« 204: 雲南の少女 ルオマの初恋 | トップページ | 206: フリーダム・ライターズ »

2007年8月13日 (月)

205: オーシャンズ13

リベンジは13倍返しで・・・

102


 

原題 : Ocean's Thirteen

監督 : スティーブン・ソダーバーグ
製作総指揮 : ブルース・バーマン
製作 : ジェリー・ワイントローブ
脚本 : ブライアン・コペルマン   デビッド・レビーン

音楽 : デビッド・ホルムズ
撮影 : スティーブン・ウィリアムス
編集 : スティーブン・ミリオン

キャスト : ジョージ・クルーニー ブラッド・ピット マット・デイモン アンディ・ガルシア ドン・チードル バーニー・マック エレン・バーキン アル・パチーノ

配給 : ワーナー・ブラザーズ

製作年 : 2007年    アメリカ
公開 : 2007年6月8日~/アメリカ  2007年8月10日~/日本
上映時間 : 122分

ダニー率いる犯罪集団オーシャンズ。そのひとりであるルーベンが、カジノ経営者バンクの裏切りで瀕死の目に遭う。敵討ちを誓ったダニーはメンバーを集め、新カジノのオープンを迎えたバンクを徹底的に潰そうとする。

◆◆◆さくら 62点 (劇場鑑賞)

友人の希望もあって鑑賞。11、12はレンタルDVDで見てるけど、もう随分前なので、金曜日にTV放映してた12を見て復習(笑)。で、13を見た感想は、思ってた以上でも以下でもなかったな・ってのが素直な感想。

“13”の動機は仲間のリベンジで、 ストーリーは2つの策略、そして成り行き上、プラス1の策略と合わせて、合計3つの策略が同時進行しながらストーリーは展開していく。物語はある意味結末 が分かりきっているので、派手でアップテンポな展開をあまり深く考えずに楽しむ、、、といった作りになっている。

登場人物は多いけど、そ れをカンバセイション・ピースにして、友人と過去の映画についてあれこれ話すには楽しかった。それに、あたしはラスベガスには一度だけ行った事があるんだ けど、雰囲気を味わう程度にルーレットなんかも楽しんだ。そんな事も思い出しながら、あたしは映画を結構楽しんだ。

それに、今回は動機が仲間のリベンジということもあって、オーシャンズの絆のようなものが、‘大げさじゃない感じ’で感じられたのがヨカッタな♪

   

-----
個人的には、ところどころに「おっ!」と思うショットがあったのもヨカッタ。

まず、オープニングすぐのミッドナイト・ブルーの空を背景に、生成りっぽいジャケット+サングラス+右手のシルバーリングを身に着けたブラピが、風を受けている姿!、爽やかでかっこよかった。

あ と、ジョージ・クルーニとブラピが川の欄干に寄りかかって話すシーン・・・背景がステキで、まだ日が落ちきらなくてチョット明るいんだけど街路灯は灯って いて、建物は川沿いの街路樹の緑に隠れ気味、川面の様子も雰囲気があって一見穏やかな空気が感じられる・・・は、とても好きなショットだった。

そして、街の様子を写す時も、全体に影も含めて青っぽい色調にされてるショットがあったりもした。トコロドコロ色彩が調整してあって、それにどういう意味があったのかは判らなかったけど、印象的な雰囲気を醸し出していた。

-----  
結 構、日本っぽいのが登場したのも、単純なあたしは面白かった。「クボタ」「煎茶」「相撲」とかね。あ、相撲といえば、武蔵丸vs曙が本人同士で勝負する シーンを撮ったらしいんだけど、カットされてた。相撲のシーンはあったんだけど、別人だった。よね?曙太郎だけは出てた??あれがそうだったのかな・・・ 違うよね???

-----    
101ところどころに、壁に絵が掛かっていて、あれって初期のピカソっぽい、とか、タッチがモネっぽいとか想ったけど、一瞬でよくわからなかった。が、唯一、ドアップで登場したので判りやすかったのが、グスタフ・クリムト「フリッツァ・リートラーの肖像(1906)」だった。もしかして・・・・・Gustav_klimtfritz

  

以下、登場人物説明です。11、12の人物が把握できている人には無用だけどね。

Danny
ジョージ・クルーニー : ダニエル・オーシャン
言わずと知れたオーシャンズの頭脳。

    
Rusty
ブラッド・ピット  : ラスティ・ライアン
オーシャンズの実行隊長的存在。カジノ強盗(“11”)後は分け前の全額を投入してホテルオーナーになったが、経営は火の車で散々な状況下。他の仲間たちは『何かあったらまずラスティ』と思っているため、ラスティがむしろボスというイメージがあるようだ。

