« 『バベル』に興味津々 | トップページ | 劇団四季『ブラックコメディ』in名古屋ミュージカル劇場 »

2007年3月 6日 (火)

126: ゴーストライダー

結構楽しめました、この映画。
観に行くつもりなんて無かったんですが、本当は。

Gr001_1

本作の本質はラブ・ストーリー。「愛のためにどこまでやれるかを描いた作品なんだ。それに、決断やセカンド・チャンスについてのの映画でもある。アクション・アドベンチャーの形を借りて、ポジティブなテーマをたくさん扱っているんだ。」

英題: GHOST RIDER

監督・映画版原案・脚本:マーク・スティーヴン・ジョンソン
製作総指揮:デヴィッド・S・ゴイヤー / スタン・リー
撮影:ラッセル・ボイド
視覚効果スーパーヴァイザー:ケヴィン・マック
音楽:クリストファー・ヤング

キャスト:ニコラス・ケイジ  エヴァ・メンデス  ウェス・ベントリー  サム・エリオット  ピーター・フォンダ  ドナルド・ローグ

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
日本公開: 2007年3月3日
上映時間: 1時間50分

ジョニー(ニコラス・ケイジ)には17歳で悪魔(ピーター・フォンダ)に魂を売り、病気の父を救ったという秘密があった。30歳になった彼が最愛の女性(エヴァ・メンデス)と再会した時、再び悪魔が現れ・・・・・。
映画公式サイト http://www.sonypictures.jp/movies/ghostrider/ 

■■■さくら65点 劇場鑑賞(レイトショー・ミッドランドスクエアシネマ)

あたしは結構楽しめました、この映画。

観に行くつもりなんて無かったんです、本当は。アメリカン・コミック原作の映画にさして興味はない。公開されても、観なくてもいいや・とか、TV放 映まで待とう・とかって思うくらいだ。ニコラス・ケイジにしても、嫌いではないが、彼の出演が観る動機になるほどファンでもない。中型バイクの免許は持っ ているけど、今はバイクに興味も無い。おまけに評判も芳しくない。

Gr100 なのに何故観に行ったのか。それは3月6日にグランド・オープンするミッドランドスクエアシネマ(名 古屋)の本牛革のシートに座りたかったからですね。先週の金曜日に試写会があり土日に先行内覧会があったので、既に体験した人も少なくないと思うんです が、あたしはまだだったので、せめてグランド・オープン日に体験したかったんです。週末に友人とそのシネマを体験しに行く約束がしてあるんですが、それま で待てなくて、で、つい「ゴースト・ライダー」を観に行ってしまったんです。他は観た映画だったり、もっと興味が持てない映画だったりしたので・・。

それで観た人の感想を読んだりして、あたしが観に行く前の心構えとして持ったのが、コミックっぽいバカバカしいノリを楽しむという事だ。つまり、大 人(マーク監督、ニコラス・ケイジ、ピーター・フォンダ)が子どもの頃に夢中になったエッセンスが凝縮されてストーリー展開しているので、細かい展開が変 なのは無視して、そのノリを一緒に面白がっちゃおう・って事だ。

あと楽しむために下調べして自分なりのチェックポイントを持つことにした。映画を観た時に「あぁ~、これがあれなんだ・・・」と感じる事ができると、ちょっとだけお楽しみ度がアップするからね。以下、下調べに観た感想を交えながら書いてます。

Gr003_1

原作コミック『ゴーストライダー』のオリジナル版は1940年代にス タートした。当初は西部のガンマンを主人公とするウエスタンだったが、70年代にマーベル(漫画出版社)が版権を取得した時、スタント・ライダーのジョ ニー・ブレイズを主人公とする超自然ものへと生まれ変わる。90年代には再び主人公が変わり、リニューアルを遂げている。・・・あたしはコミックを読んで いないんだけど、映画の内容からいってこの70年代のコミック・ストーリーが映画化されているんだろう。ジョニーが10代の頃に出てくる移動遊園地の様子 やTVなんかが時代を感じさせる。でも、時代設定や年齢設定は気にしないほうが楽しめるから、これはこういう世界なんだと納得しちゃったほうがいいと思 う。あと、登場する燃えるヘルバイクがまるで“馬”みたいで、最初ちょっとバカバカしくて笑っちゃったんだけど、原作コミックの流れを知っていると納得で きる。

映画の中でジョニーが乗るバイクも、『イージー・ライダー』でフォンダ が乗ったハーレーがモデルになっている。ジョンソン監督の目標は、原作のヘルバイクを超えることだった。数ヶ月に渡って製作されたヘルバイクは、デザイン が承認された後、機能の異なる7台のバイクが製作された。これはいずれもニコラス・ケイジの体格に合わせて作られたカスタムメイドである。完成した画面に 映っているのは、この実物のバイクにCG処理で炎を加えたものが殆どだが、2、3のシーンでは完全にCGで創られたバイクも使われている。Gr004 ・・・この燃えるヘルバイク、走っている姿は“カッコイイ”っていうより、あたし的には“面白い”って感じだった。なんていうか画面に躍動感が無いから、 ワクワクするって感覚より、うわぁ~コミック調だ!って思うほうが先にたっちゃった。そんな画面展開の中、ひとり独特の空気感をまとって映画を引き締めて いたのが『イージーライダー』のフォンダのメフィスト役で、物静かでかっこよかった。

