« ヒルトン名古屋の『ストロベリーデザートフェア』 | トップページ | 『バベル』に興味津々 »

2007年2月26日 (月)

125: リトル・ミス・サンシャイン

祖父、父、母、兄、“娘”、叔父が、ひとつバスでコンテスト会場を目指して旅をする。そして、娘はコンテストに出場する。  たったそれだけの物語なのに・・・・・。

L005

英題: LITTLE MISS SUNSHINE

監督:ジョナサン・デイトン / ヴァレリー・ファリス
製作:アルバート・バーガー / デイビッド・T・フレンドリー
脚本:マイケル・アーント
撮影:ティム・サーステッド
音楽:マイケル・ダナ

キャスト:アビゲイル・ブレスリン  グレッグ・キニア  ポール・ダノ  アラン・アーキン  トニ・コレット  スティーヴ・カレル

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
日本公開: 2006年12月23日
上映時間: 1時間40分

機能不全に陥った一家族が、旅を通して再生していくハートウォーミングな展開が見どころ。公式HP http://movies.foxjapan.com/lms/index2.html

■■■さくら75点  劇場鑑賞(ポイント無料券利用)

観たのは先週の土曜日で、映像に派手さが無いかわりに、各々のキャラが際立ったいい‘コメディ映画’だと思った。物語はちょっとブ ラックな笑いの中に、“心情”や“気持ち”が表現されていて、共感出来ることもあるし、共感できなくても「分かる気がする」って思わせられた。最後のス テージには笑ったし、ホロリとさせられ、“家族”って不思議だと、“家族”っていいものなんだと思わせられた。

叔父x兄: 自称“アメリカ最高のプルースト研究者”のフランク(ス ティーブ・カレル)と、空軍入隊しテストパイロットになることを夢見る15歳のドウェーン・フーヴァー(ポール・ダノ)のやり取りも、色んな意味で面白 かった。思春期で反抗期で・・・そんな真っ只中にいるドウェーンの様子は、ある意味微笑ましかったな。

祖父x父: ヘロイン吸引がやめられず、ポルノ雑誌が好きで、過激な発 言をするグランパ(アラン・アーキン)は、そのキャラクターが際立っていて、ドキドキハラハラ目が離せなかった。9段階の成功のステップ理論を書籍化し て、ひとやま当てたいリチャード・フーヴァー(グレッグ・キニア)を見ると、あ~日本にもこんな幻想に憑かれた人がいっぱいいるなって、ちょっと同情し ちゃった。あたしからすると、成功論で成功するなんて、なんか怪しい匂いがプンプンするんだけど、本人は信じきってるから耳を貸さない。そういえば、成功 論では無いけど、なんかそんなイメージの“パワー・フォー・リビング”CMを、深夜TVで数回見た事があるけど、あれもなんか怪しい匂いがする。

母x娘: シェリル・フーヴァー(トニ・コレット)は家族の要。最初の 食卓での会話が見もので、ここで一気に色んな情報が表現されているんだけど、特にこのシェリルがフランクのことを9歳の娘オリーブ・フーヴァー(アビゲイ ル・プレスリン)に説明するシーンは面白い。オリーブは、小さいからまだ世界が狭くて、家族というある意味偏った世界に生きているけど、無邪気で純粋で好 奇心旺盛だ。

そんな家族に“事件”が起こったときの、それぞれの視点やテンションの違いも面白かった。場面の中の人物が皆テンションが上がっているかというと、 決してそうではなく、↑の人も居れば、→の人も居れば、↓の人も居る。それらが一つの場面に納まっていることが、あたしの視線を客観的にさせ、笑いを誘っ た。

L001 L002 L003 L004

Map_of_usa_3 あと面白かったのが、食卓にあるバケツのように大きな容器に入った「フライドチキン」、「ニーチェのポスター」が貼ってある子ども部屋の様子、ルイジアナ からカルフォニアへ向かう道中の風景の変化、ドライブインやモーテルの様子なんかだ。ファッショナブルでもなく、観光地でもなく、大都会でもなく、ファミ リービデオを観るようなそういった何気ない背景が、登場人物のキャラクターと相まって物語を盛り上げていた。

■ ■ ■

Aca_1 今日のアカデミー賞の受賞ニュースを見ると、アラン・アーキンが助演男優賞を、マイケル・アーントが最優秀脚本賞を受賞していた。作品賞にもノミネートさ れていたけど逃したようだ。あたしは大金を掛けたある意味派手な作品が、アカデミー賞にノミネート&受賞するものだと勝手に思っていたので、この作品が4 部門もノミネートされ、2部門も受賞していることにちょっと驚いてしまった。

でも、この映画が脚本賞受賞というのは納得できるけどね。

|

« ヒルトン名古屋の『ストロベリーデザートフェア』 | トップページ | 『バベル』に興味津々 »

コメント

sakuraさんはじめまして。
地図があると・・・非常に分かりやすくていいですね(@_@)
名古屋は親戚がいるので何度かお邪魔して地球博もいきました。食べ物のほんとうに美味しいところですよね~
TBさせて頂きました。

投稿: roko | 2007年3月10日 (土) 16時32分

★rokoさん、コメントありがとうございます。

地図を見ながら、ルートも分かるといいなって思ったんですが、そこまで分かりませんでした。残念。

投稿: さくらスイッチ | 2007年3月11日 (日) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/5497624

この記事へのトラックバック一覧です: 125: リトル・ミス・サンシャイン:

» パワーフォーリビング [パワーフォーリビング]
パワーフォーリビングについて色々思うところを書いて行きたいと思います。 キリスト教の布教のために米国のアーサーS.デモス財団が無料で冊子を配布しているパワーフォーリビング、最近CMなんかもやってますが、パワーフォーリビングについて書いていきます。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 13時15分

» パワー フォー リビング!これで分かるパワー フォー リビングの全て [パワー フォー リビング]
パワー・フォー・リビング(Power For Living)って、知っている?最近、テレビ見ていないんだけど、パワー フォー リビングのCMやってたっけ?つーか、テレビ見ろーって? [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木) 15時04分

» お薦め映画『リトル・ミス・サンシャイン』 [ひねもす ROKO BLOG  ]
「リトル*ミス*サンシャイン」 2006年度米作品 ジョナサン・ディトン監督 ヴァレリー・ファリス監督 主演 グレッグ・ギニア(リチャード)    アラン・アーキン(グランパ)    トニ・コレット(シェリ... [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 16時35分

« ヒルトン名古屋の『ストロベリーデザートフェア』 | トップページ | 『バベル』に興味津々 »