« 462: セレンディピティ | トップページ | 464: キリクと魔女 »

2009年12月19日 (土)

463: めぐり逢い

古典的すれちがいメロ・ドラマの秀作

「メリークリスマス」 shinexmasshine

01_8

原題: An Affair to Remember

監督:    レオ・マッケリー   
製作:    ジェリー・ウォルド   
原作:    レオ・マッケリー   
脚本:    レオ・マッケリー ミルドレッド・クラム デルマー・デイヴィス   
撮影:    ミルトン・クラスナー   
作詞:    ハロルド・アダムソン   
作曲:    ハリー・ウォーレン   
音楽:    ヒューゴ・フリードホーファー   

出演:    ケイリー・グラント デボラ・カー リチャード・デニング ネヴァ・パターソン フォーチュニオ・ボナノヴァ キャスリーン・ネスビット ロバート・Q・ルイス チャールズ・ワッツ

製作: 1957年 アメリカ
上映時間: 106分

邂逅(1939)」を監督したマッケリー自らによるリメイクで、古典的すれちがいメロ・ドラマの秀作。豪華客船のデッキで出会った有名なプレイ・ボーイのニッキーとテリー。二人は会話を交わすうちに恋に落ちてしまう。しかしお互いに婚約者がいる身の彼らはそれぞれの恋を精算して半年後、エンパイアステートビルの屋上で再会することを約束するのだった。しかしその当日・・・allcinema

IMDb★★★★★★★  7.3/10 8,108votes
YAHOO! MOVIES The Critics: -  Yahoo! Users: B 1,998ratings
YAHOO!JAPAN 映画★★★★ 4.24点/17人
映画生活★★★★☆ 87点/13人

◆◆◆さくら 77点 レンタルDVD

レトロな雰囲気が上手く作用して陳腐に感じなかった。すれ違いドラマといってもハラハラ感は無く、ただただ甘い余韻が残る映画。heart

02_8

◆レオ・マッケリー監督

Leo_mccarey レオ・マッケリー(Leo McCarey、1898年10月3日 - 1969年7月5日)はアメリカ合衆国の映画監督、脚本家、映画プロデューサー。本名はThomas Leo McCarey。

1937年にはスクリューボール・コメディ「新婚道中記」を発表して見事アカデミー監督賞を獲得、しかし本人としては同じ年の、老夫婦の目を通して社会改良論者的なテーマを盛り込んだ「明日は来らず」の方が自信作であったが、興業的にも惨敗してしまい、マッケリーは「本作の方に賞が与えられるべきだった」と言ったという。ちなみに本作は小津安二郎の代表作「東京物語」に大きく影響を与えた作品といわれている。続いて1939年にメロドラマの古典的名作「邂逅(めぐりあい)」を手掛ける。

1950年代は次第にキャリアが低迷するも、1957年に「邂逅」をケーリー・グラントとデボラ・カーを起用して自らリメイクした「めぐり逢い」を発表、いささかも演出力が衰えていないことをアピールし、マッケリーとして晩年の傑作となる。しかし、この時期、ハリウッドでは赤狩りの真っ只中で、この時期の作品のほとんどが反共産主義色の映画だった。

|

« 462: セレンディピティ | トップページ | 464: キリクと魔女 »

コメント

これも観たよー
豪華客船の旅での恋なんて
眩しい夢のような物語shineshineshine
おもしろかった

これに限らず
1950年代って名作が多いと思った
映画の黄金時代だったんだね

投稿: nono1 | 2009年12月19日 (土) 06時05分

そうそう。 shinelovelyshine

投稿: さくらスイッチ | 2009年12月19日 (土) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/32489387

この記事へのトラックバック一覧です: 463: めぐり逢い:

« 462: セレンディピティ | トップページ | 464: キリクと魔女 »