« 409: ガンジー | トップページ | 411: セブンティーン・アゲイン »

2009年5月16日 (土)

410: 天使と悪魔

今度は ガリレオ・コードに挑む moon3

Angels_demons02
Angels_demons06_2

原題:    Angels & Demons

監督: ロン・ハワード
原作・製作総指揮: ダン・ブラウン
製作: ライアン・グレイザー / ジョン・キャリー
製作総指揮: トッド・ハロウェル
脚本: アキヴァ・ゴールズマン / デヴィッド・コープ
撮影: サルヴァトーレ・トチノ
プロダクションデザイン: アラン・キャメロン
衣装デザイン: ダニエル・オーランディ
編集: ダン・ハンリー / マイク・ヒル
音楽: ハンス・ジマー

キャスト: トム・ハンクス ユアン・マクレガー アイェレット・ゾラー ステラン・スカルスガルド コジモ・ファスコ アーミン・ミューラー=スタール ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ

製作: 2009年 アメリカ
上映時間: 2時間18分

宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、秘密結社・イルミナティの復活を探るべくローマへ旅立つ。17世紀、ヴァチカンの科学者への弾圧の陰で結成されたイルミナティが、今にも教皇候補の暗殺を計画しているという。ラングドンと科学者ヴィットリア(アイェレット・ゾラー)は、ガリレオの暗号コードの解明に乗り出すが……シネマトゥデイ

IMDb★★★★★★★☆☆☆ 7.1/10 2,376votes
YAHOO! MOVIES】 The Critics: C+ 14reviews  Yahoo! Users: B 161ratings
YAHOO!JAPAN 映画
★★★★ 4.01点/87人
映画生活
★★★★ 82点/15人

◆◆◆さくら65点 劇場鑑賞(原作は未読)

好みじゃなかった。それに尽きる。catface

ローマやヴァチカンに行った事があるから、景色からその時の記憶を辿りたかったけど、そんな心の余裕は持てなかった。色々と勘ぐり過ぎて、見終えた後はどっと疲れが出た。個人的には、ラストにもう一捻り二捻りあるかと思っていたので、映像的に派手ではあるけど順当な終わり方過ぎて、ちょっと拍子抜けした。

以下ネタバレあり
Angels_demons01

+イルミナティを粛清

1968年 教会はイルミナティの科学者4人をさらい
その4人の胸に十字架の焼印を押した
彼らの罪を清め落とすためだ
そして4人を処刑し 遺体を道端に放りだした
教会の支配を疑う者への見せしめとしてね

+ヴァチカンを粛清

我々はお前たちの4本の柱を破壊する
プレフェリーティたちに焼印を押し
科学の祭壇に捧げる生とする
そしてお前たちの教会は破壊され
ヴァチカンは光に飲み込まれるであろう
“啓示の道”の終わりには星が輝く

壮大で深遠な事件に見せかけて、見終えてみれば単なるカメルレンゴの個人プレーに過ぎない、ってどうなのよ。それならそれで、もうちょっとカメルレンゴの内面を掘り下げて、やった事に重みを持たせて欲しかった。

それに、あの謎解きを面白がるだけの予備知識が無いのが、あたしにとっては致命的だった。あっちだこっちだ、これがあれだと言われても、「あっそうなの」って感じでワクワク出来なかった。「あ~あ、このパターンが5つ目の焼印の謎に辿り着くまでずっと続くのね、・・・しんどい」なんて思いながら見た。

場面転換が早くて、建物や美術品をしっかり鑑賞出来なかったのも残念だった。もうちょっと場面に溜めがあって欲しかった。

でも、セルン(欧州原子核研究機構)、スイス衛兵隊、コンクラーベ(教皇選挙)、カメルレンゴ(ローマ教皇の侍従)の様子なんかは、それなりに興味深かった。あと、「反物質」という半現実で半SF的なシロモノ、枢機卿のイタリアンレッドの美しい法衣なんかもね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

カメルレンゴが、何が目的で、あるいは本来どういう結果を望んで、イルミナティを騙るという手段を取ったのか、未だに理解しきれない。カメルレンゴの動機(=彼の信仰心のあり方)を掴み切れていないから、しっくりこないんだろうなぁ。

だから、カメルレンゴの言った「今こそ全世界に真実を告げるべきです」という言葉の「真実」が何だったかさえ、イマイチ分からない。イルミナティによるテロを全世界に告げる事によって、“神の真似事”をする科学の粛清を訴え、ヴァチカン(=カトリック教)の覇権を磐石にしたかったのか?

ちょっと自分の頭の中を整理してみよう。

カメルレンゴは、頭で科学を理解していても、心で神を信じていた。というか、科学よりも教会が優位であるべきと考えていたから、神の世界創造を否定する実験を告白する科学者を責めないローマ教皇の態度が許せなかった。だから、教皇を暗殺した。

当時のイルミナティが考えたガリレオ・コードを知っていた(解読したのもカメルレンゴ?)から、反物質の威力を利用して暗号に当てはめ、イルミナティのテロを装って敢えて「科学vs宗教」を演出する。教皇暗殺もイルミナティの仕業にして、ヴァチカン内部の不安を煽り、対立構造を作ろうとする。そうする事によって、ヴァチカン内部だけでなく、世界中に散らばっている信者達に科学の負の面を喧伝し、人々の信仰心を煽って教会を優位に位置付けたかった。カメルレンゴにとっては、教会の求心力を高める事が、信仰の正しいあり方だった。

教皇権力を自身の手中に収めるのが目的では無かった。いや、教皇権力を自身の手中に収め、教会の力を増したかったのか? ヘリコプターに乗って上昇、自動運転にして脱出、パラシュートで落下(失笑)云々のくだりが、偶然なのかそれとも神頼みとはいえ狙い通りなのか良く理解できなかったので、この辺りの心情はあやふやにしか掴めなかった。

とにかく、カメルレンゴの企みは、肝心なトコロで上手くいかず失敗。全てがばれて焼身自殺。でもってラストは、聖書にも落ち度があるし、科学も万全ではない、この二つは対立するものではなく、お互いを補完し合って人々を幸せに導くものなのだ、という感じのオチになった。

この流れで、だいたいあってるのかな・・・? 何か変だよね? catface

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

せっかく見たんだから、自分の無理解を棚に上げて愚痴ってるだけじゃなくて、なるべく映画を理解したいと思うものの、これ以上その気力が湧いてこない。色んな人のレビューを読んだりして、ぼちぼち考えていく事にしよう。うん、そうしよう。 。。catface

◆◆◆覚書

・アンビグラム

アンビグラムとは、語を与えられた形式だけでなく、異なる方向からも読み取れるようにしたグラフィカルな文字のこと。 wiki

下記のアンビグラムは、文字を180度回転させても同じ語に読める。

Angelsdemons_3
↑「Angels & Demons」

Angelsanddemonsilluminati
↑「illuminati」

Angelsanddemonsearthairfirewater
↑「earth air fire water」

Illuminatidiamond
↑「earth air fire water  (illuminati diamond)」

・ピラミッドに目

イルミナティのシンボルはピラミッドに目のシンボルである。このシンボルはエジプトに由来し、「ホルスの目(ウジャト<Udjat>の目)」と呼ばれる。このシンボルは権力構造のヒエラルキーとすべてを監視する支配者を表しているとされる。 wiki

・五芒星

5つの要素を並列的に図案化できる図形として、洋の東西を問わず使われてきた。世界中で魔術の記号として用いられ、扱い方一つで守護に用いることもあれば、上下を逆向きにして悪魔の象徴になることもある。 wiki

・土・空気・火・水の場所 (四大元素

01_3

Erh_ttl_3

偉大な彫刻家ラファエロが設計した墓 サンティの土の墓

Erh01_pht_2 サンティとは、偉大な芸術家ラファエロのファミリーネーム。ラファエロ・サンティが設計したこの礼拝堂は、通称を土の礼拝堂という。つまり、この場所は科学者の集団である秘密結社イルミナティにとって、科学の四大元素となる“土”を意味するのだ。そう、ここは彼らが残した“啓示の道”の出発点となるのだ。続きを読む (yahoo特集)

