« 340: ビッグ・フィッシュ | トップページ | 342: ザ・マジックアワー »

2008年6月11日 (水)

341: フライド・グリーン・トマト

Fried_green_tomatoes_010_2 グリーン・トマトの酸味と香り

ちょっぴりのほろ苦さ

コーン衣のカリッとした歯ごたえ

サクサクと美味しいフライド・グリーン・トマト

・・・・・のような映画

Fried_green_tomatoes

原題 : Fried Green Tomatoes

監督 : ジョン・アブネット
制作 : アンドリュー・メイヤー , ジョン・アブネット
脚本 : ファニー・フラッグ
原作 : ファニー・フラッグ

出演 : メアリー・スチュアート・マスターソン , キャシー・ベイツ , ジェシカ・タンディ , メアリー・ルイーズ・パーカー

制作 : 1991年 アメリカ
収録時間 : 130分

20~50年代のアラバマ州、フライド・グリーン・トマトを名物料理に賑わうカフェを切り盛りする2人の女性をめぐる出来事を、現代のジョージア州の老人ホームで、老女が中年女性に語って聞かせるという形で描く・・・ goo映画

IMDb★★★★★★★☆☆☆ 7.4/10 18,026votes
YAHOO! MOVIES】 ( ABCDF ) TYahoo! Users : B+/22,227ratings
YAHOO!JAPAN 映画
★★★★☆ 4.57点/28人
映画生活
★★★★ 87点/31人

◆◆◆さくら75点 レンタルDVD

誰の人生もそれなりに色々あるけど、人生の多くの時間は日常が占める。そして人は、時に日常を取り戻したいと思い、時に日常を変えたいと思う。満たされないココロを満たしたいと願う。そして、あがきながら、流されながらも、人生で結ばれていく大切な絆は、血の繋がった家族や愛する恋人とばかりに限らない。 。。女同士の絆、世代を超えた絆、人種を超えた絆、異性の友人との絆、同じ町の住人との絆、、、この映画には色んな絆が描かれていた。

それらの絆が大切なものとして浮かび上がるのは、その対極にある人間関係が描かれているからでもあるんだけど、あたしにとっては後口の良い美味しい映画だった。

ごちそうさまでした♪

 

・・・・・・・・・・・・・・・
Fried_green_tomatoes_012_2 フライド・グリーン・トマトのレシピ

グリーン・トマトとはもともと収穫前に間引きされる、熟す前のトマトのことで、アメリカ南部の黒人奴隷が口にすることができる野菜のひとつだったとか・・・ レシピ

Fried_green_tomatoesfront_2

 

 

追記: ↓作ってみました♪

20080707_c

 

|

« 340: ビッグ・フィッシュ | トップページ | 342: ザ・マジックアワー »

コメント

ちょっと気になる
観てみよかな

絵の雰囲気がいい^^

投稿: nono1 | 2008年6月12日 (木) 06時28分

この映画にも 語り継がれる「作り話」が登場するよ
同じ「作り話」を話していても 
シーンが違うと感じる事が変わってくるのが面白かった ♪

気が向いた時にぜひ ^^

投稿: さくらスイッチ | 2008年6月12日 (木) 20時05分

ほろ苦いね
アメリカの南部の
のんびりさと暗い影
イジーのキャラクターが微笑ましい

フライド・グリーン・トマトに
もうちょっと
スポットライトがあたって欲しかったな
^^

投稿: nono1 | 2008年6月18日 (水) 06時00分

確かに

店舗「フライド・グリーン・トマト」も
南部料理「フライド・グリーン・トマト」も
いまいちパッとしない感じだったね
タイトルにまでなっているのに・・・

作って食べてみたいんだけど
グリーントマトが手に入らない (・_・、)

投稿: さくらスイッチ | 2008年6月18日 (水) 06時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/21552256

この記事へのトラックバック一覧です: 341: フライド・グリーン・トマト:

« 340: ビッグ・フィッシュ | トップページ | 342: ザ・マジックアワー »