« 177: 憑神 | トップページ | 178: ボルベール <帰郷> »

2007年7月 1日 (日)

劇団四季『アイーダ』に感動!!

すっごく綺麗な舞台美術、印象的な色彩、力強い歌声、躍動感あるダンス、モードな舞台衣装、王道でありながらもグイグイ惹き込まれていく物語展開、もうすっごく良かった!、感動ものだった!!! ずっと楽しみにしていた劇団四季の『アイーダ』を観て来たんだけど、もうサイコーだったよぉ~~~。『ライオン・キング』もサイコーだったし、ディズニーと劇団四季って相性がいいんだねぇ♪♪♪
070701_03 070701_04_1


070701_08_1

で、あたしは今回初めて、観劇にオペラグラスの他にも“双眼鏡”を持参した。x10~x30の双眼鏡で、これを使ってみた。これが、スッゴク面白かったんですよぉ。

双眼鏡を使うと、メイクに使ってるゴールドのラメの煌めき、アイシャドーの微妙な色、悲哀に暮れる表情、テーブルの上のお皿に盛られている果物の種 類、机上に広げられた地図、並べられた化粧品(香油やアイラインかな?)の容器、お洋服の装飾品からシルバーの指輪まで、しっかり見えちゃう。もちろん、双眼鏡はチラッチラッと使うくらいで、大部分は肉眼で楽しんだんだけどね。でも、肉眼だけでは見えないところも見ることが出来て、楽しかった。

この双眼鏡、以前アフリカ旅行に行く前に購入したんだけど、ライオンやヌーやフラミンゴやカバを見たこの双眼鏡で、エジプトの将軍とヌビアの王女を 見ることになるとはねぇ。。。。。サファリで使うのは浮いてなかったけど、四季劇場で使うのは、いくら照明が落ちているとはいえ、微妙に浮いていた・・・ と思う。^^;

070701_07 ちなみに2階席の四列目をとったんだけど、四季劇場は小さいから、肉眼だけで十二分に楽しめる。2階席からだと舞台を斜めに見下ろす格好になるので、舞台の奥行きがしっかり感じられて、とっても気に入っている。

   

帰 りは、なんかスグには地下鉄に乗りたくなくて、一緒に観劇した友人と20分くらいゆっくりと歩いて帰った。そして、色々と感じたことを話し合ったんだけ ど、すっごく楽しかった。その後で入ったカフェで、名古屋での追加公演が12月初めまで決定してるんだけど、もっとロングランになるに違いないって、二人 で盛り上がってしまった。

彼女は、初・四季ミュージカルだったんだけど、エジプト旅行に行ってることもあって、『アイーダ』をあたし以上に気に入ったみたいだった。   

070701_06 070701_05_5

キャスト(あたしが観たとき)

アイーダ : 秋 夢子 
アムネリス : 佐渡 寧子
ラダメス : 福井 晶一
メレブ : 中嶋 徹
ゾーザー : 大塚 俊
アモナスロ : 石原 義文
ファラオ : 前田 貞一郎

070701_09

|

« 177: 憑神 | トップページ | 178: ボルベール <帰郷> »

コメント

わー!幻想的。
でも、悲しい恋のお話なんでしょ。

双眼鏡が笑えます、かわいい♪♪ ^^v

投稿: nono1 | 2007年7月 2日 (月) 06時55分

えっ!アフリカですか。
あっホントだライオン写ってる♪
(‥ )

投稿: nono1 | 2007年7月 2日 (月) 19時16分

そう、そうなんです、悲恋なんです。 (T_T) ぶわっ

ただ、その後の展開の受け取り方が、友人とあたしで違ったんですよ。最終的にあの物語を、ハッピーエンドとみるか、アン・ハッピーエンドとみるかは・・・???

>双眼鏡が笑えます

でしょお~ ^^v

画像はボケボケだけど、メスライオンはジープの近くに来たのを撮ったので、望遠で撮らなくても大きく写ってます、一応。画像左下の掘っ立て小屋で、出入国の手続きをしました。ライフルを持った国境警備の人達がいて、チョッと怖かったです。^^;

投稿: さくらスイッチ | 2007年7月 2日 (月) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/6989055

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季『アイーダ』に感動!!:

» 中国、空母建造に着手か サブシステム既に発注 [中国ニュースブログ、まるごと中国ニュース]
中国の軍事動向に詳しい民間軍事研究機関、漢和情報センター(本部カナダ)は六日、中国海軍が航空母艦の配電盤などサブシステムを既に国内企業に発注したとの情報を得たことを明らかにした。 同センターは、中国初の通常型空母建造へ向けた初期段階の工程が始まったと分析、空母は二○○九~一二年ごろに完成すると予測した。 中国では昨年三月、軍装備部中将が一○年までに空母を建造する可能性があると発言するなど空母建造への積極発言が相次いでいたが、建造着手の具体的な情報は初めて。 センターが中国...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 7日 (土) 10時35分

« 177: 憑神 | トップページ | 178: ボルベール <帰郷> »