« 209: シッコ | トップページ | 211: ミス・ポター »

2007年9月 6日 (木)

210: トランスフォーマー

ちなみにリアリティは無い ^^

Frenzytransformers

英題 : TRANSFORMERS

監督 : マイケル・ベイ
脚本 : アレックス・カーツマン / ロベルト・オーチー
音楽 : スティーヴ・ジャブロンスキー

キャスト : シア・ラブーフ ミーガン・フォックス タイリース ジョン・ヴォイト アンソニー・アンダーソン ジョン・タートゥーロ

上映時間 : 144分
製作 : 2007年 アメリカ
日本公開 : 2007年8月4日

撮影に関しては、アメリカ国防総省やアメリカ軍の全面協力が得られたため、マイケル・ベイと軍の綿密な打ち合わせが可能になり、本作の中ではアメリ カ空軍が実際に映画の中のような敵に襲われた時、どのように戦うのかを見ることが出来る。また映画に登場するエキストラの兵士達は、全員が現役軍人や元軍 人である。

また、近年のハリウッド映画にありがちなCGを多用した映画とは異なり、監督のマイケル・ベイの趣向で極力CGを排し実写の撮影を中心にしており、圧倒的なリアリティを実現している。

未知なる地球外生命体の攻防に人間が巻き込まれ、それを主人公の少年の視線を中心に描いたSFアクション超大作。あらゆるテクノロジー機器にトランスフォーム(変身)する能力を持つ“金属生命体”が・・・

◆◆◆さくら65点 劇場鑑賞(レディースデイ)

公開初日から一ヶ月以上過ぎて、今更だけど観に行ってきた。んで、思ったより全然面白かった。

あたしは、こういった映画の御都合主義な映像や展開が、結構好きだ。深いテーマ云々じゃない映画なんだから(良い意味でだよ!)、映像や展開の理由 は「その方がワクワクするから」「そのほうがカッコイイから」で十分だと思うし、それで納得できる。「ちょっとヘタレな少年の夢の世界」って感じのノリが 全編に行き渡っていて、あたしはそのノリに可愛げを感じた。

ちなみにリアリティは無い。金属生命体単体としてはあるけど、背景と合成した画面にはどうしようもない違和感はある。おまけに、シーンによるスケー ル感の違いもある。でもそんなの勢いでカバー、それいけやれいけトントン拍子、一気にクライマックスだ!、って感じで気にならない。なんの捻りもない展開 だけど、だからこそ安心して見ることが出来て、その単純なノリを楽しめる。建物は壊れるけど、残酷なシーンも無いしね。

何気に印象に残った風景もあった。オープニングの白い砂漠に軍用機が黒い影を落とすシーン、真っ赤な夕日をバックにした軍用機がまるで火の中から抜 け出すように炎の影を引いてフレームアウトする様子、どこまでも続く真っ白な砂丘と強い太陽の光が作る影・・・・・映画にありがちな“絵になる風景”にも かかわらず。

アメリカっぽいノリの楽しい映画だった。うん。

|

« 209: シッコ | トップページ | 211: ミス・ポター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/7822530

この記事へのトラックバック一覧です: 210: トランスフォーマー:

» 「トランスフォーマー」 まるでルービックキューブ [はらやんの映画徒然草]
「日本ノミナサン、コンニチハ、すてぃーぶん・すぴるばーぐデス」 「まいける・べい [続きを読む]

受信: 2007年9月 8日 (土) 23時05分

» トランスフォーマー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『未知なる侵略は トランスフォーム<変身>から始まる!』  コチラの「トランスフォーマー」は、スティーヴン・スピルバーグ製作&マイケル・ベイ監督が初めてコンビを組んだ8/4公開のブロックバスターSFアクションなのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ〜♪  ...... [続きを読む]

受信: 2007年9月10日 (月) 23時13分

» [映画] [「短歌と短剣」探検譚]
「トランスフォーマー」を観る。面白かった。シネコン最終1200円。 監督:マイケル・ベイ アメリカ サイコー!*1 このレベルで映像化してくれるなら、どの日本アニメでもどうか映像化して下さいと頼みたくなる。原作壊しても良いから。*2 まずはエンターティメントの為なら... [続きを読む]

受信: 2007年9月22日 (土) 20時34分

« 209: シッコ | トップページ | 211: ミス・ポター »