« 268: グッド・ウィル・ハンティング | トップページ | 270: ジェシー・ジェームズの暗殺 »

2008年1月 8日 (火)

269: ラッキーナンバー7

いったい誰が何のために? 偶然なのか? 計画なのか?

絡み合ういくつもの「謎」・・・・・

Lucky_number_slevin22_2

さて 誰のカードが一番強いかな?

Lucky_number_slevin_02

英題 : LUCKY NUMBER SLEVIN

監督 : ポール・マクギガン
製作 : クリス・ロバーツ / クリストファー・エバーツ
脚本 : ジェイソン・スマイロヴィック
撮影 : ピーター・ソーヴァ
音楽 : J・ラルフ
編集 : アンドリュー・ハルム
衣装 : オデット・ガドリー

キャスト : ジョシュ・ハートネット モーガン・フリーマン ベン・キングズレー ルーシー・リュー スタンリー・トゥッチ ブルース・ウィリス ダニー・アイエロ スコット・ギブソン

製作 : 2006年 アメリカ
日本公開 : 2007年1月13日
上映時間 : 1時間51分

ニュー ヨークにやって来た青年スレヴン(ジョシュ・ハートネット)は友人に間違えられ、大物ギャングのボス(モーガン・フリーマン)に拉致されてしまう。ボスは 借金返済の代わりに敵対するギャング、ラビ(ベン・キングズレー)の息子殺害を命令。しぶしぶ了解したスレヴンは、その後まもなく今度はラビに誘拐され る。 シネマトゥデイ

【 IMDb ★★★★★★★☆☆☆  User Rating: 7.8/10 (48,094votes)
YAHOO! MOVIES ( ABCDF ) The Critics : C+ /13 reviews  Yahoo! Users : B/10,113 ratings
YAHOO!JAPAN 映画  ★★★☆ 3.87点/400レビュー
映画生活 ★★★★☆ 73点/44レビュー

◆◆◆さくら67点 レンタルDVD

惜しい!・・・って感じ。あたしとしては、あとチョットだけひねりが欲しかった。

配役カードがシャッフルされ、カードが配られてゲームが始まると、スグにおおまかな結果の予想が出来てしまった。ゲームが始まってチョットの間は期 待感が高まるけど、伏線があからさまなので、その後で二転三転しても、「あ~、やっぱりそうきたか・・・」と思ってしまった。キャラの魅力が薄い上に、仕 掛けまで良くなかったので、がっかりしてしまった。

にしても、つじつまが合ってるだけで、エンディングのインパクトが薄かったのは、半ばまでワクワクしただけに残念。個人的には、主人公スレヴンのキャラをもっとドライにして、クールな感じに仕上げてくれたら良かったな。・・・ま、そうすると成り立たないか(笑)。

なんてイマイチみたいな事を書いてしまったけど、決してつまらなかったわけでは無い。それなりに面白かった。  です。・・・・・あたしが、鑑賞の “ノリ”を間違えただけかもしれないなぁ、もっと、散りばめられたユーモアや制作者の遊び心を解する必要があった。  のかも。^^;

 

 

**・・・・・** **・・・・・** **・・・・・** **・・・・・** **・・・・・**

エンドクレジットで流れた曲 “カンザスシティ シャッフル” の歌詞

as someone already put, it's . Also, his lyrics are wrong in several places. here are the correct lyrics.

“Kansas city shuffle” by JP Ralph (not by 'Rumor Mill') 

it's a blindfold kick back type of a game
called the Kansas City Shuffle
When the Suits look left, they fall right
into the Kansas City Shuffle
It's a "they think-you think you don't know"
type of Kansas City Hustle
Where you take your time
Wait your turn and hang them up
out to dry

Chorus
*Unintelligable Yelping*

It's a shake down, switch, arrive in town
type of Kansas City Shuffle
gotta play both sides and let it ride
on the Kansas City Shuffle
Now the tables turned, the lesson's learned
you gotta earn yourself some trouble
revenge like this, never sweet
you got yourself a long ride out

chorus
*unintelligable yelping*

YouTube

 

 

リンジーにスレヴンがコーヒーを入れた時に流れた曲

“After Laughter (Comes Tears)”  by Wendy Rene

after laughter comes tears
after your laughter there will be tears

when you’re in love, you’re happy
when your in a arm, you gaze
this doesn’t last always

after your laughter there will be tears

my friends all say, don’t try to hold it in
but I can’t let that guy know how I feel
I’ll try to hold back my, my, my tears
but they keep say

after your laughter oh, oh, oh

I’ll try to hide, hide my sorrows
I wonder can I hold them till tomorrow
maybe Ill hold them for a year
but they keep say

after your laughter
now you will see those wet little tears

after your laughter
a little biddy tear will look climb into your eye

Lucky_number_slevin_01

|

« 268: グッド・ウィル・ハンティング | トップページ | 270: ジェシー・ジェームズの暗殺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/9774878

この記事へのトラックバック一覧です: 269: ラッキーナンバー7:

» 映画「ラッキーナンバー7」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Lucky Number Slevin オープニングでセリフのひとつさえ始まる前に、いきなりの衝撃的な銃撃シーン、そして豪華に個性豊かな出演者の多さも、驚きのミステリアス・サスペンス・・ スレヴン(ジョッシュ・ハートネット)は、解雇され、家は火事で焼失、恋人バックで浮... [続きを読む]

受信: 2008年1月 9日 (水) 00時56分

» さみしい殺し屋 [cocowacoco]
映画「ラッキーナンバー7」を観る (ネタバレあり) コミックを読んでる様で、面白かった。 過去、現在行ったり来たり、そのうえ説明的な場面も多くて自分に理解できるのかと不安になるが、途中より謎は見えてくるし、えらくスッキリしたラストでした。 シリアスな出だしは、なぜかコメディだと思って観ていたので少しびびる。 ジョシュが出る頃には、あ、やっぱりコメディじゃんと思ってたら、ドンパチ泣かせる香港映画となっちゃった。 それにしても俳優が豪華☆ もったいない気もするが、この俳優陣のせいで自分は観に行ったのだ... [続きを読む]

受信: 2008年1月 9日 (水) 14時28分

» ラッキーナンバー7 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『すべては<幸運のナンバー7>から始まる』  コチラの「ラッキーナンバー7」は、1/13公開になったR-15指定のスタイリッシュなクライム・サスペンスなのですが、早速観てきちゃいましたぁ〜♪  主演は、ジョシュ・ハートネット。そして、ブルース・ウィリス、ルーシ....... [続きを読む]

受信: 2008年1月10日 (木) 20時56分

« 268: グッド・ウィル・ハンティング | トップページ | 270: ジェシー・ジェームズの暗殺 »