« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の6件の投稿

2008年4月26日 (土)

雨後の花

20080426_1

続きを読む "雨後の花"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

325: クローバーフィールド/HAKAISHA

“あれ”が街を破壊するのを 一般人の視線で見て体験する

事件当日 6:43pmから翌6:42amまでの12時間・・・

Cloverfield02 Cloverfield03
Cloverfield04 Cloverfield01

続きを読む "325: クローバーフィールド/HAKAISHA"

| | コメント (2) | トラックバック (11)

2008年4月12日 (土)

318-324: 地上波TV映画 (放映日 3/1-3/16)

1.それでもボクはやってない

Soreboku_3 制作 : 2006年 日本
TV放映 : 2008/03/01

* 第31回山路ふみ子賞:監督賞
* 第3回SARVH賞
* 第32回報知映画賞:最優秀邦画作品賞、最優秀主演男優賞
* 第20回日刊スポーツ映画大賞:作品賞、監督賞
* 第31回日本アカデミー賞:優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、優秀主演男優賞、最優秀助演女優賞(もたいまさこ)、優秀音楽賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、最優秀美術賞(部谷京子)、優秀録音賞、最優秀編集賞(菊池純一)
* 第81回キネマ旬報ベスト・テン:日本映画ベスト・ワン、作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞
* 第50回ブルーリボン賞:監督賞、主演男優賞
* 第62回毎日映画コンクール:日本映画大賞、監督賞
* 第17回東京スポーツ映画大賞:監督賞、助演男優賞(正名僕蔵)
* 第29回ヨコハマ映画祭:作品賞、監督賞、主演男優賞

◆さくら 79点
色んな賞を取ったりして話題ではあった本映画。もうすぐ裁判員制度が導入される日本において、内容としても興味深い。にもかかわらず、見てみよう見てみよう・・・・・と思いつつ見ないままだった。それがTVでやるというので、ラッキーとばかりに見てみた。・・・・・面白い。とっても地味なのにもかかわらず面白い。そして、怖かった。 。。。

 
 
 
 
2.沈黙の戦艦

Tinnnmoku 制作 : 1992年 アメリカ
TV放映 : 2008/03/02

◆さくら75点
単純でとっても面白かった。ただのコックが実は・・・・・、なんてサイコーだ!

 
 
 
 
3.米国“「闇」へ” - Taxi to the Dark Side

Yami 制作 : 2007年 アメリカ
TV放映 : 2008/03/03

アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞受賞

◆さくら73点
色々と話題になった映画だったので、鑑賞前にあらましを知っていたため、ちょっと衝撃が薄れた感があった。でも、知っていても、拷問云々他、ひゃ~~((><))、と目を閉じたくなった。他の国のも見てみたいなぁ・・・☆

 
 
 
 
4.彼氏がステキになったワケ

The_shape_of_things 制作 : 2003年 アメリカ イギリス フランス
TV放映 : 2008/03/04

◆さくら75点
ん、んん?、んんん?!、あら・・・・・ま、やっぱり。。。なんてエキセントリックなラブロマンスなんでしょう(苦笑)。でも、オモロイなぁ。アメリカ・イギリス・フランス制作のようだけど、イメージとしてはイギリスっぽいな、と思った。

 
 
 
 
5.世界でいちばん不運で幸せな私

Sekai 制作 : 2003年 フランス
TV放映 : 2008/03/11

◆さくら75点

フランスっぽい映画だった。スクリーンに映される色も、ソフィーがポーランド移民なのも、ジュリアンとソフィーの恋愛感も、ジュリアンの父親の感覚も、あたしが思ってる“フランスっぽさ”に、ドンピシャリと当てはまる。擦れてるような、純粋なような、不思議な恋愛感情・・・・。

 
 
 
 
6.二重スパイ

2jyuspy_2 制作 : 2002年 韓国
TV放映 : 2008/03/16

◆さくら63点
何かイマイチだった。上手く楽しめる視点を見つけられなかった。ただ、韓国映画で北朝鮮のスパイを題材に使っている事がちょっと意外だった。でも、というか、だから、というか、とっても中途半端な感じを受けた。

 
 
 
 
7.ペイチェック 消された記憶

Paycheck 制作 : 2003年 アメリカ
TV放映 : 2008/03/16

◆さくら67点
近未来社会、人間の記憶までコンピューターのように消すことが出来るようになり、文字通り優秀な人材の「時間を買う」ことが出来るようになっている・・・・・という設定と、記憶が消される前に、自分で自分に残した物たちがフックになってナゾが明かされていく・・・・・という構成が面白かった。その割りに、スカッとした気持ちよさが残らないのは何故だろう。キャラクターに魅力が無かったからかな?

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年4月 6日 (日)

花舞う昼下がり

映画備忘録のハズが、最近は桜備忘録に・・・・・(笑)

 

20080406

葉桜気味。 。。。電線 ジャマだな  

 
 
 
 
 
 
  
 
 

20080406_2_2

ピンクは花桃。 。。。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

リアルじゃなくてリアリティ

惚れ直しました 「伊丹十三」に!

Itami01


続きを読む "リアルじゃなくてリアリティ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

花篝

提灯だけどね ^^

20080401_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »