« 131: クローサー | トップページ | 133: M:i:III ~ミッション・インポッシブル3 »

2007年4月 5日 (木)

132: クライシス・オブ・アメリカ

原題 : THE MANCHURIAN CANDIDATE

Ku_001_1

監督 : ジョナサン・デミ
製作 : ジョナサン・デミ
脚本 : ダニエル・パイン
原作 : リチャード・コンドン , ジョナサン・デミ
音楽 : レイチェル・ポートマン

出演 : デンゼル・ワシントン , メリル・ストリープ , リーヴ・シュレイバー , ジョン・ヴォイト

収録時間 : 130分
制作 : 2004  アメリカ
公開 : 2005-03-26~
レンタル開始日 : 2005-07-22

『マイ・ボディガード』のデンゼル・ワシントン、『めぐりあう時間たち』のメリル・ストリープ共演による社会派サスペンス。洗脳した男を使い世界征服を目論む巨大企業と、その陰謀に気づき真相の究明に乗り出したひとりの将校の攻防を描く。

■■■さくら58点 レンタルDVD

科学と戦争、巨大企業の国家的陰謀、大統領選、湾岸戦争の精神的後遺症、真実と妄想・・・・・面白そうなんだけどなぁ~、惜しい!って感じ。なんか 白々しく感じちゃったのよね。扱ってる題材が大きいからか、描写が大雑把で惹き込まれる世界観を感じられなかったし、キャラクターにも魅力が無くて、 ちょっと残念。

あ、でも唯一、ショーの母親に扮するメリルストリープの“恐ろしさ”だけが見応えがあったし、ショーが涙したシーンの悲しみには貰い泣きしそうになったけどね。

Ku_002_1

Ku_003_1

Ku_004_1 

 

■2007/4/13追記:公のニュースになるぐらい、こういった研究開発って進んでいるんですね。当たり前なのかなと思う反面、ちょっとビックリしてしまいました。

【チップ移植で脳の記憶をアップグレード 2007年04月12日】

Berger_embed_chipこれは生きた脳細胞に働きかける史上初のシリコンチップです。全米の神経科学者、数学者、コンピュータエンジニア、バイオエンジニアの優秀な頭脳が集まって編成された南カリフォルニア大学(USC)の神経科学研究チームが作りました。

チップは約1平方ミリの超小型。まるで体の一部のように機能します。移植はまだ無理ですし、人間の脳神経が1000億ニューロンもあるのに対してチップはたったの1万2000ニューロンしかないですけど。

チームの目標は「いつか人間の記憶を保存できる機械をつくること」。脳に障害のある人や、アルツハイマーの患者さんたちを念頭に開発しているようですよ? 脳に働きかけるチップはその実現への第一歩。

|

« 131: クローサー | トップページ | 133: M:i:III ~ミッション・インポッシブル3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/5978258

この記事へのトラックバック一覧です: 132: クライシス・オブ・アメリカ :

« 131: クローサー | トップページ | 133: M:i:III ~ミッション・インポッシブル3 »