« 168: プレステージ | トップページ | 170: 初恋のきた道 »

2007年6月12日 (火)

169: HERO(2002)

衣の柔らかな質感 幻想的な色に見とれ 
悲しく切なく 高潔なドラマに酔いしれてしまう

Hero_004

原題 : HERO / 英雄

監督・脚本:張芸謀(チャン・イーモウ)
撮影:クリストファー・ドイル
衣装:ワダ・エミ

出演 : 李連杰(ジェット・リー) , 甄子丹(ドニー・イェン), 梁朝偉(トニー・レオン) , 張曼玉(マギー・チャン) , 章子怡(チャン・ツィイー) , 陳道明(チェン・タオミン)

収録時間 : 99分
制作 : 2002  中国
レンタル開始日 : 2004-01-23

戦乱の中国。後に始皇帝となる秦王のもとに、無名と名乗るひとりの男が、一本の槍と二本の剣を持って現れた。それは秦王の命を狙う3人の暗殺者、長 空、残剣、飛雪の武器。最強の刺客たちを倒した無名は、秦王への謁見を許され、3人を討った経緯を話し始めた。恋人同士だった残剣と飛雪。その愛と嫉妬を 利用して3人を殺した、と語る無名。しかし秦王は、無名の言葉に裏があることを見抜き、問いただす。すると無名は、これまでとはまったく別の物語を語りだ した…。

中国映画界を背負う監督、チャン・イーモウが、素晴らしい芸術を生み出した。今作は、紀元前200年の中国を舞台に、愛と復讐に生きた刺客たちの壮 絶なドラマを描いた大作。謎の男、無名の語りが軸となり、何が真実なのかわからない複数の物語が入り乱れていく。物語のパズルは、赤・青・緑・白と黒、そ れぞれの色で分けられ、その色彩が人間たちの感情を見事に表現していく。衣の柔らかな質感、幻想的な色に見とれ、悲しく切なく、高潔なドラマに酔いしれて しまう。

Hero_002

◆◆◆さくら82点 レンタルDVD

感動してしまった・・・・・心底、感動してしまった。シリアスな話では、ワイヤーアクションのわざとらしさが好きじゃないので、観る前はちょっと懐疑的な気持ちがあったのにもかかわらず、もの凄く巧みなその構成に、やられてしまった。

この映画では、ワイヤーアクションに全然‘わざとらしさ’を感じなかった。いや、‘わざとらしさ’は感じるんだけど、表現として必然のような気がし た。アクション、音楽、背景、全てが融合していて、とぉっても美しいのだ。その美の感覚・・・音楽、音、色彩、風景・・・にはもの凄く共感を覚えた。その 反面、大陸としての風景の多様さに異国だなぁって、かけ離れた感覚も覚えた。そして、時折差し込まれる舞台っぽい演出(と、あたしは感じたんだけ ど・・・)が、大層で物々しい雰囲気を醸し出していて、いい意味で‘中国の伝説’らしさがでていてよかった。全体として、圧倒的な美の世界を感じた。

登場人物の心情にも、時代や背負っているものに対しては、あたしとかけ離れた感覚と思う一方で、考え方の道理として凄く理解できる感覚とも思った。なんていうか、近い感じ。。。“天下”(←ネタバレ)に込められた‘男たち’の思いは切なく尊い。「英雄」は歴史に名を刻んだ秦王だけでなく、彼らもそうであったと感じさせられた。カッコイイ! という言葉は軽くて不似合いにも感じるけど、本当にカッコイイなぁって思った。   

以前みた中国制作の歴史大河ドラマ、『康煕王朝(こうきおうちょう)』『西太后の紫禁城』も、この映画とは時代も雰囲気もかけ離れているけど、もの すごく面白かった。『HERO』の秦王役と『康煕王朝』の康煕帝役、どちらも陳道明が演じていたのを見て、彼には皇帝役がよく似合うなぁって感じた  ^^♪ 『HERO』の最後に映った「万里の長城」、始皇帝(B.C.259-B.C.210 『HERO』の中の秦王)が大長城に建設したんだけど、 康煕帝(1654-1722 『康煕王朝』の中の皇帝)の時代には、修復も満足におこなわれていなくてボロボロになった場面もでてきた。始皇帝は中国を初 めて統一し、中国史上はじめて皇帝と称したんだけど、となると思い出すのが『ラストエンペラー』の末皇帝・愛新覚羅溥儀(1906-1967)、その間、 約2100年、“天下”という言葉が重く感じられる。  

・・・この映画で、中国って奥が深いなぁって改めて感じた。それは、映画のストーリーにもだけど、その表現方法を見て強くそう感じた。ウチのTV画面でもこれだけ感動したのだから、映画館の大画面で、あの美しさを堪能したかったなぁ。。。。。

Hero_006_1 Hero_001  Hero_002_1 Hero_003  Hero_004_1 Hero_005  Hero_006 Hero_007  Hero_009 Hero_010  Hero_011 Hero_012  Hero_013 Hero_014  Hero_015 Hero_016  Hero_017 Hero_018  Hero_019 Hero_020  Hero_021 Hero_022  Hero_023 Hero_024  Hero_025 Hero_026  Hero_027 Hero_018_1

|

« 168: プレステージ | トップページ | 170: 初恋のきた道 »

コメント

そう言えば、だいぶ以前に深夜のTVでたまたま見かけてその映像の美しさに、椅子からころげ落ちるほど感動したのを思いだしました。 

^^ゞ   ^^♪

投稿: nono1 | 2007年6月14日 (木) 21時11分

ものすごく綺麗でした
西洋の感覚には無い色合いだと思いました ^^

投稿: さくらスイッチ | 2007年6月14日 (木) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/6744994

この記事へのトラックバック一覧です: 169: HERO(2002):

» 映画(HERO 英雄) [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
チャン・チィイー大好き。リンク:HERO 英雄 チャン・イーモウ監督とチャン・チィイーは当時恋人関係にあったと「wowow」に書いてあったけど、なるほど脇役といえども、登場人物で唯一綺麗で可愛いく好印象が残った。  ↑山紫水明の世界!?     ... [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 12時20分

» 中国と日本、中国のお茶伝説 [中国から見た中国と日本の違い]
 中国には6種類のお茶、緑茶、紅茶、烏龍茶、白茶、花茶、緊圧茶がある。各種類のお茶の加工法は同一ではなく、各種のお茶ごとにまた多くの品種が含まれている。お茶の名前は習慣上、産地を持って命名することが多い。中国の銘茶はとても多く緑茶の中の竜井、碧螺春、紅茶の...... [続きを読む]

受信: 2007年8月 8日 (水) 19時26分

« 168: プレステージ | トップページ | 170: 初恋のきた道 »