« 128: ホリデイ | トップページ | 129: ナイトミュージアム »

2007年3月18日 (日)

名古屋ボストン美術館『アメリカ絵画 子供の世界』 『アメリカ車のデザイン1945-70年シャーフ・コレクション』

今日は楽しみにしていたオーストラリアF1GPの予選、本戦を見て、名古屋ボストン美術館に『アメリカ絵画 子供の世界』『アメリカ車のデザイン1945-70年シャーフ・コレクション』を観に行ってきた。

F1_001_1 F1はマクラーレン秘蔵っ子ルーキーのL ハミルトンが速くてビックリした。あたし的には要チェキドライバーじゃなかったけど、これからのレースでは目が離せなくなりそうだ。

そういえば、今年は日本GPが30年ぶりに富士スピードウェイでの開催だけど、ナイトレースをやるかもって話を聞いた。実現するかな? オーストラリアGPでもそんな話があったけど実現しなかったし、設備の問題に環境負荷の問題もあるし、どうかな?? 

Bo_001 『アメリカ絵画 子供の世界』面白かった。17世紀~18世紀の「子供は罪深い存在」って思想から、19世紀の「子供は純粋で善」って思想に変わっていくにつれて、肖像画に描かれている子供の表情も変化を見せていく。大人の顔した年寄りのような表情の顔から、はにかんだり甘えたりした表情が描かれるようになっていく。

「肖像画」は裕福な家庭の子供たちが描かれているけど、目を惹いたのがそうじゃない貧しい子供を描いた絵だ。りんごを暖炉で焼く少年、そして居眠りする靴磨きの子供。そして説明文にはこうあった。「当時、アメリカの都市には貧しい子供が大勢いたが、それはあまり描かれなかった。そして、貧しいのは怠惰だからだという考え方があり、そういった絵が好まれた」と。

Bo_002_1 『アメリカ車のデザイン1945-70年シャーフ・コレクション』面白かった。1930年代半ばから“工業デザイン”という考え方がでてきて、外装デザイナーが認められ花形職業になっていったらしい。

展示されたデザインをみると、当時のアメリカ人の憧れがわかって面白い。第二次世界大戦後、アメリカンドリームの時代、ソ連と宇宙進出を競いあってロケットに憧れた時代、コンセプトカーのデザインには、スキーやテニスに行く若者の姿が描かれ、ロケットを連想させる未来ちっくなカーデザインが描かれている。

・・・・・アメ車は好みじゃないけど楽しめた。

|

« 128: ホリデイ | トップページ | 129: ナイトミュージアム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/5885155

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋ボストン美術館『アメリカ絵画 子供の世界』 『アメリカ車のデザイン1945-70年シャーフ・コレクション』:

» 「アメリカ車のデザイン」展 [芸術に恋して★Blog★]
名古屋ボストン美術館 で開催されている、「アメリカ車のデザイン」展に行ってきた。展示されている作品はボストン美術館理事、フレデリック・シャーフ氏による1945年から1970年までのコレクションで、ジャンル別、時代別にデザイン画が... [続きを読む]

受信: 2007年4月 2日 (月) 10時23分

« 128: ホリデイ | トップページ | 129: ナイトミュージアム »