« 295: 乱 | トップページ | 297: 太陽を盗んだ男 »

2008年2月27日 (水)

296: まあだだよ

「先生 戦争中 お月様なんて 
          あんないいモノがあるのを 忘れてましたね」

「もういいかい♪」 「まあだだよ
」 「まあだかい」 “摩阿陀会”

Madadayo03

監督 : 黒澤明
製作 : 山本洋 入江雄三
プロデューサー : 黒澤久雄
アソシエイト・プロデューサー : 飯泉征吉
原作 : 内田百輭
脚本 : 黒澤明
撮影 : 斎藤孝雄 上田正治
音楽 : 池辺晋一郎
美術 : 村木与四郎
編集 : 黒澤明

キャスト : 松村達雄 香川京子 井川比佐志 所ジョージ 油井昌由樹

時間 : 134分
製作 : 1993年 日本

黒澤明監督が、敬愛する随筆家・内田百けんとその門下生たちとの交流をほのぼのとしたタッチで描いたドラマ。昭和18年の春。先生は生徒たちに、作家活動 に専念するために学校を去ることを告げる。しかし、退職後引っ越した家にも門下生たちは遊びにやってくるようになる。ある日、先生の還暦の祝宴が開かれて いた最中、空襲がやって来る。やがて、空襲で家を焼かれた先生と奥さんは、知人の厚意で借りた三畳一間の掘建て小屋で暮らすようになるが……

IMDb
★★★★★★★★☆☆☆ User Rating: 7.5/10 (1,135votes)
YAHOO! MOVIES】 ( ABCDF ) The Critics : none Yahoo! Users : B+/35ratings
YAHOO!JAPAN 映画
★★★★ 4.00点/5レビュー
映画生活
★★★☆ 66点/5人

◆◆◆さくら68点 レンタルDVD

黒澤監督の最後の作品であるこの映画の向こう側に、観る人は黒澤監督自身の映画人生を観るに違いない。黒澤監督が、観客に向かって、そして何より映画人に向かって話しかけている感じがした。

多くの映画は、映画の物語の裏側に、「観客が理解できる時代の空気」を取り込んでいる。それが映画のテーマやメッセージを現していたりもする。それ がこの映画では「黒澤明監督」なのだ。「観客が理解できる時代の空気」が「黒澤明監督」! それで“映画の間”が持つなんて凄すぎる。 。。。流石です! 黒澤監督。

 

以下、ネタバレ有り。
Madadayo01

◆カミナリ除けのおまじないに線香を点てる

仏壇にお線香を立てて「くわばら くわばら」と3回唱える、と言うおまじないがあるみたい。何故ゆえに線香なんだろう? 御先祖様の御加護?

◆ジョニー・ウォーカー

「瓶は本物だけど 中身は薬用アルコールにお茶と黒砂糖を混ぜたものだけど 結構きくんだよ」

WIKI : ジョニーウォーカーは、日本ではジョニ黒、ジョニ赤の名前で親しまれていたが、1957年当時、ジョニ黒は1万円で売られていた。当時の1万円は大学初任給の二ヶ月分に相当する。現在のジョニ黒と比べると100倍以上していた事になる。だが、これはジョニ黒に限らず洋酒の価格は総じて高級であり、憧れであった。この1万円の価格は平行輸入が始まる1985年ぐらいまで続いていたが、その頃になると海外旅行などで免税品などで普及し、多くの国民が普通に飲むようになっていた。

硫黄島で有名な栗林司令官は、ジョニーウォーカーの愛飲者。映画『硫黄島からの手紙』では西竹一中佐が調達してきたジョニー・ウォーカーで乾杯するシーンもある(なお史実では栗林中将と西中佐はある種の確執があったとされる)。

◆方丈記

WIKI : 鴨長明が晩年、日野山に方丈(一丈四方)の庵を結んだことから「方丈記」と名づけた。1丈は約1.67間(=10/6間)であるため、1方丈は四畳半程度(四畳半の1辺は約1.5間)の広さである。

あの家、“玄関”を開けると“裏口”から外が見えてしまうあの家。四季の移り変わりの中にあって、風流にも感じられた。

◆タバコ 

WIKI : 日本では天正年間(1573年~1592年)にスペインの船が持ち込み、薬として売り始めたのが最初とされる。その後死の原因になるとして禁止令が出されるなどした。 日本で最初にタバコを吸った女性は淀殿であると伝えられている。 

未成年者喫煙禁止法は、 満20歳未満の者の喫煙を禁止する(1条)。また親権者やその他の監督者、煙草を販売・供与した者に罰則を科す。 1900年(明治33年)3月7日に未成年者飲酒禁止法よりも早く制定され、1947年に改正された後、長らく改正がなかった。しかし、未成年者の喫煙 は、飲酒とならんで、青少年の非行の温床になるという懸念などを背景に、その取締りを強化するために、2000年(平成12年)、2001年(平成13 年)に、相次いで改正された。全6条からなる法律である。

オープニングのタバコの残煙・・・、有り得ない凄さでちょっと笑えた。学生服を着ていたけど、彼らは大学生なんだから法律的には問題なしだよね。

◆背広(三つ揃い)とシャツとネクタイ

各人色々でバラエティに富んでいて、とってもお洒落に見えた。

◆内田百の著書『ノラや』

ふとした縁で家で育てながら、ある日庭の繁みから消えてしまった野良猫のノラ。ついで居つきながらも病死した迷い猫のクルツ―愛猫さがしに英文広告まで作 り、「ノラやお前はどこへ行ってしまったのか」と涙堰きあえず、垂死の猫に毎日来診を乞い、一喜一憂する老百聞先生の、あわれにもおかしく、情愛と機知と に満たち愉快な連作14編。

 
 
 
 
 
 
 
「ありがとう皆」 「ありがとう監督」 という声が聞こえてきそう・・・

Madadayo02

 

  

***・・・・・ 黒澤明監督作品 ・・・・・***

1943年制作  姿三四郎
1948年制作  酔いどれ天使
1950年制作  羅生門
1954年制作  七人の侍
1965年制作  赤ひげ
1985年制作  乱
1991年制作  八月の狂詩曲
1993年制作  まあだだよ

  

|

« 295: 乱 | トップページ | 297: 太陽を盗んだ男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/10765429

この記事へのトラックバック一覧です: 296: まあだだよ:

« 295: 乱 | トップページ | 297: 太陽を盗んだ男 »