筋肉がないゴーストライダーの顔に表情を持たせる工夫を、炎のCGで表 現している。感情によって炎の色調が微妙に変化するのだ。この炎を実現させるために、液体力学の学術的な研究資料もたくさん集め、ナヴィエ・ストークス方 程式と呼ばれる方程式に基づいたものをCGに応用する技術の一部を利用している。それだけではなく、実写とCGの合成のため、ふたつのインタラクティヴ・ ライト・リグも使用している。ひとつはゴーストライダー役のフェイスマスクに、ランダムに点滅する発光ダイオードを散りばめたもので、この明滅が俳優の肩 を照らすことで、頭部が発する炎の照り返し効果が得られる。もうひとつは、ヘルバイク用で、地面とバイク本体を照らすよう、車輪に取り付けられた。・・・ 炎は本物みたいで違和感が全然なかったけど、ジョニーがゴーストライダーに変身する様子はいきなりでなんか変だった。

Gr005ロケ地は、オーストラリアの メルボルン。ジョニーと父がバイク・ショウを行うスタジアムとして使用されたのは、ヴィクトリア時代の観覧席があるメルボルン・ショウグラウンズ。一方、 クライマックスの舞台となるメキシコの荒れ果てた町は、巨大セットを建設して撮影されている。・・・そういえば、途中に映る満月はちゃんと北半球の画だっ た。お月様はオーストラリア(南半球)で撮らなかったのかな?、それとも180度回転させたのかな(笑)。

マーベル・コミック 日本語ファンサイト 
お奨め。コミック画が見れるのは無論で、漫画でのキャラクター関係図が見れたり、マーベルが版権を取得した後の歴史が見れたり、ゴーストライダーの身長や体重や設定が見れたりして面白い。

Gr002_2
 

|

« 『バベル』に興味津々 | トップページ | 劇団四季『ブラックコメディ』in名古屋ミュージカル劇場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/5600726

この記事へのトラックバック一覧です: 126: ゴーストライダー:

» ▲ 『ゴーストライダー』 [映画の感想文日記]
2007年。 SPE. GHOST RIDER. マーク・スティーヴン・ジョンソン監督・脚本。 ニコラス・ケイジ。エヴァ・メンデス、ウェス・ベントリー、サム・エリオット、ドナル・ローグ、メフィスト役で『イージー・ライダー』の... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 18時01分

» ハーレーダビッドソンのカスタムを考えた。 [ハーレーカスタムブログ]
ハーレーダビッドソンのカスタムを考えた。ハーレーダビッドソン、というバイク。 半ばカスタムが当たり前かの様な印象を受けます。ハーレーはカスタムバイク製作からパーツ製作までてろてろなお店もありますし、カスタムパーツの種類も半端じゃありません。またハーレーの楽しみの1つがカスタムすること、又はカスタムパーツ自体の場合もありますねぇ。かく言う自分もカスタムすることもカスタムパーツを見�... [続きを読む]

受信: 2007年3月 9日 (金) 08時19分

» ニコラスご機嫌♪ ☆ 『ゴーストライダー / GHOST RIDER』 ☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
公開から遅れること数日、楽しみにしてた本作を観てきました〜〜♪ マーベルのダーク・ヒーロー【ゴースト・ライダー/ジョニー・ブレイズ】を、ニコラス・ケイジが嬉々として演じてるのが伝わってきて、観てる私も楽しかったー(o^-^o) それにしてもドクロ顔に炎を纏い、...... [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 23時00分

» 映画「ゴーストライダー」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Ghost Rider アメリカンなマーベル・コミックスの映画化だけに、いたるところに漫画チックなところがあるけど悪魔だろうと善人だろうと、そんなことどうでもいい痛快さがある バイクスタントライダーのジョニー・ブレイズ(ニコラス・ケイジ)は父親が癌で余命幾... [続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 02時53分

» ゴーストライダー−(映画:2007年33本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:マーク・スティーヴン・ジョンソン 出演:ニコラス・ケイジ、エヴァ・メンデス、ウェス・ベントリー、サム・エリオット、ドナル・ローグ、ピーター・フォンダ 評価:80点 公式サイト (ネタバレあります) 俺も契約するから早く来てくれ。今すぐだ。 ....... [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水) 11時06分

» 【2007-33】ゴーストライダー(GHOST RIDER) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
彼は悪魔に、魂を売った 愛するものを、守るために その呪いによって、彼は ”ゴーストライダー”となる 拳(フィスト)にチェーン、魂(ソウル)に正義。 運命の鎖に繋がれたアナザー・ヒーロー。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水) 16時19分

» 「ゴーストライダー」観てきました。 [よしなしごと]
 宣伝のわりに、公開3週目にしてもうトップ10落ちしてしまった映画ゴーストライダーを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2007年3月29日 (木) 00時41分

» 「ゴーストライダー」 キャスティングに疑問 [はらやんの映画徒然草]
アメリカンコミック原作の映画は好きなので、早速観に行ってきました。 マーベルの原 [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 12時25分

« 『バベル』に興味津々 | トップページ | 劇団四季『ブラックコメディ』in名古屋ミュージカル劇場 »