« 秋雨前線 | トップページ | 212: ショートバス »

2007年9月20日 (木)

211: ミス・ポター

最近始めて意見が一致したの
お互いを理解できないってことで(笑)

Potter001_2  

原題 : Miss Potter

監督 : クリス・ヌーナン
製作総指揮 : ボブ・ワインスタイン ハーベイ・ワインスタイン レネー・ゼルウィガー
製作 : アーニー・メッサー 他
脚本 : リチャード・モルトビー・ジュニア
音楽     ナイジェル・ウェストレイク
撮影     アンドリュー・ダン
編集     ロビン・セールズ

キャスト : レネー・ゼルウィガー ユアン・マクレガー ビル・パタソン エミリー・ワトソン

上映時間 : 92分
製作国 : アメリカ合衆国 イギリス
公開 : 2006年12月13日 イギリス  2007年9月15日 日本

青い上着をはおった愛らしいうさぎ、ピーターラビット。世界で一番有名なこのうさぎを生み出した女性こそが、ビアトリクス・ポターである。時は 1902 年、新世紀になってもヴィクトリア朝の封建的な空気が漂うイギリス。ポターのような上流階級の女性が仕事を持つことなどあり得ない時代だ。しかし彼女の夢 は、幼い頃に湖水地方で出逢った大好きな動物たちの絵に物語を添えて、絵本として世に出すこと。親がすすめる縁談を断り、アーティストとして生きることを 目指しているのだ。ついに出版を引き受ける会社が現れ、ピーターラビットと仲間たちの物語は、たちまちベストセラーとなる。

ミス・ポター byWiki : 史実との違いも書いてあります。

Potter003

 

◆◆◆さくら70点 レディースデイ

オープニングの「絵の具の青」の表現が美しかった。乾いた絵の具にミス・ポターの水を含んだ絵筆が触れると・・・・・・・、あ!ピーターの青いジャケットの色を作っているんだ・と気付くだけで既に、これから始まるミス・ポターの物語に惹き込まれていく。

それに続くポター(1866.7.28-1943.12.22)の初々しい恋の様子には、見ているこちらも一緒に胸が高鳴ってくる。あと、イギリス の美しい自然が、とても魅力的に写っていたのが印象深かった。水と緑、澄んだ空気と農場、遠くに見える山々・・・花の咲く白い石の家、飾り棚に置かれた ピーターラビットの絵。 。。。が可愛い♪

とはいうものの正直いって、これが実在の人物を扱っているからこそ物語は真実味を感じさせるけど、映画としてはベタな感じの展開になっている。で も、主役ポター役のレネー・ゼルウィガーの無垢な生命力を感じさせる笑顔と演技が、ポターの生き様をとても魅力的なものに感じさせてくれた。

Potter004

Potter005_2

大きな見どころのひとつは、イングランドの湖水地方での撮影が実現したこと。ポターが購入して農場を営み、遺言でナショナル・トラストに寄付した この地は、今もピーターラビットの物語の舞台として知られ、世界中から観光客が訪れる人気スポットである。その他、ロンドン各地、ホーム・カウンティ、マ ン島、オスタリーハウス、そして観光用に蒸気機関車を走らせるかの有名なブルーベル鉄道でも撮影を敢行、20世紀初頭の美しい風景が見事に再現されてい る。

ロケ地 

【ロウズ湖 Loweswater】

Loweswater 映画「ミス・ポター」の中でも湖水地方を描く美しい風景シーンの数々がロウズ湖畔で撮影された。ロウズ湖はイギリスを代表する詩人ワーズワーズの生 家(現在、ナショナルトラスト所有で見学可)の街として知られるクックマウスに近い湖水地方西部に位置し、木々の深い丘陵地は雄大でダイナミックとして知 られる。湖畔周囲4キロ弱のハイキングコースがある。

【ユー・ツリー・ファームYew Tree Farm】

Yewtreefarm2 ビアトリクス・ポターが最初の作品の印税で購入した湖水地方での棲家「ヒルトップ」は現存し、旅行者に公開されているが、「ヒルトップ」へ続く道は 車幅が狭く、撮影用キャラバンを駐車するスペースが充分にないなどの理由から、今回、この作品でポターの住まい「ヒルトップ」として実際のロケーションに 使われたのはユー・ツリー・ファーム。ここもかつてはポターが所有していた農場のひとつで現在はナショナルトラストが所有し、ジョンとキャロルの若き夫婦 が管理している。敷地内にB&Bがあり、宿泊可能。ポターが始めたティールームは今でもオープンしており、宿泊客でなくても訪問可能、ミートショップも併 設。

