« 220: メメント | トップページ | 222: Gガール 破壊的な彼女 »

2007年10月23日 (火)

221: ディパーテッド

「Departed」 とは「死者」または「死に値する者」の意。

Departedposter1

英題 : THE DEPARTED

監督・製作 : マーティン・スコセッシ
製作 : ブラッド・グレイ / ブラッド・ピット
脚本 : ウィリアム・モナハン
撮影 : マイケル・バウハウス
衣装 : サンディ・パウエル
編集 : セルマ・スクーンメイカー
音楽 : ハワード・ショア

キャスト : レオナルド・ディカプリオ マット・デイモン ジャック・ニコルソン マーティン・シーン ビーラ・ファミーガ マーク・ウォールバーグ レイ・ウィンストン アレック・ボールドウィン

製作 : 2006年 アメリカ
日本公開 : 2007年1月20日
上映時間 : 2時間32分

香港映画「インファナル・アフェア(2002)」のリメイク
2006年第79回アカデミー賞受賞・・・作品賞/監督賞/脚色賞/編集賞

犯罪者の一族に生まれたビリー(レオナルド・ディカプリオ)は、自らの生い立ちと決別するため警察官を志し、優秀な成績で警察学校を卒業。しかし、 警察に入るなり、彼はマフィアへの潜入捜査を命じられる。一方、マフィアのボス、コステロ(ジャック・ニコルソン)にかわいがられて育ったコリン(マッ ト・デイモン)は、内通者となるためコステロの指示で警察官になる。

◆◆◆さくら78点 レンタルDVD

やっと鑑賞した。『第79回アカデミー賞最多4部門受賞』と話題になった作品だけど、見逃してしまってたのよね。香港映画「インファナル・アフェア(2002)」のリメイクらしんだけど、あたしはそちらも未見。

レオナルド・ディカプリオが、とてもかっこよかった。あの顔そのものは全くといっていい程かっこいいと思わないんだけど、スクリーンの中の彼はとても魅力的に感じられた。あたしとしては、もうそれだけで満足(笑)。ジャック・ニコルソンの存在感はピカイチだったけど、あたしとしては、もうちょっと押さえた感じの凄みが感じられた方が好みだ。マット・デイモンは、なんか野暮ったい感じでイマイチだった。以外にもマーク・ウォールバーグが雰囲気を引き締めていて、好印象が残った。設定が暗い割りに軽い流れなので、ちょっと変だなって思っても、そのまま受け流して受身で見れたので、あんな結末だったんだけど、見終えた後は「楽しい映画だったなあ♪」と思った。

その後でこの作品の感想をチラチラ読んだけど、アカデミー作品賞を受賞した割に、評判は芳しくなかったのね。あたしとしては「ええ~なんで???」って感じなんだけど、話の展開や人物が「浅い」のが不評みたいだった。

その「浅さ」がまったく気にならなかったあたしは、『第79回アカデミー賞四部門受賞』というので、これは面白い作品なんだという先入観で見ちゃったのかな、・・・・・あたしにとっては「楽しい映画だった」んだから、ま、いっか!^^

325647_002325647_001_2325647_005_2 325647_006325647_007325647_008325647_010325647_003_2325647_015_2
325647_004_2325647_012_5 325647_011325647_013325647_014325647_016325647_017_2


|

« 220: メメント | トップページ | 222: Gガール 破壊的な彼女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/8516572

この記事へのトラックバック一覧です: 221: ディパーテッド:

» ディパーテッド [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『男は、死ぬまで正体を明かせない。』  コチラの「ディパーテッド」は、1/20公開になった「インファナル・アフェア」のハリウッドリメイクなのですが、早速観てきちゃいましたぁ〜♪  あたしは、オリジナルが大好きなので、この映画に関しては多少辛口になってしま....... [続きを読む]

受信: 2007年10月23日 (火) 23時52分

« 220: メメント | トップページ | 222: Gガール 破壊的な彼女 »