« 229: ヘアスプレー(2007) | トップページ | 231: ラブソングができるまで »

2007年11月 9日 (金)

230: ダーウィンの悪夢

ヴィクトリア湖から見た グローバリゼーションの姿

Da_007_1

原題 : Darwin's Nightmare

監督 : フーベルト・ザウパー
制作 : フーベルト・ザウパー , エドワール・モリア , アントニン・スフォボダ , マルティン・フシュラハト , バルバラ・アルベルト

制作 : 2004  フランス  オーストリア  ベルギー
日本公開 : 2006年12月23日
レンタル開始日 : 2007-07-06
収録時間 : 105分

数百種の固有種のすみかで、“ダーウィンの箱庭”と呼ばれていたヴィクトリア湖(アフリカのタンザニア)に放たれた外来魚が巻き起こす悪夢を追ったドキュメンタリー。カメラはナイ ルパーチ景気に湧く魚輸出業者と、新しい経済が生み出した貧困の光と影を映し出す。そして、魚を運ぶためにアフリカにやってくる飛行機が積んでいるものの 正体が、徐々に明らかになっていく。

◆◆◆さくら62点 レンタルDVD

あたしは日本以外の場所に住んだことが無い。このドキュメンタリーのタンザニアにも行った事はあるが、あたしの見たその姿とは大きく違っている。当 たり前だけど。あたし自身は日本にジッとしているけど、あたしの身の回りには、日本以外のモノで溢れている。つまり、あたしも、知らなくても関わっている んだよねぇ、ナイルバーチにも、それ以外にも。

ナイルバーチを、タンザニアのヴィクトリア湖から見たのと、日本のスーパーから見たのでは、その姿は大きく違っている。そのギャップを感じさせられるこのドキュメンタリーは怖かった。

..........................................................................................................................................................................................................................................

余談その1  ( ^o^)( ^-^)(^~^) モグモグ♪

Map
スープカレー◆ 豚肉 ・・・デンマーク産、国産、その他 / 玉ねぎ ・・・国産 / 人参 ・・・国産、アメリカ産 / じゃがいも ・・・国産 / なす ・・・タイ産、インドネシア産 / オクラ ・・・中国産、ベトナム産 / 鶏卵 ・・・国産 / 米 ・・・国産  ◆ドーナッツ 小麦粉 ・・・アメリカ・カナダ・オーストラリア・国産 / フライ用油 ・・・マレーシア、カナダ、アメリカ  ◆コーヒー豆◆  コロンビア、エル・サルバドル

上記は、ある日のあたしの昼食+おやつ(外食)なんだけど、この時、興味本位で調べて書き出してみて「凄っ!」と思った。これらの背景 に何があるかなんて、あたしには分らない。アフリカ大陸じゃなくても、何かあるかもしれないし、何も無いかもしれない。でも、たったこれだけの食べ物の中に、こんなに沢山の場所と関わっているなんて、ちょっ と驚いた。流通も考えたら、沢山の企業とも関わっているだろう。「食べる」という行為に対して、ホントに(料理して)食べるだけのあたし、・・・・「知らないこと」は多い。もちろん、食べ物だけに限らない。世界と無関係では生きていけない。
      

余談その2 あたしの見たタンザニア

20071106a_220071106b

このドキュメンタリーにも、タンザニアの子供たちや画家が登場したので、ピックアップしてみた二枚の画像。

左の画像は、あたしが会った子供たちで、撮ったのは小学校の校庭。この後で、授業風景も見学したけど、笑顔がとても可愛かった。

右の画像は、ロウケツ染めをしている作家のアトリエ。一枚を仕上げるのに数ヶ月を要するそうで、予約で一杯らしい。あたしはここに案内してくれた知人が予約していた作品を気に入ってしまったので、無理を言って譲ってもらい購入した。それは画像に写っていないけど、躍動感のあるとてもイイ感じの作品だ。


..........................................................................................................................................................................................................................................

2007年4月16日【『ダーウィンの悪夢』 ~どんな映画?】  映画の背景とフーベルト・ザウパー監督の記者会見 

News_1110 この映画は魚についての映画ではなく、人間についての映画だということです。例えば、東京でスーパーマーケットにおいてある、どんな製品を見ても、バナナでも魚でも肉でもみな同じような物語があり、破壊的な出来事がその裏にはあると思います。それを見る目を持っているかどうかが問題なのです。ボイコットがあったということを申し上げましたが、映画を理解する際に誤解が・・・・・

来日してから多くのインタビューを受けていて、必ず出る質問がふたつあります。ひとつは「この映画では“飢餓”を描いているが死に掛けている人はいない。武器の話はしているが武器自体は映画に出てこない。カラシニコフの映像は出てこない。証拠があるのかどうか見せてほしい」というものです。もうひとつの質問は「(アフリカに)色々な問題があることは映画を観てわかりました。ではどうしたらいいか教えてください」というものです。私がアフリカに行って映画を撮ったのは、アフリカで起こったことを証明するためでは・・・・・続き

 

 

|

« 229: ヘアスプレー(2007) | トップページ | 231: ラブソングができるまで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/8767012

この記事へのトラックバック一覧です: 230: ダーウィンの悪夢:

» 映画『ダーウィンの悪夢』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Darwin's Nightmare かつてダーウィンの箱庭といわれたアフリカ最大の湖ヴィクトリア湖、いまや肉食魚ナイルパーチが異常繁殖、もはやナイルパーチさえ滅びる悪夢が・・・ ヴィクトリア湖は多種多様な生物の宝庫だったという、そこに放たれ... [続きを読む]

受信: 2007年12月23日 (日) 11時28分

« 229: ヘアスプレー(2007) | トップページ | 231: ラブソングができるまで »