« 350: あるスキャンダルの覚え書き | トップページ | 352: サイダーハウス・ルール »

2008年7月12日 (土)

351: この森で、天使はバスを降りた

ギリヤドの森は心を癒す

Spitfire_grill02

原題 : The Spitfire Grill

監督 : リー・デビッド・ズロートフ
制作 : フォレスト・マーレー
脚本 : リー・デビッド・ズロートフ

出演 : アリソン・エリオット , エレン・バースティン , マーシャ・ゲイ・ハーデン

制作 : 1996年 アメリカ
収録時間 : 116分

受賞暦 : 1996年 サンダンス映画祭観客賞

ある町に降り立った少女が巻き起こす出来事を温かい視点で描くハートウォーミング・ストーリー。森の奥深くにある小さな町を通るバスからパーシーという少女が降りてくる。彼女は、ハナという無愛想な女が経営するレストラン『スピットファイアー・グリル』で働くことになる。町の人々はよそ者であるパーシーに奇異のまなざしを向けるが、パーシーの魅力に周囲の人々は惹かれてゆく。だが、彼女は誰にも言えない暗い過去が・・・ Yahoo!映画

IMDb★★★★★★☆☆☆☆ 6.6/10 3,166votes
YAHOO! MOVIES】 ( ABCDF ) Yahoo! Users : B+/234ratings
YAHOO!JAPAN 映画
★★★★ 4.04点/51人
映画生活
★★★☆ 74点/43人

◆◆◆さくら 70点 レンタルDVD 

森の様子などの風景やシーンごとは好きなんだけど、その流れは少しぎこちなかった。でも、観終えてから、(あたしが寄り添えなかった)登場人物たちの心情を色々想像する楽しみがある映画でもあった。

Spitfire_grill01

|

« 350: あるスキャンダルの覚え書き | トップページ | 352: サイダーハウス・ルール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/22163054

この記事へのトラックバック一覧です: 351: この森で、天使はバスを降りた:

« 350: あるスキャンダルの覚え書き | トップページ | 352: サイダーハウス・ルール »