« | トップページ | 266: 今宵、フィッツジェラルド劇場で »

2008年1月 3日 (木)

265: ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

必然が偶然を呼ぶ
生き残るのは誰で 死ぬのは誰か

・・・・・彼らは最後に笑えたのかな?(笑)

Lockstock_and_two_smoking_barrels21

原題 : LOCK,STOCK AND TWO SMOKING BARRELS

監督 : ガイ・リッチー

出演 : ニック・モーラン デクスター・フレッチャー ジェイソン・フレミング ジェイソン・スタットハム

製作 : 1998年  イギリス
収録時間 : 108分

舞台はロンドンの下町。カード・プレイの切れ者として知られるエディは3人の友人を巻き込み、一世一代の賭けに出る。 ギャングの顔役ハリーを相手にカードでひと儲けしようと企らんだのだ。しかし、結局、ハリーに莫大な借金を作ってしまい、1週間以内に大金を返さなければ指をつめると脅迫される。 ハリーはかつての宿敵、エディの父JDのバーも狙っていた。そして、エディたちは近所に住む悪党ドッグがマリファナ工場から奪ったドラッグと金を横取りし、借金の埋め合わせにしようとする。 エディとハリーのささいなトラブルは、やがて、麻薬王ロリーやマリファナ工場を持つ上流階級のウィンストンをも巻き込み、バイオレントな騒動へと発展。 一体、最後に笑うのは誰なのか?公式HP 

【 IMDb ★★★★★★★☆☆  User Rating: 8.1/10 (70,675votes)
YAHOO! MOVIES ( ABCDF ) The Critics : B+ /10 reviews  Yahoo! Users : B+/6,761 ratings
YAHOO!JAPAN 映画  ★★★★☆ 4.54点/ 70レビュー
映画生活 ★★★★☆ 84点/40レビュー

◆◆◆さくら80点 レンタルDVD

最高だ! 最高にクールで面白い! クライム・ムービー(犯罪映画)なんだけど、ノリと音楽のせいか軽妙で洒脱な仕上がりになっていた♪ 

観終えて思い返すと、女性がたった一人しか登場しなかったんだよね、それもホンの数秒。彼女を含めて登場人物がとっても多いんだけど皆がキーマンに なっていて、必然からくる偶然で絡み合うシークエンスの連続になっていた。「おっ、そうきたか!?」、と最後の最後まで楽しませてくれた♪

あ、最初の約20分間に次から次へと色んな人物が登場するので、そのポジションをしっかり把握しておかないと、物語に置いて行かれるので注意。その 後にも、数名の新しい人物が登場するから、前半は気を抜かないでね。関係を把握していないと、ラストに向かってスピーディにそれぞれの出来事が収束してい くのが面白くないから。 。。。

画的にはミュージックビデオみたいで、ロックをバックにしたシーンの高揚感や緊張感に惹き付けられた。あと、イケメンが沢山出てくるのも、嬉しい(笑)。彼らのファッションも木製のインテリアも何気にお洒落だし、全体的にセピア色にトーンを落としているのもイイ♪

あたし的には大当たりだった ^^♪

教えて!goo QNo.1775808 Lock, Stock & Two Smoking Barrelsの意味は?

ガイ・リッチー監督: 2000年11月22日、マドンナと結婚。

Lockstock_and_two_smoking_barrels02 Lockstock_and_two_smoking_barrels12

Lockstock_and_two_smoking_barrels11 Lockstock_and_two_smoking_barrels03

Lockstock_and_two_smoking_barrels17 Lockstock_and_two_smoking_barrels13

Lockstock_and_two_smoking_barrels_3

Lockstock_and_two_smoking_barrels05

Lockstock_and_two_smoking_barrels06

Lockstock_and_two_smoking_barrels09

Lockstock_and_two_smoking_barrels16

Lockstock_and_two_smoking_barrels19

Lockstock_and_two_smoking_barrels20

|

« | トップページ | 266: 今宵、フィッツジェラルド劇場で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/9693628

この記事へのトラックバック一覧です: 265: ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ:

» ロック・ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ [Patsaks]
ガイ・リッチー?誰?といった状態で観たこのやたらと長い題名の映画ロック・ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ。 観始めて思ったのだが、これは新世代の大ヒット映画トレイン・スポッティングに次ぐ、新世代のイギリス映画になるのでは!? ガイ・リッチーにとっては長編映画デビュー作となったこのロック・ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(それにしても長い!)、デビュー作としては完成度が高く笑える。 なかでも「ついていない奴は、とことんついてない」奴を描かせたら右に出るものはいないかもしれない。 ... [続きを読む]

受信: 2008年1月 5日 (土) 17時49分

« | トップページ | 266: 今宵、フィッツジェラルド劇場で »