     
Linus_2
マット・デイモン  : ライナス・コールドウェル
スリ専門の窃盗。父親も名の知れた窃盗。“11”以前は、電車内で財布をスるという生活を送っていた。

     
Frank
バーニー・マック  : フランク・キャットン
ラスベガスの賭博界から追放されたイカサマディーラー。人種論者。極端な手フェチ・爪フェチ・ネイルサロン好きが高じて、現在はネイルサロンを経営。カジノ強盗(“11”)後しばらくはラスティと行動を共にしていた。

    
Basher
ドン・チードル  : バシャー・ター
兵器・爆発物の専門家。腕は立つが仲間に恵まれず、パッとしない強盗団を率いていた。カジノ強盗(“11”)後はラッパーに転向。しかし放送禁止用語ばかり口にしてしまいパッとせず。

     
Virgil_and_turk_2_7 Virgil_and_turk_1
ケイシー・アフレック : バージル・モロイ
双子のモロイ兄弟の兄。弟との仲は悪いが何故かいつも一緒にいる。

スコット・カーン  : ターク・モロイ

双子のモロイ兄弟の弟。兄との仲は悪いが何故かいつも一緒にいる。

        
Yen
シャオボー・クィン  : イエン
軽業師。かつては雑技団に属していた小柄な中国人。カジノ強盗(“11”)の分け前でマイアミに豪邸を購入し自由に過ごしていたが、手を付けた事業は失敗し美人モデルとの関係もうまくいかず散々な状況だった。

       
Livingston
エディ・ジェイミソン  : リヴィングストン・デル
電気・通信の専門家。いつもどことなく挙動不審でオドオドしている。親と同居している。

        
Reuben
エリオット・グールド  : ルーベン・ティシュコフ
大金持ちの資産家、実業家。同業者のベネディクトに個人的な恨みを持っていた。

       
Saul
カール・ライナー : ソール・ブルーム
往年の詐欺師だが、高齢で胃潰瘍持ち。

        
Terry
アンディ・ガルシア  : テリー・ベネディクト
“11”でオーシャンズが狙った3つのカジノのオーナー。表の顔はカジノ経営の日々全てを掌握する有能な男。裏の顔は目的に手段は選ばない冷酷非道な男。警戒心が強く目的に手段を選ばない性格。“12”では利害の一致したナイト・フォックスと取引をする。

        
012_2
ヴァンサン・カッセル  : フランソワ・トゥルアー “ナイト・フォックス”
貴族の称号を持ち、金も暇も持て余すフランス人。しかしその裏の姿は数々の困難な強奪を華麗に成功させてきた大泥棒。現場に黒い狐の置物を残すことからナイト・フォックスと称される。

 

-----
ジュリア・ロバーツ : テス
ベネディクトの元恋人。そしてオーシャンの元妻&現妻。夫にはもう盗みの世界から足を洗って欲しいと思っている。しかし人手不足を補う為に“12”では突如計画に巻き込まれてしまった。今回は、オープニングの飛行機内でのジョージ・クルーニーとブラピとの会話に出てくるのみ。

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ : イザベル・ラヒリ
ラスティの恋人。今回は、名前すら登場せず。

 

-----
以下から微妙なネタバレあります。っていうか、画像の羅列なんだけど、鑑賞前の人は見ないほうがイイと想う。
     

 

 


001  003_2 004_2

005 007_2 008

011 012_3 013

014 015 017

018 019 020

021 023 024

025 026 027

028 029  

-----
以下からネタバレあります。

  
  
    
   

ストーリーとしては、ルーベン・ティシュコフを裏切ったバンクにリベンジをする。バンクを金銭的にも大損させ、自尊心をも打ち砕くために、あらゆる策を練る。

1)まず金銭的損害を与えるために、人口頭脳によって統御されたカジノでイカサマをするために、壮大な仕掛を用意する。これが一番大掛かりだった♪

2)自尊心を打ち砕くために、“五つ星ダイヤ”(権威ある格付け)が最低になるように仕組む。これはちょっとコミカルで笑えた♪

3)プラス、資金援助のために組んだベネディクトから“五つ星記念に妻に用意しているダイヤモンド・ネックレス”を盗む事を条件に出される。ちょっとしたどんでん返しが面白かった♪

