« 248: 海を飛ぶ夢 | トップページ | 250: ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決 »

2007年12月12日 (水)

249: シンデレラマン

つらい思いをするのは男? それとも女?
   
女は男の決意を見守るだけ そして男は女を失望させたと悩む
    
でも 悪いのは世の中よ 
・・・・・時は1930年代 世界恐慌時代

Cinderella_man03

英題 : CINDERELLA MAN

監督 : ロン・ハワード
製作 : ブライアン・グレイザー / ロン・ハワード / ペニー・マーシャル
脚本 : アキヴァ・ゴールズマン / クリフ・ホリングワース
撮影 : サルヴァトーレ・トチノ
音楽 : トーマス・ニューマン
キャスト : ラッセル・クロウ レニー・ゼルウィガー コナー・プライス ポール・ジアマッティ クレイグ・ビアーコ ブルース・マッギル

製作 : 2005年 アメリカ
日本公開 : 2005年9月17日
上映時間:    2時間24分

実在した伝説のボクサー、ジム・ブラドックの生きざまを描いた実話ドラマ。前途有望なボクサーとして活躍していたジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)は、1929年、右手の故障がきっかけで勝利に見放され、引退を余儀なくされ る。時を同じくして大恐慌がアメリカを襲う。生活に困窮したジムは、妻メイ(レネー・ゼルウィガー)と3人の子供を抱えつつ、過酷な肉体労働でわずかな日 銭を稼ぐが・・・・・ キネマ旬報DB / MovieWalker

◆◆◆さくら61点 レンタルDVD

家族の絆、国を愛する気持ち、希望をストレートに表現してるので、見ていてスカッと気持ちがいいし、家族の絆を必死に守ろうとする姿にも心をうたれた。

そして、当時の様子、特に、セントラル・パーク(ニューヨーク)には目を覆った。 。。。

Cinderella_man01

以下、モデルになったボクサーや時代背景について。

.........................................................................................................................................

ジェームス・J・ブラドック by wiki

Jamesbraddock02 ジェー ムス・J・ブラドックまたはジム・ブラドック(1905年6月7日 - 1974年11月29日)はアイルランド系アメリカ人プロボクサー。本名はジェームス・ウォルター・ブラドックといい、リングネームのJはジェームス・ J・コーベットとジェームス・J・ジェフェリースという2人の元世界王者の名前からきている。史上最も大きな番狂わせをおこして世界王者になったとして知 られており、2005年にはそれを実写化したシンデレラマンという映画が作られた。

*24歳 1929年 - トミー・ローランの持つ世界ライトヘビー級王座に挑戦するも、15R判定負けし失敗する。直後から戦績に負けが込むようになり、しだいに王座挑戦の最前線からフェードアウトしていく。
*29歳  1934年 - ライセンスを失効され引退したが、試合をするチャンスを掴みコーン・グリフィンとジョン・ヘンリー・ルイスに勝利を収め、世界王座挑戦の機会を得る。
*30歳  1935年6月13日 - マックス・ベアーの持つ世界ヘビー級王座に挑戦。絶対不利の予想を覆し、15R判定勝ちを収めて世界王者になる。
*32歳  1937年 - 初防衛戦でジョー・ルイスと対戦。8RKO負けを喫しタイトルを手放す。
*64歳  1969年 - ニュージャージー州ボクシングの殿堂入り。
*死後  2001年 - 国際ボクシング殿堂入り。

戦績   プロボクシング: 86戦 51勝 26KO 26敗 7引分け 2無効試合

.........................................................................................................................................

マックス・ベアー by wiki

Max_baer_punches_the_camera 映画ではマックス・ベアーが試合で2人殺していると描写されているが、実際は1人である。そして、ベアーは被害者の家族に慰謝料を払い、被害者の子供を学校に通わせている。また、傲慢な悪役として描かれているが、実際にはユーモアに富んだ人物だったそうである。Maxanddancinggirls_4

.........................................................................................................................................

