« 211: ミス・ポター | トップページ | Google's 9th Birthday »

2007年9月21日 (金)

212: ショートバス

人が持つ「繋がりたい」という深い欲求・・・

「この映画を通して語りたかったのは “人間は果たして孤独でいられるのだろうか?”ということ セックスという言語を通して 友人や家族といったさまざまな人間関係の問題に触れたかったんだ」  

「セックスは複雑なものなのに 往々にして単純に扱われる」


                     byジョン・キャメロン・ミッチェル監督

Shortbus_sub4_2Shortbus_sub2 Shortbus_sub9


原題 : SHORTBUS

監督 : ジョン・キャメロン・ミッチェル
製作総指揮 : ヴァウター・バレンドレクト 、アレクシ・フィッシュ 、マイケル・J・ワーナー
脚本 : ジョン・キャメロン・ミッチェル
音楽 : ヨ・ラ・テンゴ

出演 : ポール・ドーソン 、スックイン・リー 、リンジー・ビーミッシュ 、PJ・デボーイ 、ラファエル・バーカー 、ジェイ・ブラナン 、ピーター・スティクルス 、ジャスティン・ボンド

製作年度 : 2006年
製作国 : アメリカ
上映 : 101分

ニューヨーク。ソフィアはカップル・カウンセラー。様々なカップルの悩みを解決していく一方で、人には言えない悩みを抱えている。ジェ-ムズはハンサムなゲイ。人を受け入れることができず、自分をビデオ撮影するのを日課にしている。そんな彼をパートナーのジェイミーは心から愛している。二人に憧れる美男子セス。ジェ-ムズのストーカー、カレブ。ソフィアのダメ夫、ロブ。プロのSM女王、セヴリン。そしてそんなみんなが集うのがサロン“ショートバス”。7人はどこに行き着くのか?

 

◆◆◆さくら 65点 (ゴールド劇場)

“本当のセックスと愛” “全編モザイクだらけ”・・・なんて単語から、かなり過激な内容を想像して劇場に足を運んだ(笑)。がこれが見ているうち に、あ~これは日常の一部なんだなって感じになってくる。うん。登場人物たちが抱えるのは、特別なんかじゃない日常に感じる孤独感なんだなって分かってく る。テーマがハッキリしているぶん、話としてはある意味単調で、でもハートウォーミングな物語だった。  かな。 ^^;

・・・・・う~ん、でも実は正直言って、この映画に対して否定的な感情は持たないけど、かといって肯定的な感情も持ち難いというのが本音。この登場 人物たちの性にまつわる「孤独」「悩み」に対して、悲しいという感情があたしに湧いてこなかったからだと思う。つまり、なんとなくは分かるんだけど、共感 まで出来ないのだ。で、あたしが気付いたのは、「あたしってセックスの意味を深く考えた事が無いんだな Gakkari_3 」って事だ。だから、この手の「孤独」「悩み」(と単純にいってしまうとダメなのかな?)に対してのあたしの理解度が低いんだと思う。ただ、その「孤独」「悩み」自体には共感できなくても、それに向かい合う登場人物たちの姿には好感が持てた。

トコロドコロにはさまれるPOPなNYのCGアニメが素敵だった。それを使ったラストの表現がよかった。好きだな♪

 

◆ショートバスとは?

(1) アメリカの黄色いスクールバスの短い版。普通の子供は長いスクールバスに乗って学校に行く。その一方で、肢体不自由児、精神障害児、あるいは天才児など“特別ケア”が必要な児童のためのバス。

(2) NY、ブルックリンにある最先端の人々が集まるサロン。そこでは誰もが思いのままに愛を求める。 

   

◆俳優同士の信頼関係を重視した、慎重かつ楽しいオーディション。

Shortbus_report_main ちょっと変わった方法で行われたキャスティング。エージェントに頼らず、いろいろな雑誌やウェブサイトで呼びかけ、自分の性経験について語ったオーディション・テープを募集。結果、選ばれたのは、演技経験に関わらず、個性的で互いに信頼しあえる俳優たち。それから撮影開始まで、実に2年にわたってワークショップを行ったというから驚き。しかし、そのおかげで、ナチュラルで温かみのある映像を生みだすことができた。

   

◆結果として『ショートバス』は大人の物語になった

オーディションで選んだキャストたちとは2年間におよぶワークショップを開催。キャストとの対話の中で脚本を書き上げていくという異色のプロセスをとった。

「そ れぞれにとっての感情的なゴールを見つけ、正直になってもらう必要があったんだ。自分と役を関連づけ、どの方向に導いていくかを彼ら自身に探ってほしかっ た。例えば、(オーガズムを味わったことのないカップルカウンセラー、ソフィアを演じた)リー・スックインはアジア系の家庭に育ち、自己を抑圧しなくては ならないところがあった。だから、彼女は肉体と意識のバランスを上手に取ることを目標にした。また、(他人を拒絶するゲイのジェイムズを演じた)ポール・ ドーソンにはゲイに嫌悪感を抱いている家族がいる。そのため、彼は自分が悪い人間だと見なされている気になり、愛を皮膚で感じることができない状態にあっ たんだよ」。