この3つの策略が同時進行で進んでいく・・・で、予定通りな結末にたどりつく、というそれだけのお話だけど、まあまあ面白かったな。でも、一見派手な仕掛も、気持ちとしては折込済みなので強烈なインパクトは薄いし、ハイテクな仕掛もちょっと大雑把でちゃちぃ感じ。でも、あたしはノリが好きな感じだったので楽しかったけど、期待し過ぎちゃった人は、ガッカリしちゃったかもね。。。。。(←あたしの友人です・笑)


-----
TVのチャリティー番組にココロ打たれているジョージ・クルーニとブラピ、ラストでTVでインタビューを受けるアンディ・ガルシアを見ている様子も、微笑ましかったなあ~。テリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア)、これがきっかけで慈善に目覚めたりしてね。

010そういえば、ブラピのこの変装・・・科学者というよりは、なんちゃってジョン・レノン って感じ(笑)。

マット・デイモンの鼻の変装も微妙~(笑)。あんな強烈な媚薬、あったらオモロイな。

あと、オーシャンズの顔写真をイジって別人にするシーン、面白かった。Dove Evolutionを思い出しちゃった。現在の‘修正’技術って素晴らしいね。

そういえば、どこかに「ゴッドファーザー」のパロディがあったらしいんだけど、あたしには判らなかった。^^;

“シナトラと握手”という台詞は『オーシャンと11人の仲間』に引っ掛けてあるんでしょうね、当然。

Oceans13_teaser_1sheet_2

 

|

« 204: 雲南の少女 ルオマの初恋 | トップページ | 206: フリーダム・ライターズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/7518481

この記事へのトラックバック一覧です: 205: オーシャンズ13:

» オーシャンズ13 [Akira's VOICE]
印象は残っても,中身は薄い。 [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月) 18時57分

» 映画「オーシャンズ13」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:OCEANS’S 13 11人で始まった犯罪ドリームチーム、オーシャンが率いるからオーシャンズ11、12から13へと続く流れをみると・・14では返済を迫られ新たな犯罪!? 仲間の1人ルーベン・ティシュコフ(エリオット・グールド)がパートナーのウィ... [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月) 19時55分

» オーシャンズ13 [小部屋日記]
Ocean's Thirteen(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:ジョージ・クルーニー/ブラッド・ピット/マット・デイモン/アンディ・ガルシア/ドン・チードル/バーニー・マック 粋でクールな男たちが帰ってきた! カリスマ詐欺師ダニー・オーシャンをはじめ、11人のプロフェッショナルが集まった犯罪チームが騒動を繰り広げる人気シリーズの第3作。 11は観ましたが、12を観てないせいか(?)人物設定でややわからないところがあり。もともと苦手なシリーズで、連... [続きを読む]

受信: 2007年8月14日 (火) 10時10分

» 『オーシャンズ13』(2007/米) [yassan'z log.]
個人的にも大好きな人気シリーズの最新作は、まるで少年ジャンプのキャッチ・フレーズのような「友情・努力・勝利」の物語でした。 [続きを読む]

受信: 2007年8月14日 (火) 12時35分

» 映画「オーシャンズ13」 [映画専用トラックバックセンター]
映画「オーシャンズ13」に関するトラックバックを募集しています。 [続きを読む]

受信: 2007年8月15日 (水) 23時24分

» movie「オーシャンズ13」 [恵理の裏表なしよ!]
08-15 レディスDAYでもあった昨日、観てきました「オーシャンズ13」 私としては、「グラストンベリー」を観たかったのですが、 彼*Hが、「オッサンズ13なら、行こうかな」って。 そんな映画をやっているんだと、そのまま鵜呑みに。 ま、暇だし、¥1000だし、いっっか〜〜。 と、渋谷のピカデリーで15:10の回を観るよう向かった。 渋谷の交差点で信号待ちしていると、目の前に、どでかいオーシャンズ13の看板が!!! 途端、おかしくってしかたなかった。 一人なのに、笑ってしまった。 暑い日だった... [続きを読む]

受信: 2007年8月16日 (木) 19時56分

» 映画「オーシャンズ13」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2007年56本目の劇場鑑賞です。レイトショーで観ました。「オーシャンズ11」「オーシャンズ12」のスティーヴン・ソダーバーグ監督作品。ラスベガスのカジノホテルを舞台に、凄腕の個性豊かな犯罪チームが華麗に繰り広げる人気シリーズ第3弾。仲間の一人を窮地に陥れた冷酷...... [続きを読む]

受信: 2007年8月17日 (金) 10時00分

» オーシャンズ13(映画館) [ひるめし。]
ド派手なリベンジにしようぜ。 [続きを読む]

