« 394: デス・プルーフ/プラネットテラー | トップページ | 396: プライベート・ベンジャミン »

2009年4月 2日 (木)

395: イエスマン "YES"は人生のパスワード

イエス! イエス!! 何でもかんでもイエェ~スッ!!! \(*`∧´)/
ノーマンからイエスマンに変貌を遂げた主人公の人生は一変 ♪

332669_008 332669_009_3332669_011_2 332669_012_2

原題: YES MAN

監督: ペイトン・リード
脚本: ニコラス・ストーラー / ジャレッド・ポール / アンドリ ュー・モーゲル
原作: ダニー・ウォレス
製作: リチャード・D・ザナック / デヴィッド・ヘイマン
撮影: ロバート・D・イェーマン
美術: アンドリュー・ロウズ
編集: クレイグ・アルパート

キャスト: ジム・キャリー ズーイー・デシャネル ブラッドレイ・クーパー ジョン・マイケル・ヒギンズ テレンス・スタンプ ダニー・マスターソン

製作: 2008年 アメリカ
上映時間: 104分

すべてに「イエス」と言ったらどうなるかを実際に試してみた、BBCラジオディレクターの体験実話が基になっている。仕事でもプライベートでも「ノー」を連発し、親友の婚約パーティーまですっぽかしてしまう後ろ向き男カール(ジム・キャリー)。生き方を変えようと決心した彼は、いつどんなときも「イエス」と言うルールを自分に課す。その結果・・・シネマトゥデイ

IMDb★★★★★★★☆☆☆ 7.2/10 24,681votes
YAHOO! MOVIES】 The Critics: C+ 12reviews  Yahoo! Users: B+ 8,448ratings
YAHOO!JAPAN 映画
★★★★ 4.19点/149人
映画生活
★★★ 79点/66人

◆◆◆さくら73点 劇場鑑賞(ピカデリー4)

一緒に見た友人はそんなに面白くなかったと言っていたけど、あたしは結構面白かった。イマイチな風貌の主人公が、冴えない雰囲気のまま行動だけがイケてる風になり、そのギャップが気恥ずかしくも可笑しかった。大きな笑いは無かったけど、いくつもの小さな笑いで最後まで楽しませてくれた。

イエスと否が応にも言う事によってきっかけを得てアクティブになり、それが元で状況が変化し、少しずつポジティブになっていく。そのおかげで、人間関係が好転し広くなり、人生が楽しくなっていく、という展開はありがちだけどやっぱり面白い。アクティブ&ポジティブは、生来の気質な分けでは無く、環境と経験によって学んでいくものなんだなぁ、とも思ったりした。でも、過剰なのはやっぱり困りもので、映画の終盤にもあったように、悩んだり迷ったりしながら、心情と折り合いを付けるのも大切だよね。

YESとNOのバランス libra あなたは取れていますか?332669_001_3

|

« 394: デス・プルーフ/プラネットテラー | トップページ | 396: プライベート・ベンジャミン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 394: デス・プルーフ/プラネットテラー | トップページ | 396: プライベート・ベンジャミン »