リー・スックインやポール・ドーソンら、完成した『ショートバス』に登場するキャストたちは“ゴール”にたどり着いたのだろうが、それが叶わなかった者たちもいるという。

「自分の体験や感情を役に吸収し、その上で自分と役を切り離せるかどうかが問題だったけれど、それが上手くできなくてナーバスになったり、僕たちのもとから去った役者もいる。それは監督としてとても悲しいことだったよ。去った役者たちの多くは若かった。だから、結果として 『ショートバス』は大人の物語になったけれど、自分の変化を見つめる物語という点では結果的によかったのかもしれないね」。Shortbus_jcm_2

  

◆「完璧じゃない自分自身と向き合うことが大事」リー・スックイン

Lee_sukin_sub1 今回のオーディション・テープの中身はどんなものだったのだろう?

「“最 も印象深い性的体験を語りなさい”という課題がオーディション参加者全員に与えられていたの。だから、私はティーンの時に抱いていた性に対する恐怖を語っ た。10代の頃って、オーガズムも体験していないし、自分に対しても他人に対しても性的に居心地が悪くなってしまうものでしょう? けれど、年齢を重ねる につれ、セックスに対して自分なりの喜びを見出せるようになる。そういった心の変化を語ったのよ」。

ソフィアのキャラクターは、テープの中で語られた内容がもとになって生まれたという。ということは、ソフィアはスックイン自身でもあるのだろうか?

「イ エスでもあり、ノーでもあるわ。どの役を演じる時も自分を投影するものだけれど、ソフィアの場合は自分の最も恥ずかしい部分を集めたと言えるかな(笑)。 ただ、自分自身をスクリーンに映すことに興味はないから、キャラクターはきちんと作り上げたつもり。私が語ったのはティーンの頃の思い出だけれど、“自立 した大人の女性がそういった悩みに直面していたら面白いんじゃない?”と提案したの。だから、ソフィアを見て、“これ、本当に私が演じたの?”と思うこと もあるのよ」。

 

◆かわいくPOPなニューヨークのCGアニメ

作ったのは『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のアニメーターであるジョン・ベア。
Shortbus_sub4_2
“あなたは1人じゃない”。本作に流れるのは、そんな心の底からの優しいメッセージ。7人の暗闇に希望の光が灯される圧倒的なラスト。なんともカタルシスに満ちたハッピーな感動が、我々を包み込み、そして励ましてくれる。 

 

2003年北アメリカ大停電

2003年ニューヨーク大停電(Northeast Blackout of 2003)は、2003年8月14日PM04:00過ぎにアメリカ合衆国、カナダにまたがる北東アメリカでおこった世界最大規模の大停電である。2006年に日本で起きた首都圏大規模停電をはるかに上回る約5000万人が被害を受けた。ニューヨークに大きな被害をもたらしたことで、日本ではニューヨーク大停電とよばれるが、ニューヨークだけではなく、ほかの州やカナダにまで被害をもたらしたことから、アメリカやカナダでは北アメリカ大停電や北東アメリカ大停電などとよばれる
  
  
2007/08/20 シネマ・トゥデイ


愛か? ポルノか? 今、世界中で論争が巻きおこっている問題作が間もなく日本でも公開される。

 『ヘドウィグ・アンド・アングリー インチ』で世界中から注目を集めたジョン・キャメロン・ミッチェルの新作『ショートバス』だ。ニューヨークを舞台に、人とのつながりや愛を求めてさまよう 男女7人の姿を見つめたヒューマンドラマで、全編を彩るセックスシーンは、あまりにリアルで過激。そのきわどい内容に主演のリー・スックインがDJを務め ている本国(カナダ)のラジオ局から『ショートバス』に出演したらクビだと脅されていた。

 しかし、本作の芸術性を高く評価している各界の著名人が、彼女をクビにするといったラジオ局に、匿名で嘆願の手紙を送りつけ、事なきを得た。その匿名の著名人たちというのがすごいメンツ。

 オノ・ヨーコ、ジュリアン・ムーア、フランシス・フォード・コッポラというそうそうたる顔ぶれだ。 続き・・・

|

« 211: ミス・ポター | トップページ | Google's 9th Birthday »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/8038310

この記事へのトラックバック一覧です: 212: ショートバス:

» 映画「ショートバス」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Shortbus ヨガまがいのポーズでオナニーする男、それを崇高な眼差しで盗み見るストーカーな男、激しいセックスにもオルガスムスを知らないセックスカウンセラー・・・ ジェイムズ(ポール・ドーソン)とジェイミー(PJ・デボーイ)はゲイのカップル、ソフィア(ス... [続きを読む]

受信: 2007年9月22日 (土) 02時15分

« 211: ミス・ポター | トップページ | Google's 9th Birthday »