« 486: アリス・イン・ワンダーランド IMAX3D・吹替え | トップページ | 488-500 備忘録 »

2010年5月 9日 (日)

487: シャッター アイランド

Someone is missing.

Shutter_island_wallpaper_1024x768_0

smoking原題

Shutter Island

smokingスタッフ&キャスト&他

監督・製作: マーティン・スコセッシ
製作: ブラッドリー・J・フィッシャー / マイク・メダヴォイ / アーノルド・W・メッサー
製作総指揮: クリス・ブリガム / ジャンニ・ヌナリ / ルイス・フィリップス
原作・製作総指揮: デニス・ルヘイン
脚本・製作総指揮: レータ・カログリディス
編集: セルマ・スクーンメイカー

キャスト: レオナルド・ディカプリオ マーク・ラファロ ベン・キングズレー ミシェル・ウィリアムズ パトリシア・クラークソン マックス・フォン・シドー エミリー・モーティマー ジャッキー・アール・ヘイリー イライアス・コティーズ テッド・レヴィン ジョン・キャロル・リンチ クリストファー・デナム

smoking概要

精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメッセージを残して姿を消す。孤島で起きた不可解な失踪(しっそう)事件の担当になった連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、この孤島の怪しさに気付き始める・・・シネマトゥデイ

smokingレビュー評価

IMDb★★★★★★★☆☆ 8.1/10 65,191votes
YAHOO! MOVIES】 The Critics: B-/14reviews Yahoo! Users:B 7,694ratings
YAHOO!JAPAN 映画★★★☆☆ 3.38点/858人
映画生活★★★☆ 66点/182人

smoking見るきっかけ&感想

たまたま空いた時間に合った上映時間だったので観た。

さくらスイッチ 80点 (劇場観賞)

4月9日から公開しているので観る人も少ないかなと思ったけど、定員132名と小さいシアターではあるものの5~6割くらい席が埋まっていてびっくりした。マーティン・スコセッシxレオナルド・ディカプリオという事しか知らずに観たけど、物語の大筋に意外性は無いものの思った以上に面白かった。

主人公“テディ・ダニエルズ”の痛みに思わず涙を流してしまった。そして、彼に平安を!、と心の底から願った。

◆追記

(ネタバレあり)

物語の中盤くらいで、主人公がスーツから職員の白い制服に着替え、落ち着かせるために薬で眠らせられた辺りから、夢以外のシーンも映像の陰影がきつくなり、一人称的物語だと感じるようになったので、現実と夢に幻視が混ざっているんだと思った。だから、67番目は彼なんだろうと想像した。とはいえ途中、色々と混乱したから、最後まで確信は持てなかった(結局はだまされていた)。つまりは、私自身が主人公の“狂気”を体験した事になるんだろう。見終えた後に、導入部から散りばめられたフックを、三人称的物語として思い返すのが面白かった。

タフで子供っぽいディカプリオの幅の狭い演技を、私は嫌いじゃないので(むしろ好き)、主人公に感情移入しやすかったのかもしれない。映画のテーマとしては「“主観で構成された世界”と“現実”の狭間での苦悩」といったところなのかな? 主人公は、人間性があったからこそ人間性を失った。私にとってはとても切ない映画だった。

この映画を見て『アイデンティティー』『時計仕掛けのオレンジ』『博士の異常な愛情』を、それぞれ理由は違うけど連想した。

Shutterisland

|

« 486: アリス・イン・ワンダーランド IMAX3D・吹替え | トップページ | 488-500 備忘録 »

コメント

eye見たよー。
結構満員に近かった。(2週間前)

最後まで分からなかった(^^;
面白かったね。でもディカプリオじゃなかったら、
もっと真に迫った迫力があったかも。

投稿: nono1 | 2010年5月10日 (月) 06時26分

(ネタバレあり)

物語の中盤くらいで、主人公がスーツから職員の白い制服に着替え、落ち着かせるために薬で眠らせられた辺りから、夢以外のシーンも映像の陰影がきつくなり、一人称的物語だと感じるようになったので、現実と夢に幻視が混ざっているんだと思った。だから、67番目は彼なんだろうと想像した。とはいえ途中、色々と混乱したから、最後まで確信は持てなかった(結局はだまされていた)。つまりは、私自身が主人公の“狂気”を体験した事になるんだろう。見終えた後に、導入部から散りばめられたフックを、三人称的物語として思い返すのが面白かった。

タフで子供っぽいディカプリオの幅の狭い演技を、私は嫌いじゃないので(むしろ好き)、主人公に感情移入しやすかったのかもしれない。映画のテーマとしては「“主観で構成された世界”と“現実”の狭間での苦悩」といったところなのかな? 主人公は、人間性があったからこそ人間性を失った。私にとってはとても切ない映画だった。weep

この映画を見て『アイデンティティー』『時計仕掛けのオレンジ』『博士の異常な愛情』を、それぞれ理由は違うけど連想した。

投稿: さくらスイッチ | 2010年5月10日 (月) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/34608848

この記事へのトラックバック一覧です: 487: シャッター アイランド:

» ♯25 「シャッター アイランド」 [cocowacoco]
映画 「シャッター アイランド」 Shutter Island を観ました        マーティン・スコセッシ監督 2009年 アメリカ 私、英語も出来ませんが、日本語聞き取りもヘタでございます。 よって、場面を見逃すな!と宣伝お勧めの超吹替版ではなく字幕で観てきました。 未見の方の為にネタバレしないでね〜とお願いされても、 何を書いてもネタバレになりそうな私には無理だ〜と、 以下、未見の方でネタバレ嫌な方は読まないで下さいね〜と、お願いしときます。 (先に謝罪しときます、文章はひどいっス・・... [続きを読む]

受信: 2010年5月10日 (月) 22時03分

» 「シャッター アイランド」 「騙される快感」がない [はらやんの映画徒然草]
マーティン・スコセッシ&レオナルド・ディカプリオの名コンビが挑むミステリー。 あ [続きを読む]

受信: 2010年5月22日 (土) 21時46分

« 486: アリス・イン・ワンダーランド IMAX3D・吹替え | トップページ | 488-500 備忘録 »