちょっとそれってアリなの?って感じたシーンがあったのは残念。

でもそれらがあっても尚、こちらに訴えかけてくるものがあって、心に響いた。敵だ味方だといっても「皆同じこころを持った人間なんだ」と・・・、戦争は悲しいものなんだと。

戦闘シーンは圧巻だったし、銃の音もリアルで、目を瞑ると実際に戦地に居るような錯覚をする程だった。ロケは『父親たちの星条旗』と同じくカリフォ ルニアが殆どのようだけど、一日だけ硫黄島でもロケを行っているみたいだ。(現在の硫黄島は、海上自衛隊とアメリカ軍の基地があり、島自体が軍事基地施設 になっているため、東京都の許可がないと上陸することはできない。旧島民や遺族、それに戦没者の遺族などの一般の人が硫黄島に上陸できるのは、戦没者の慰 霊祭の時のみである。)

04_19  03_18  05_19

予告編 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=Q_-qXa9w_Ig

硫黄島からの手紙 Wiki 
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E6%89%8B%E7%B4%99&oldid=9835803

栗林忠道 Wiki
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%A0%97%E6%9E%97%E5%BF%A0%E9%81%93&oldid=9839822

バロン西 Wiki
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E8%A5%BF%E7%AB%B9%E4%B8%80&oldid=9825488

硫黄島 Wiki
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6_%28%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%29&oldid=9834801

|

« 118: 大奥 | トップページ | ゴーギャン「果実を持つ女」~大エルミタージュ美術館展~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/4800725

この記事へのトラックバック一覧です: 119: 硫黄島からの手紙:

» 椎名桔平ドラマ映画を紹介します [椎名桔平ドラマ映画紹介します。]
椎名桔平ドラマ映画を紹介します 椎名桔平ファン必見 椎名桔平を応援していきます [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 01時40分

» 生活臭漂うシネコン。 [ドラマ!あの素晴らしいドラマを、もう一度。]
やっと「硫黄島からの手紙」を観てきました。爆撃シーンの迫力がもの凄くて、その度に手がギュッとドラえもん状態。日本と違って火薬の量が違うのね、きっと。お金かかってそうです(笑)。映画の雰囲気は「アメリカナイズされた日本映画」って感じでした。何て言うんでしょ、盛り込まれるエピソードがアメリカ的ヒューマンちっくと言うのかしら。負傷した米兵捕虜に「やあ、サム」とか言いながら握手を求めるバロン西中佐、下っ端の一等兵にも気さくでフレンドリーな栗林中将・・。正直そのへんはちょっとこそばゆか...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 2日 (金) 17時13分

» お薦め映画『硫黄島からの手紙』 [ひねもす ROKO BLOG  ]
クリント・イーストウッド監督「父親たちの星条旗」に続く二部作「硫黄島からの手紙」を観てきました。    奇しくも・・・公開日の設定は太平洋戦争勃発の翌日(真珠湾奇襲攻撃の日)です。    アメリカ時間では1941... [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 19時40分

» 『硫黄島からの手紙』 [京の昼寝〜♪]
世界が忘れてはいけない島がある ■監督 クリント・イーストウッド■脚本 アイリス・ヤマシタ ■キャスト 渡辺 謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬 亮、中村獅童  □オフィシャルサイト  『硫黄島からの手紙』  戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。 アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林(渡辺 謙)が硫黄島�... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 23時42分

« 118: 大奥 | トップページ | ゴーギャン「果実を持つ女」~大エルミタージュ美術館展~ »