Air_ttl

西風の神が描かれた、楕円形のレリーフ ウェスト・ポネンテ

Air01_pht ウェスト・ポネンテとは、楕円(だえん)形の白い大理石のレリーフのこと。彫刻家ベルニーニの作品で、ヴァチカン市国内のサン・ピエトロ広場にタイルのように地面に埋め込まれている。そこに描かれているのは、天使のような容ぼうの西風の神。神の口から吹き出される強い息は、ヴァチカン市国から“外へ向かう空気”として描かれている。続きを読む (yahoo特集)

Fir_ttl

ベルニーニが意図的に創作した女性像

Fir01_pht 女性の表情に性的な表現があると人々の好奇心を集めた、ベルニーニの著名な彫刻「聖女テレサの法悦」。天使の槍(やり)に貫かれ、情熱の炎に身もだえる女性テレサを描いた彫刻だ。この表現はベルニーニの策略で、ヴァチカンがあからさまな性的表現を嫌ってこの彫刻をへんぴな場所に移すようにと、あえて作った作品と考えられる。続きを読む (yahoo特集)

Wtr_ttl

4つの大河を表す水をたたえた彫刻 四大河の噴水

Wtr01_pht 「四大河の噴水」は、ナヴォーナ広場の中央に位置する水をたたえる彫刻で作者はベルニーニ。旧世界の4つの大河であるナイル川、ガンジス川、ドナウ川、ラプラタ川の壮大さを賛美している。中央部分は約6メートルもの高さになる。随所に開いた大小の穴から水が吹き出ていて、噴水の上には巨大なオベリスクがそびえ立っている。続きを読む (yahoo特集)

 

天使と悪魔の顔を持っていたカメルレンゴ・・・

Angels_demons03
Angels_demons04_2

 

◆◆◆追記 おまけ

<科学を信じない「キリスト教原理主義」の人々>

「キリスト教原理主義」というのは周りの人たちがいっていることで、本人たちは「福音派」といっている。「福音派」とは「聖書」を一言一句信じ科学を否定する人々で、彼らは聖書で覚えたことと学校で教えることが違うから、学校が間違っていると考える。そして、キリストが人類に救いの道を開くという教えを信仰している。そういう人たちが、アメリカの25%以上=約8000万人もいる。

そうなると、彼らがアメリカの選挙をコントロールしてしまう。そうして誕生したのがブッシュ元大統領だ。彼はアメリカに初めて誕生したキリスト教原理主義を支持基盤とする大統領なんだ。

*source: 2009年5月17日放送 松嶋X町山_未公開映画を観るTV "ジーザスキャンプ(jesus camp)" 第79回アカデミー賞ドキュメンタリー長編賞ノミネート作品。アメリカを動かすキリスト教原理主義の実態を描いている。 

<安全vs安心 ~科学と民意の壁~

クローン牛、遺伝子組み換え種子、ES細胞・・・・・

|

« 409: ガンジー | トップページ | 411: セブンティーン・アゲイン »

コメント

(o_ _)o うーむ

謎について観客に事前に考えさせる時間がなく 
ズンズン主人公が引きずり回して行く為 入り込めないよね
(途中で一瞬一瞬たびたび寝てたけど)
原作本があっても 映画は映画で作品として完結してなきゃ

投稿: nono1 | 2009年5月17日 (日) 11時05分

そうなのよね~ 居眠りの価値がある映画だと思う confidentsleepy

こういう作りならいっそアクションムービーに徹してくれたら
もっと映画の時間を気軽に楽しんだのになあ

投稿: さくらスイッチ | 2009年5月17日 (日) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/29634065

この記事へのトラックバック一覧です: 410: 天使と悪魔:

» 天使と悪魔 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
 ダン・ブラウンの原作『天使と悪魔』は大好きですぅ〜             前作の映画はイマイチだったんだけど(汗)、、、今回はどうかな? 【story】宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、秘密結社・イルミナティの復活を探るべくローマへ旅立つ。17世紀、ヴァチカンの科学者への弾圧の陰で結成されたイルミナティが、今にも教皇候補の暗殺を計画しているという。ラングドンと科学者ヴィットリア(アイェレット・ゾラー)は、ガリレオの暗号コードの解明に乗り出すが―     監督 : ロン・... [続きを読む]

受信: 2009年5月16日 (土) 14時25分

» 『天使と悪魔』 [めでぃあみっくす]
面白いけど深みがない。そのため全く世界観が構築されないまま真犯人が分かっても全然驚きがない映画でした。とにかく情報量が多いうえに、ヴァチカンやキリスト教の歴史に関する個々の説明も不親切。 正直、これがあの『フロストXニクソン』を撮った監督の作品とは思えない...... [続きを読む]

受信: 2009年5月16日 (土) 18時09分

» 天使と悪魔 [Akira's VOICE]
もっと考えさせてください。 [続きを読む]

受信: 2009年5月16日 (土) 18時45分

» 天使と悪魔 [eclipse的な独り言 ]
 スリラーなのか、オカルトなのか?正直よくわかりませんでした。(5月15日 富士 [続きを読む]

受信: 2009年5月16日 (土) 18時49分

» 『天使と悪魔』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
またまた原作は未読ではありますが、気になってたので初日に観てきました、『天使と悪魔』。 明日・明後日でどのくらいの動員をするんでしょうね、めちゃくちゃ気になります。 ******************** 『ダ・ヴィンチ・コード』のロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で... [続きを読む]

受信: 2009年5月16日 (土) 23時05分

» 天使と悪魔 [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 アメリカ  サスペンス&ミステリー&アドベンチャー  監督:ロン・ハワード  出演:トム・ハンクス      アイェレット・ゾラー      ユアン・マクレガー      ステラン・スカルスガルド 【物語】  宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドンは、秘密...... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 11時13分

» 天使と悪魔 [だらだら無気力ブログ]
ロン・ハワード監督とトム・ハンクス主演で大ヒットした前作 『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となるミステリー。 ローマ教皇の崩御により、新教皇を選出するコンクラーベが行われる ヴァチカンを舞台に、かつて弾圧された秘密結社・イルミナティによる ヴァチカンへの陰謀..... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 12時25分

» 映画「天使と悪魔」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Angels Demons 最初から最後まで興味を持って観れるかどうかの根競べ、ついつい駄洒落を言ってしまうコンクラーベ、前作の「ダ・ヴィンチ・コード」と比べてどうだろうか・・・ 前作がとてもお気に召さなくて、今回も一抹の不安があったけど・・・そもそも天使と... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 13時06分

» ★「天使と悪魔」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
最近は劇場公開日を金曜日にする作品が増えてきてるけど、 金曜日にオールナイト上映してくれる「TOHOシネマズららぽーと横浜」は、 ひらりんにとって大助かり。 初日の深夜に見てきました・・ しかも、たぶん自身初の「デジタルプリント版」を鑑賞。 たしかに、普段より映像がクッキリしてるみたいで見やすかったね。... [続きを読む]

受信: 2009年5月18日 (月) 03時48分

» 天使と悪魔 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[天使と悪魔] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.0/10点満点 2009年47本目(42作品)です。 歴史上最も謎に包まれた秘密結社・イルミナティは、ローマ教皇が亡くなり、後任候補者となる4人の枢機卿を誘拐しては、夜8時から1時間毎に4人..... [続きを読む]

受信: 2009年5月18日 (月) 10時22分

» 天使と悪魔●ANGELS & DEMONS [銅版画制作の日々]
ガリレオの暗号が、ヴァチカンを追いつめる! 「ダヴィンチ・コード」(06)に引き続き、ダン・ブラウンの小説を映画化した「天使と悪魔」が15日から公開されました。早速MOVX京都で鑑賞してきました。今回はたまったポイントを利用したので、無料鑑賞となりました! トム・ハンクス扮するラングドン教授が今回対決するのは、カトリック教会を憎む科学者たちが作った秘密結社イルミナティ だ。イルミナティの暗殺者が、CERN(欧州原子核研究機構)から強大な破壊力を持つ反物質 を奪い、カトリック教会の総本山であるヴァ... [続きを読む]

受信: 2009年5月18日 (月) 11時05分

» 『天使と悪魔』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『天使と悪魔』を観ましたロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演の大ヒット作、『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となる歴史犯罪ミステリーです>>『天使と悪魔』関連原題: ANGELS&DEMONSジャンル: サスペンス/ミステリー/アドベンチャー製作年・製作国: 2009年・...... [続きを読む]

受信: 2009年5月18日 (月) 22時59分

» [映画『天使と悪魔』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆面白かった。  このシリーズは、何やら、おじさん読書家には、いかにも高尚な内容のものとして扱われているが、  私にとって、このシリーズの魅力は、その「俗」にあると思う。  今回、ラングドン教授は、<イルミナティ>と言う秘密結社の目論む「司祭見立て連続殺人」&「コンクラーヴェ爆弾テロ」の捜査をするのだが、その爆弾テロで使用されるのが<反物質>・・・。  いやはや、<反物質>なんて言葉を聞いたのは、25年振りくらいである^^;  別に、それは原爆でも良かったわけで、でも、あえて、<反物質>爆... [続きを読む]

受信: 2009年5月18日 (月) 23時11分

» 天使と悪魔 [LOVE Cinemas 調布]
『ダ・ヴィンチ・コード』のロン・ハワード監督が送る、シリーズ第2弾。主演のロバート・ラグンドン教授はもちろんこの人、トム・ハンクスが演じます。そして、今回のもう一方の主役とも言えるカメルレンゴ役にユアン・マクレガーも出演。原作はどちらも既読の私ですが、『ダ・ヴィンチ・コード』は原作に忠実で中々面白い作品でした。(小説はもっと面白かったですが…。)今回はどうなんでしょうか。... [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 02時33分

» 「天使と悪魔(ANGELS [Wilderlandwandar]
本当はダ・ヴィンチ・コードの前編だけど映画的には続編扱いされている「天使と悪魔」(ANGELS DEMONS)見てきまし [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 22時32分

» 天使と悪魔-★★★★- [not simple.]
    英題: ANGELS & DEMONS 製作年: 2009年 製作国: アメリカ 日本公開: 2009年5月15日 上映時間: 2時間18分 配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント カラー 公式サイト 監督: ロン・ハワード(フロスト×ニクソン) 脚本: アキヴァ・ゴールズマン... [続きを読む]

受信: 2009年5月20日 (水) 00時00分

» 天使と悪魔 って鳥インフルと豚インフルぐらい違う? [労組書記長社労士のブログ]
【 29 -7-】 大阪の中心街の東通りという繁華街もガラガラ、フィットネスクラブもガラガラ、そして映画館もガラガラ・・・ 映画館は事前予約はもう受け付けないようになっている。 それくらい大阪の人は豚インフルエンザの影響を受けています、が、俺はうっかり日曜に東京から帰ってくる新幹線の中から映画鑑賞の予約をしてしまっていたんやからね、どうだかって感じですのマスク装着の映画鑑賞っす、大阪の子として。  ハーヴァード大学の宗教象徴学の権威であるロバート・ラングドン教授は、歴史上最も謎に包まれた秘密結社・... [続きを読む]

