« 155: 21グラム | トップページ | 157: 眉山 »

2007年5月16日 (水)

156: スクール・オブ・ロック

いつになったら自分の意見が主張できるようになるのよ!
バタンッ!!
・・・・・!?

School_001

英題: SCHOOL OF ROCK

監督:リチャード・リンクレイター
製作:スコット・ルーディン
脚本:マイク・ホワイト
撮影:ロジェ・ストファーズ
音楽:クレイグ・ウェドレン
編集:サンドラ・エイデアー
衣裳:カレン・パッチ

キャスト:ジャック・ブラック  ジョーン・キューザック  マイク・ホワイト  サラ・シルヴァーマン

製作年: 2004年
製作国: アメリカ
日本公開: 2004年4月29日
上映時間: 1時間29分

ミュージシャンでもあるジャック・ブラックが破天荒なロッカー教師を演じるコメディータッチの人間ドラマ。名門小学校にそぐわないニセ教師と小学生たちがロックを通じて交流を深める、笑いと風刺、感動、そして涙ありの作品。

■■■さくら75点 レンタルDVD

昨夜見たコメディ映画。FM沖縄最長寿番組『スクリーンへの招待』の安谷屋眞理子アナが「ホリデイに出演していたジャック・ブラックが主演のコメ ディ映画でお奨め」と言っていたのでレンタルしてみた。あ、あたしはラジオでは聞けないので、Podcast配信を聞いてます、はい。

‘小学生がロック’といって、あたしが思い浮かべるのが、毎週日曜日にTBS系列で放送している『さんまのスーパーからくりTV』“からくり熱中少 年物語”のコーナーに出ているギター少年こと‘山岸竜之介くん’だ。お正月番組『さんま・玉緒のお年玉あんたの夢をかなえたろかスペシャル』に出てから、 ほとんど全部みている(笑)。当初5歳で幼稚園児だった彼も、今や小学2年生に・・・。ちょっとだけ彼らをダブらせながら、この映画を観た。

ジャック・ブラック、『ホリデイで』もイイ味だしてるなぁって思ってたけど、この映画はホントにハジケチャッテル感じが最高だった! 子供たちも キャラがたっていて良かったしね♪ あと、忘れちゃいけないのが、校長先生!! とっても‘クール’でした(笑)。意外性は無い展開なんだけど、とっても 面白かったです。

School_004 School_002

あたしは最近、友人の影響もあってジャズやフュージョンを聞いてるんだけど、やっぱりロックもいいなぁって思った。レッド・ツェッペリンの “Immigrant Song(移民の歌)”はやっぱりイイね、うん♪ あぁあ~~~・ア!あぁあ~~~・ア!で始まるあの歌ですね、はい。

YouTube動画   Led Zeppelin - Immigrant Song - SPOOF

 

----------
『SCHOOL OF ROCK』の題名、当初はあたまに‘THE'がついてたそうです。だからオープニングでは『THE SCHOOL OF ROCK』のネオンサインになってるらしいです。THEがつかない映画はヒットする(ホント?)という弦を担いだみたいです。School_005

|

« 155: 21グラム | トップページ | 157: 眉山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/6435195

この記事へのトラックバック一覧です: 156: スクール・オブ・ロック:

» 映画『スクール・オブ・ロック』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The School of Rock  -キュートでクールな物語- デューイ・フィン(ジャック・ブラック)が、一人舞台と言ってもいいぐらいの大活躍なのだが好感が持てる!ジャック・ブラックは実際にロック・バンドメンバーで主演をこなし乗りに乗っている。10歳の個性溢れる生徒... [続きを読む]

受信: 2007年5月16日 (水) 18時11分

« 155: 21グラム | トップページ | 157: 眉山 »