◆ジム・ブラドックを、ロッキー・シリーズのモデルになったボクサーかと、あたしは勘違いしそうになった。『ロッキー』のモデルはチャック・ウェプナーですね。

映画『ロッキー(1976)』byWiki  : 映画のオーディションに50回以上落選していたスタローン(1946.07.06-) はポルノ映画への出演や用心棒などをして日々の生活費を稼いでいた。

長い極貧生活を送っていたある日、彼は世界ヘビー級タイトルマッチ「モハメド・アリ 対 チャック・ウェプナー」の試合を観戦。アリは当時世界最強と言われていたのに対し、ウェプナー(1939.02.26-) はスタローン同様繰り返す転職の中で日銭を稼いでいた。誰が見ても勝ち目がないウェプナーであったが予想外の善戦を展開。試合はアリが勝利したものの、繰 り出したパンチがわき腹を直撃しダウンを奪い、対戦後に「二度と対戦したくない」と言わしめたのである。

アリをダウンさせたその瞬間、ウェプナーは偉大な ボクサーとなり人々の心に永遠に刻まれると考えたスタローンはこの出来事を基に僅か3日で脚本を書き上げプロダクションに売り込んだ。

当時の社会背景として黒人への優遇措置・逆差別などでプアーホワイト(白人貧困層)の不満が鬱積していた。映画ではプロボクシング界を黒人天国の象徴として描き、その中で戦う主人公のロッキーをプアーホワイトの象徴として描かれている。

時代も違うもんね。でも、『ロッキー・ザ・ファイナル』のモデルにしてるかも! ・・・・・ま、調べてないから、確証は無いけどさ。^^;

.........................................................................................................................................

世界恐慌時代のアメリカ by wiki

1932 年後半から1933年春にかけてが恐慌のピークだったようで恐慌発生直前と比べて株価は80%以上下落し、工業生産は平均で1/3以上低落、1200万人 に達する失業者を生み出し、失業率は25%に達した。閉鎖された銀行は1万行に及び、1933年2月にはとうとう全銀行が業務を停止、社会主義革命の発生 すら懸念された。

461pxlangemigrantmother02_2 Dorothea Lange's Migrant Mother depicts destitute pea pickers in California, centering on Florence Owens Thompson, a mother of seven children, age 32, in Nipomo, California, March 1936.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Great_depression01Figure 3. In the 1930s, many people starved to death, like this little boy in the picture above.
 
 
 
 
 
 
 

Great_depression02 No job, no hope . . .

 
 
 
 
 
 
 

Great_depression03 Breadline in New York City during the Great Depression.
 
 
 
 
 
 
 
 
Great_depression04

.........................................................................................................................................

世界恐慌時代の日本 by wiki

大 戦後の恐慌、関東大震災、昭和金融恐慌(昭和恐慌)によって弱体化していた日本経済は世界恐慌発生とほぼ同時に行った金解禁と生糸などの輸出が落ち危機的 状況に陥る。株の暴落により都市部では多くの会社が倒産し失業者があふれた。農作物は売れ行きが落ち価格が低下、冷害・凶作のために疲弊した農村では娘を 売る身売りや欠食児童が急増して社会問題化。生活できなくなり大陸へ渡る人々も増えた。

.........................................................................................................................................

  
   
   
   
   

Cinderella_man02

 

   

|

« 248: 海を飛ぶ夢 | トップページ | 250: ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/9354958

この記事へのトラックバック一覧です: 249: シンデレラマン:

» 映画「シンデレラマン」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Cinderella Man  -貧困から抜け出したらヒーロー- 1920年代から1930年代にファイトした男、骨折から引退するもセカンドチャンスを掴み大恐慌時代のアメリカに希望を与えるチャンピオンになった実在のボクサーの物語。ジム(ラッセル・クロウ)と彼を支える妻メイ(... [続きを読む]

受信: 2007年12月13日 (木) 00時35分

» シンデレラマン [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 ジェームズ・ブラドッグ(クロウ)は、前途有望なボクサーで右の強烈なストレートを武器にマネージャーのジョー(ジアマッティ)と二人三脚でタイトル奪取を目指していました。  さらにジミーは、妻のメイ(ゼルウィガー)と2男1女の可愛い3人の子供にも恵まれ幸せに暮ら...... [続きを読む]

受信: 2007年12月13日 (木) 22時46分

« 248: 海を飛ぶ夢 | トップページ | 250: ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決 »