« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の12件の投稿

2008年2月29日 (金)

298-305: 地上波TV映画 (放映日 1/29-2/24)

1.DOWNTOWN81

制作 : 1981年 アメリカ (公開:2001年)
TV放映 : 2008/01/29

◆さくら60点
「黒いピカソ」と言われた画家バスキアの主演映画。当時19歳。27歳で早世。資金面などの諸事情により映画公開は死後になった。マドンナが有名になる前に付き合っていた、という話もある。バスキア本人の曲も作中に使われている他、作中に映る当時のN.Y.アンダーグラウンドなミュージックシーンには、今となっては貴重な映像が盛り沢山。 “New York Beat Movie” ♪

New_york_beat_movie_02_2 New_york_beat_movie_01_2
New_york_beat_movie_03

 

 
2.DEATH NOTE デスノート

制作 : 2006年 日本
TV放映 : 2008/02/01 

◆さくら75点
最 初は、イマイチだなぁ~、なんか見てるコッチが気恥ずかしくなるような設定だなぁ~、エルって(見た目が)イマイチだなぁ~、う~んんん。。。なぁんて思って たのに、だんだん面白くなってきて、観終えた時には、続きが見た~い、エルってかわい~い! 目の下クロいのカッコイイ!! あの串刺しのスウィーツ食べた~い!! !(>Д<)!・・・と、すっかりハマってしまった。 (^ ^)ゞ

L_01

 

 
3.あなたに降る夢

制作 : 1994年 アメリカ
TV放映 : 2008/02/05

◆さくら68点
アール・カニンガム、ジーナ夫妻の実話を基に映画化したヒューマンな物語。

It Could Happen to You  ヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ ♪

It_could_happen_to_you_2

 
 
4.DEATH NOTE デスノート the Last name

制作 : 2006年 日本
TV放映 : 2008/02/08 

◆さくら74点
若干‘頭脳戦’がくどかったけど、面白かった。正義の名の下に‘殺人’を繰り返し、それが私刑に変化していくというお話なんだけど、デスノートでの‘殺人’を罪としながらも、死ねば名誉は守られる、という展開がサスガデ~ス。深く考える事を要求しない軽い仕上がりなのが気楽でいい。

L_02

 
 
5.シュガー&スパイス ~風味絶佳~

制作 : 2006年 日本
TV放映 : 2008/02/09 

◆さくら45点
絵面はアメリカンでお洒落だし、主役2人(楽優弥&沢尻エリカ)は初々しくて可愛いし、グランマは雰囲気あるし、原作は読んでないけど山田詠美の作品は嫌いじゃないし、この映画のシチュエーションも好みなんだけど、全然面白く無かった。どこにでもありそうなお話なんだけど、実は要素のコンビネーションがとっても非現実的、それがフィクションならではの良さ、・・・とは受け入れ難い違和感ゴロゴロだった。あたしにはムリな映画だった。残念。

Sugarandspice

 
 
6.マスク2

制作 : 2005年 アメリカ
TV放映 : 2008/02/11 

◆さくら68点
“2”なんだから“1”があるんだろうけど、そちらは未見。ドタバタ・ナンセンス・コメディで、結構面白かった。

Mask

 
 
7.パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー

制作 : 1998年 アメリカ
TV放映 : 2008/02/19 

◆さくら73点
こういう“パワーのある異端児”って好き。下画像、左が映画で右がリアル。

Patch_adams_01_2



8.耳をすませば

制作 : 1995年 日本
TV放映 : 2008/02/22 

◆さくら80点
Mimisuma02_2 坂道、丘の上の家、見下ろす街、雑然とした室内、映画全体に流れるどことなく懐かしさを感じさせる空気、・・・もうサイコーだった。ほんのりセピア調の色彩が、異なったイメージの空間をひとつにまとめているのもイイ感じ。どこにでもありそうなお話なんだけど、実は要素のコンビネーションがとっても非現実的、それでいてリアル、それらを味わうのがフィクションの醍醐味だよねぇ、うん、うん。

近藤喜文の最初にして最後の監督作品。 (ノ_・、)

Mimisuma

 
 
9.シークレット ウインドウ

制作 : 1998年 アメリカ
TV放映 : 2008/02/19 

◆さくら45点
スティーヴン・キング原作、ジョニー・デップ主演。でも、これは (`⌒´メ)

319768view001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

297: 太陽を盗んだ男

東海村のプルトニウム泥棒・・・核保有“9番”

Taiyou01

続きを読む "297: 太陽を盗んだ男"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

296: まあだだよ

「先生 戦争中 お月様なんて 
          あんないいモノがあるのを 忘れてましたね」

「もういいかい♪」 「まあだだよ
」 「まあだかい」 “摩阿陀会”

Madadayo03

続きを読む "296: まあだだよ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

295: 乱

狂った今の世の中で 気が狂うなら 気は確かだ!

Ran06

続きを読む "295: 乱"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

294: 赤ひげ

ストレートに心にズシンと響く

Akahige01


続きを読む "294: 赤ひげ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

293: 七人の侍

泣けるようで面白い 笑えるようで哀しい

Shichinin_no_samurai02

続きを読む "293: 七人の侍"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

292: 羅生門

この羅生門に住んでた鬼は
人間の恐ろしさに逃げ出したという話だ・・・

Rashmon_04

続きを読む "292: 羅生門"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

291: アメリカン・ギャングスター

ビジネス 秩序 ファミリー 人種格差 戦争 

そして 正義 友情 

・・・・・今にも通じる寓意

 
 
‘American Gangster’!

American_gangster_04b
American_gangster_01_2

 

続きを読む "291: アメリカン・ギャングスター"

| | コメント (4) | トラックバック (13)

2008年2月 9日 (土)

290: 酔いどれ天使

いつでも死んでやらあ  死んでやるよ!

Drunken_angel_01

続きを読む "290: 酔いどれ天使"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

289: 姿三四郎 (1943)

人間の道とは これこそ 天地自然の真理である

Sugata_lago


続きを読む "289: 姿三四郎 (1943)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

288: 哀愁

幸せと絶望は どちらも眠らせてくれない

Waterloo_bridge_01_2

続きを読む "288: 哀愁"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

287: きみに読む物語

なんてベタなラブ・ストーリーなんでしょうか・・・ でも最高!!!

The_notebook_01 The_notebook_04

The_notebook_02 The_notebook_05

続きを読む "287: きみに読む物語"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »