« 306: 八月の狂詩曲 | トップページ | 308: 晩春 (紀子三部作 その一) »

2008年3月 2日 (日)

307: 絶対の愛

「毎日 同じ顔で ゴメンね」

彼女の愛の姿に 哀しみを感じるのを通り越して・・・

Ti1

英題 : TIME

監督 : キム・ギドク
制作 : 鈴木径男 , キム・ギドク
脚本 : キム・ギドク
音楽 : ノ・ヒョンウ

出演 : ソン・ヒョナ , ハ・ジョンウ , パク・チヨン , キム・ソンミン

制作 : 2006年 韓国・日本
収録時間 : 98分

美 容整形が一定の市民権を得て一般の人の間にも広く浸透していると言われる韓国の社会事情を背景に、鬼才キム・ギドク監督が放つ戦慄のラブ・ストーリー。恋 人が自分に飽きてしまうこと恐れるあまり… allcinema

IMDb★★★★★★7.3/10 2,108 votes
YAHOO! MOVIES】 ( ABCDF ) The Critics : none Yahoo! Users : B/25ratings
YAHOO!JAPAN 映画
★★☆☆ 2.96点/28人
映画生活
★★ 76点/15人

◆◆◆さくら72点 レンタルDVD

韓国では整形が大衆化しているという事を知らなくても(考えなくても)、その戦慄を十分に楽しむ事が出来ると思った。見て、感じるしかない、かも。・゜・(ノ∀`)・゜・。

 
 
 
以下、ネタバレ有り。

Zettainoai_01

エンディングがオープニングで、オープニングがエンディング、永遠にループする強迫観念といってもいいくらいの不安感。 。。。だなんて、こ、こ、 こわいヨォwwwww((>Д<)) そのループするラストによってセヒの不安感がもの凄く増幅され、ちょっとゾッとした。

 

スェヒになる前のセヒも可愛かった。セヒが恐れていたのは、“飽きる”という時間がもたらす気持ちの変化だったんだよね。彼女は中身が空っぽだから彼の愛に偏執したのか、中身が空っぽになるほど彼を愛したのか・・・ どうしたら彼女は救われるのか?

キレイにお化粧して、お洒落もして、話題も豊富に魅力的でいられるように努力する・・・ そうすれば飽きられない? 本当に?

愛の不安を克服するには、どうしたらいいの?

絶対の愛を手に入れるには、どうしたらいいの?

 

整形を扱っているので、ルックス偏重な風潮を描いているとも思った。外見を変えたら“別人”になれるのか? 個が宿るのは外見だけ? 外見を変えた ら内面も変えられるのか? 外見を変えれば、他人の接し方が変わる、それに感化されて内面も変わる・、そうすれば悩みから開放される・・・ 本当に?

“私”って何によって形成されるの?

 

Zettainoai_03

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『絶対の愛』監督インタビュー

日本の観客のために、ギドク監督がインタビューに答えてくれました。これは『絶対の愛』のパンフレットに収録されますが、いち早く、少しサワリをご紹介します。

Q. この映画の着想はどんなところから得たのですか。

ギドク監督:韓国には整形手術によって、新しい自分を手に入れようとする人がたくさんいます。整形によって自信を得て、新しい人生を始める人たちも確かにいます。しかし私には、人々が整形手術を受けた後に、自分の独自の特徴やアイデンティティについて、混乱しはじめるように思えるのです。私は、このような事象を、愛についてのひとつのイメージとして、描き出したかったのです。

Q. 監督の作品にはとても独創的なイメージがあふれていますが、撮影にあたって絵コンテは用意するのですか。

ギドク監督:私が多くの時間を費やすのは、主題と脚本です。毎日毎日、たえず脚本について考えています。そして撮影にあたっては、私はいつも瞬時に素早い決断をくだします。長い時間思い悩むことはありません。ただ瞬間の感覚を掴もうとするだけです。ロケーションはとても重要です。私は脚本に自分の好きな場所を書き込むようにしています。

Q. 監督はこれまでに十三本の映画を完成させました。ご自分の映画がどのように変わってきたと思いますか。

ギドク監督:そうですね、自分ではわかりません。ですが、初期の映画にあった強烈さや荒々しさは消えて、より現代的な何か、愛についての何かを表現しようとしています。『絶対の愛』では、私は人間の生の円環を描いてみようと思ったのです。けれどこの後は、人間の歴史にある苦悩や、哲学的な思索についての映画を撮りたいと思います。

インタビューの最後には、皆様に「私の映画を見てくださり、愛してくださる日本の観客に感謝いたします」というメッセージをくださいました。 by zettai-love | 2007-02-02

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
彫刻公園

作中に登場した茅島(モド)のペミクミ海岸にある彫刻公園“イ・イルホと茅島”が面白かった。満潮時にポツンと取り残される作品の様子なんて、とっても象徴的で素敵だった。

~ 茅島彫刻公園 ~
20数軒の家がある茅島(モド)は仁川市甕津郡にあります。島内には道路は一本しかなく、この道に沿って歩いていけば“ペミクミ”という海岸に着きます。この海岸の向こう側に彫刻公園“イ・イルホと茅島”があります。彫刻家李一浩(イ・イルホ)氏の作品製作用の建物の前に彼の作品20-30点ほどが展示されています。“エロティシズム彫刻”を追及する彼の作品は茅島の海岸と絶妙に調和しています。 茅島彫刻公園 | 韓国観光公社公式サイトより

作品に上って座れてその作品の一部に自分が成れる、・・・クールだ!

茅島彫刻公園 | 韓国観光公社公式サイト
グレイストラベル / 茅島彫刻公園
絶対の愛 時間 / ペミクミ彫刻公園

Ti2_2

|

« 306: 八月の狂詩曲 | トップページ | 308: 晩春 (紀子三部作 その一) »

コメント

TBありがとう。
韓国は何度も行ってますが、まだ、彫刻公園には行ってないので、楽しみにしています。
自分も、彫刻に登りたいです(笑)

投稿: kimion20002000 | 2008年3月29日 (土) 04時03分

★コメント、ありがとうございます。

彫刻公園、ステキでしたよね♪

投稿: さくらスイッチ | 2008年3月30日 (日) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/10860798

この記事へのトラックバック一覧です: 307: 絶対の愛:

» mini review 07217「絶対の愛」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
交際を始めて2年になる男性ジウを深く愛しながらも、彼に飽きられてしまうのではないかと不安に思っているセヒ。彼女は顔を整形する事を決意、突如ジウの前から姿を消す。セヒを忘れられず苦悩していたジウは、何人かの女性と肉体関係... 続き 「不条理な問い」を発し続けるキム・ギドク キム・ギドクの作品を待ち望んでいる僕は、たぶん、他の多くの人たちもそうだと思うのだが、好きな作家の新刊を待ち望むような、あるいは好きなアーティストの新盤を待ち望むような、気持ちと似ているのにきづく。そういう意味では、なかばミ... [続きを読む]

受信: 2008年3月28日 (金) 01時13分

« 306: 八月の狂詩曲 | トップページ | 308: 晩春 (紀子三部作 その一) »