« 287: きみに読む物語 | トップページ | 289: 姿三四郎 (1943) »

2008年2月 2日 (土)

288: 哀愁

幸せと絶望は どちらも眠らせてくれない

Waterloo_bridge_01_2

原題 : WATERLOO BRIDGE

監督 : マーヴィン・ルロイ
出演 : ヴィヴィアン・リー , ロバート・テイラー , ヴァージニア・フィールド , マリア・オースペンスカヤ

制作 : 1940年 アメリカ
収録時間 : 97分

世界中を感動の渦に巻き込んだ恋愛映画のバイブル。舞台は第一次世界大戦下のロンドン。空襲警報が鳴り響く“ウォータールー橋”で出会った英国将校クローニンとバレエの踊り子マイラ。ふたりは瞬く間に惹か れ合い、翌日には結婚の約束までも交わすほどその恋は燃え上がった。しかし時代はそんなふたりを引き裂きクローニンは再び戦場へ。健気に彼の帰りを待つマ イラ。しかしそんな彼女に届いた報せは……

IMDb  ★★★★★★  User Rating: 7.6/10 (1,841votes)
 YAHOO! MOVIES  ( ABCDF ) The Critics : none  Yahoo! Users : B+/63ratings
YAHOO!JAPAN 映画★★  4.点/11レビュー
映画生活 ★★  86点/14人

◆◆◆さくら76点 レンタルDVD

見終えて確認してちょっとビックリしたんだけど、この映画って第二次世界大戦中*の1940年に制作されているのね・・・。それを思うと、この映画に感動した当時の人達の心情が思われて感慨深い。時代の空気が持つ浪漫と哀しみを感じた。 
 
*第二次世界大戦(1939-49) -1939年 ドイツ軍がポーランドに侵攻し、イギリス、フランスがドイツに対して宣戦布告して開戦。1941年 太平洋戦争勃発。日本、アメリカ参戦。 

個人的には、ちょっと感傷的なラストカットが残念。 。。。

 

以下ネタバレ

Waterloo_bridge_02_2

 

あたしの耳にも馴染みのある「蛍の光(日本の翻訳唱歌)」でダンスを踊るシーンが印象的だったなぁ。ちょっと変な感じもしたけどね、どうしても歌詞が頭の中に浮かんでしまって。(苦笑)

原曲はスコットランド民謡の'Auld Lang Syne'である。この曲は作曲者不詳であるが、古くからスコットランドに伝わっていたもので、現在に至るまで、特に知己の仲間内で宴会をした際に最後に再会を誓って歌われる曲である。

この民謡の歌詞を現在伝わる形にしたのは、スコットランドの詩人のロバート・バーンズ(17959-1796)であり、従来からの歌詞を下敷きにしつつ、事実上彼が一から書き直している。この歌詞は、旧友と再会し、思い出話をしつつ酒を酌み交わすといった内容である。

こうして採譜された'Auld Lang Syne'には、ハイドンやベートーヴェン、シューマンといった著名な作曲家たちも伴奏を付けたり編曲を行ったりしている。

 

  
 
物語が美しいと、悲恋でさえ甘酸っぱく感じてしまうのは、どうしてなんだろうね。

私には正しい結婚とやらが何だかわからん
それが上手くいくとは限らんのだ

簡単に稼げる方法だと
誰が言ったか知らないけど
女の台詞じゃないわよね

私だって死を考えたわよ
でも死ねなかった
まだ生きていたいと思ったのよ
私たちはまだ若いんだもの・・・

見終えて思い返すと、マイラ(ヴィヴィアン・リー )の台詞に印象的なものは無かった。その代わり、その表情と眼差しが、心に焼きついた。

今の世の中で、この物語と同じシチュエーションで恋愛が繰り広げられたら、かなりヤバくてイタイ。でも、第一次世界大戦(1914-18)中という時代、乏しい連絡手段、諸々の背景が、この2人の状況の嘘っぽさをかき消してくれる。事実、映画初公開当時、恋愛意外の状況としてはリアルに感じられたんだろうな。 。。。

登場人物の善良さが際立つ程に、2人の悲恋が哀しく感じられる。 。。。

Waterloo_bridge_03

 
 
 
 
エドガー・ドガ(1834-1917)『Ecole de danse /ダンス教室(らせん階段のある踊りの稽古場) 1873』 ↓↓↓ 本映画に何の関係も無し。単に想い出しただけ。(笑)

Degas_ecole_de_danse
 
 
 
 
 
Waterloo Bridge - Good Luck Charm 

Waterloo_bridge_good_luck_charm

 
Billiken ~A Lucky Kid~ 
★ビリケン ・・そう 大阪の通天閣にもあるあのビリケン!?
Billiken_2

|

« 287: きみに読む物語 | トップページ | 289: 姿三四郎 (1943) »

コメント

運命のいたずら 悲恋
ストーリー展開はかなり強引な感じ^^
でもそんな典型的な悲劇って
それに乗ってその哀しみを味わうことなんだろうな、
シェイクスピア悲劇の「ロミオとジュリエット」
のように

フフ あのじいさんいい味だしてた(^^

投稿: nono1 | 2008年2月14日 (木) 05時33分

美しい悲劇って やっぱり美味だね ^^
 

投稿: さくらスイッチ | 2008年2月15日 (金) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/10216954

この記事へのトラックバック一覧です: 288: 哀愁:

« 287: きみに読む物語 | トップページ | 289: 姿三四郎 (1943) »