受信: 2007年8月17日 (金) 14時10分

» オーシャンズ13−(映画:2007年87本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、アンディ・ガルシア、ドン・チードル、バーニー・マック、エレン・バーキン、アル・パチーノ、ヴァンサン・カッセル 評価:90点 公式サイト (ネタバレあり....... [続きを読む]

受信: 2007年8月17日 (金) 21時49分

» またしても… ☆『オーシャンズ13/OCEAN'S THIRTEEN』☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
人気シリーズの第3弾。 本作も監督は、スティーヴン・ソダーバーグ。 毎作思うんだけど、どうしてこんな豪華メンバーが揃った作品なのに、イマイチ面白くないんだろう? ――って思うなら観なきゃ良いんだけど、つい“今度こそは…”って期待しちゃったのよねぇ f^_^; ...... [続きを読む]

受信: 2007年8月17日 (金) 23時58分

» オーシャンズ13 2007-44 [観たよ〜ん〜]
「オーシャンズ13」を観てきました〜♪ オーシャンズのチームの一員ルーベン(エリオット・グールド)は、ホテル王バンク(アル・パチーノ)とラスベガスでホテルの共同運営する計画をしていた。しかしお人よしのルーベンは、寸前のところで騙されて全財産を失ってしまう。さらに悪いことにショックで入院することに・・・そんなルーベンを見てダニー(ジョージ・クルーニ)は、ラスティ(ブラッド・ピット)、ライナス(マット・デイモン)等のチームを召集する・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、あ... [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 07時15分

» 『オーシャンズ13』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『オーシャンズ13』を観ましたカリスマ詐欺師ダニー・オーシャンをはじめ、11人のプロフェッショナルが集まった犯罪チームが騒動を繰り広げる人気シリーズの第3作オーシャン率いる強盗チームが、友情と復讐のために強盗計画を実行していく姿を描くエンターテーメント大作...... [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 10時03分

» オーシャン13&黒の契約者&パパとムスメ [別館ヒガシ日記]
黒の契約者は束縛されたいミサキ死にウェ霊安から消え李カッコ良くて パパとムスメは最終回で元に戻り商品も発売で違う果の部長に昇進して 内容に関しては舘さんと新垣結衣の入れ替わりは面白かったと思うけど 選挙や世界陸上の影響で7話で終了で短く最低10話は欲しいよね... [続きを読む]

受信: 2007年8月21日 (火) 10時22分

» ★「オーシャンズ13」 [ひらりん的映画ブログ]
いやーー歴史を感じますなぁ。 ひらりん的映画ブログの開始当初に観に行った「〜12」の続編がやってきました。 当時は「〜11」と「オーシャンと11人の仲間」までビデオ鑑賞して望んでました。... [続きを読む]

受信: 2007年8月24日 (金) 03時05分

» 「オーシャンズ13」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
シリーズ物の映画なのに第1作目を見ないまま、それ以降の作品を見ているというケースが自分の場合は結構在る。「スクリーム」を見ないで「スクリーム2」を見たり、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」を見ないで「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」&「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」を見たりといった具合だが、今回の「オーシャンズ13」も同様に第1作の「オーシャンズ11」及び第2作の「オーシャンズ12」を未見のままに鑑賞する事となった。 ************... [続きを読む]

受信: 2007年8月26日 (日) 01時06分

» オーシャンズ13!豪華キャストだけれど・・・・。 [銅版画制作の日々]
   8月10日、MOVX京都にて鑑賞。実は過去の作品はすべて未見の私ですキャスト陣が、あまりにも豪華なので観なきゃ損かなと思い、行って参りました。 オーシャンズとは?天才的な頭脳犯、変幻自在の詐欺師、凄腕のハッカーから爆破のスペシャリストに至るまで、その道では誰にも負けないワザを持つプロフェッショナル集団ジョージ・クルーニー扮するダニー・オーシャンが率いるチーム。 さて今回の目的は?というと、仲間のリベンジ最古参のメンバーが、信じていた相手に裏切られ死の淵に追い込められたあま... [続きを読む]

受信: 2007年8月28日 (火) 19時45分

» オーシャンズ13 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『ド派手なリベンジにしようぜ。』  ●関連作品レビュー● ・シリーズ第1弾「オーシャンズ11」 ・シリーズ第2弾「オーシャンズ12」  コチラの「オーシャンズ13」は、豪華キャスト共演の人気シリーズの第3弾となる8/10公開になったスーパー・エンターテインメント・...... [続きを読む]

受信: 2007年8月31日 (金) 00時04分

« 204: 雲南の少女 ルオマの初恋 | トップページ | 206: フリーダム・ライターズ »