受信: 2009年5月20日 (水) 01時37分

» ♯24 「天使と悪魔」 [cocowacoco]
映画 「天使と悪魔」 ANGELS & DEMONS を観ました         ロン・ハワード監督 2009年 アメリカ う〜ん、自分は今、鑑賞気持力が低いのだろうか? ミーハーなもの好きなんだけどな・・・ユアンも出てるし。 この映画も普通に楽しめたけど、科学や宗教の題材に今一のれなかった。 謎解き話がどんどん次のコマへ進んで行く様が、(こちらのダヴィンチコード・シリーズが先でしょうが)映画『ナショナルトレジャー』を思い出しちゃった。 それも、ナショトレのニコラス・ケイジよりも、トム・ハ... [続きを読む]

受信: 2009年5月20日 (水) 02時36分

» 「天使と悪魔 」それはひとりの人間の表と裏 [soramove]
「天使と悪魔 」★★★★ トム・ハンクス ,アイェレット・ゾラー ,ユアン・マクレガー 主演 ロン・ハワード 監督、2009年、139分、アメリカ 「ロバート・ラングドン教授の 今度の冒険の舞台は、ヴァチカン。 謎に包まれた秘密結社イルミナティの 復活の証拠を発見し、古代の印から 暗号を読み解き核心に迫っていく」 そつないストーリー展開で 安心して映画の世界へ入っていける、 あとは都合が良すぎるかな等々感じながらも 教授が発見する様々な歴史の符号。 ... [続きを読む]

受信: 2009年5月20日 (水) 22時49分

» 「天使と悪魔」 驚くほど前作と同じ印象 [はらやんの映画徒然草]
大ヒットした「ダ・ヴィンチ・コード」を受けて、ダン・ブラウンのラングドン教授シリ [続きを読む]

受信: 2009年5月23日 (土) 18時32分

» 天使と悪魔 [小部屋日記]
Angels & Demons(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス/ユアン・マクレガー/アイェレット・ゾラー/ステラン・スカルスガルド/ピエルフランチェスコ・ファビーノ/ニコライ・リー・カース 「ダ・ヴィンチ・コード」から3年 新たな歴史の謎が暴かれる。 久しぶりの更新で、映画の感想書きの仕方忘れてしまいました。笑 TBもいただいてるのにお返しもできず申し訳ないです。ペコ・・・ ぼちぼちと前のペースに戻していくつもりなので、またよろしくお願いいたしまー... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 21時52分

» 映画「天使と悪魔」 [三十路女の奮闘記 ~キャラ顔ウーマン~]
毎月3本映画を観る計画ですが、 全く観られなかった3月の分を4月5月でカバー中 今週も見てきましたよぉ~。 土曜プレミアムでやっていたダ・ヴィンチ・コードシリーズの最新作 天使と悪魔 を観にいってきました! 公開したバッカリだからでしょうか、満席でし... [続きを読む]

受信: 2009年5月25日 (月) 00時02分

» 映画「天使と悪魔」 [FREE TIME]
話題の映画「天使と悪魔」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年5月25日 (月) 00時18分

» 『天使と悪魔』(吹替版) [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「天使と悪魔」□監督 ロン・ハワード □脚本 アキヴァ・ゴールズマン、デヴィッド・コープ □原作 ダン・ブラウン (「天使と悪魔」角川書店刊)□キャスト トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカルスガルド、コジモ・ファスコ、アーミン・ミューラー=スタール、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ■鑑賞日 5月24日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 前作『ダ・ヴィンチ・コード』では、やや全体像が掴め... [続きを読む]

受信: 2009年5月28日 (木) 12時29分

» 文明の利器に暴かれた事実。『天使と悪魔』 [水曜日のシネマ日記]
2006年5月に劇場公開された映画 『ダ・ヴィンチ・コード』の続編。 ヴァチカンを舞台に描かれた 教皇候補の暗殺計画を巡る物語です。 [続きを読む]

受信: 2009年5月30日 (土) 10時18分

» 「天使と悪魔」 [クマの巣]
「天使と悪魔」、観てました。 教皇が死に、時期教皇の選挙が行なわれようとしたローマで、驚愕の事件が勃発する。事態を重く観たヴァチ... [続きを読む]

受信: 2009年6月11日 (木) 11時04分

« 409: ガンジー | トップページ | 411: セブンティーン・アゲイン »