【ターヴェント湖】

Tavaento 1885 年から1903年までポター家は湖水地方での滞在先はケズゥイックの美しい景観に囲まれたターヴェント湖畔であった。映画では湖畔でスケッチをするレ ニー・ゼルウェガー演じるポターの様子が描かれているが、幼少期から避暑地として過ごした別荘での思い出は作品に大きく影響し、絵本の中に登場する人気 キャラクター、リスのナトキンやベンジャミン・バニーはここから生まれた。

【ラリッグ・ターンLoughrigg Tarn】

Loughriggtarn 湖水地方の中でも絶景地として知られるラリッグ・ターンから見渡せる風景は映画の中でも使われている。ここもナショナルトラストの所有地でグラスミアとエルター湖の間にあり、北西の方角にラングデール・パイクが眺められる。

【ターン・ハウズ湖 Turn Hows】

Turnhows ホークスヘッドの南にあるターン・ハウズ湖を含む周辺一帯も1929年にポターの所有地となり、現在はナショナルトラストに委ねられる。こちらも湖水地方を描写する象徴的な風景シーンの撮影地として選ばれる。湖畔周囲2.5キロ弱のハイキングコースがある。

 

    

ピーターラビットの住処を訪れよう
Cumbria & Lake District (カンブリア & 湖水地方)

|

« 秋雨前線 | トップページ | 212: ショートバス »

コメント

小さなビアトリクスは 
あのお庭で
妖精を見かけたんだよね

小さなころの夢を
持ち続けて
ついに叶えたんだね

悲しい運命の恋だったけど
負けることなく
乗り越えたんだね

かわいい数々の絵本
ビアトリクス
ありがとう

投稿: nono1 | 2007年9月21日 (金) 06時55分

「ありがとう」って
言われるの ステキ

そして
「ありがとう」って
言えるのも ステキ

投稿: さくらスイッチ | 2007年9月21日 (金) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/8037783

この記事へのトラックバック一覧です: 211: ミス・ポター:

» 映画「ミス・ポター」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Miss Potter その物語の初版登場は今から100と5年も前のこと、第1作の「ピーターラビットのおはなし」だけでも4500万部を超えいまも世界中に親しまれているという・・ ビアトリクス・ポター(レニー・ゼルウィガー)は少女時代、両親に連れられロンドンから避... [続きを読む]

受信: 2007年9月23日 (日) 01時49分

» 「ミス・ポター」 [SKETCHES]
私が絵を描いていて特にお手本にしている絵本画家は、「ムーミン」のトーベ・ヤンソンと、「ピーター・ラビット」の作者。どちらも特別に個性的なタッチではないけれども、ほのぼの... [続きを読む]

受信: 2007年9月23日 (日) 14時21分

» ミス・ポター [Akira's VOICE]
こらピーター,魔法を使っちゃダメ! [続きを読む]

受信: 2007年9月25日 (火) 10時13分

» ミス・ポター [小部屋日記]
Miss Potter(2006/アメリカ)【劇場公開】 監督:クリス・ヌーナン 出演:レニー・ゼルウィガー/ユアン・マクレガー/エミリー・ワトソン/ビル・パターソン/バーバラ・フリン/マッティエロック・ギブス ようこそ、 ピーターラビットが生まれた世界へ。 上品で暖かくなる、いい映画でした! 愛らしいうさぎのキャラクター“ピーター・ラビット”。 その誕生の影には知られざる感動のドラマがあった。 世界中でロングセラー、ベストセラーを誇る『ピーター・ラビット』の作者、ベアトリクス・ポターの半... [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 00時17分

» MISS POTTER☆ミス・ポター [銅版画制作の日々]
その恋が私を変え、私の絵が世界を変えた。 9月17日、MOVX京都にて鑑賞しました。「ピーターラビット」を生んだビアトリクス・ポターの物語。お話も素敵ですが、イギリスの湖水地方の景色もたまらなく美しく、心が和む映画です。 STORY 時は1902年、ロンドン。新しい世紀が訪れたが、イギリスはまだヴィクトリア王朝の封建的な空気が漂っている。ビアトリクス(レニー・ゼルヴィガー)は上流階級の子女。この時代そのような子女が仕事を持つようなことはあり得ない頃だった・・... [続きを読む]

受信: 2007年10月 2日 (火) 23時17分

« 秋雨前線 | トップページ | 212: ショートバス »