« 505: ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い | トップページ | 507: インセプション(IMAX) »

2010年7月17日 (土)

506: 借り暮らしのアリエッティ

♪風髪に感じて 空を眺めたい ~♪

Suzuki109nagoya

監督: 米林宏昌
脚本: 宮崎駿 丹羽圭子
音楽・主題歌: セシル・コルベル

制作: 日本 2010
上映時間: 94分

古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。そんな小人一家の14歳、アリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。だが、人間に見られないよう、目立たないよう、つつましさと用心深さを求められる毎日を送っていた。シネマトゥデイ

IMDb
YAHOO! MOVIES
YAHOO!JAPAN 映画★★★☆☆ 3.44点/97人
映画生活★★★★ 81点/24人

clip感想

原作の小人の冒険シリーズ全五冊(・床下の小人たち ・野に出た小人たち ・川をくだる小人たち ・空をとぶ小人たち ・小人たちの新しい家)は既読。

さくらスイッチ 69点

強引な心理描写だったけど、まぁ~まぁ~楽しかった。confident

Dvc00002

|

« 505: ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い | トップページ | 507: インセプション(IMAX) »

コメント

なんか
バリアがあって
前に進めない。。
なんでだろう?
自問自答⁇

投稿: mono1 | 2010年7月21日 (水) 19時30分

ジブリなので大々的な宣伝活動が行われているけど、
内容はプロローグ的な小作品だった。

バリアが何か分かったら、教えてね。 ^^

投稿: さくらスイッチ | 2010年7月21日 (水) 20時27分

はーい ^^/

投稿: nono1 | 2010年7月21日 (水) 21時26分

はーい ^^/

投稿: nono1 | 2010年7月21日 (水) 21時34分

だまって借りる。。。

気づかれないように。。。

単語が浮かぶ

Thieve

盗む
盗み

自立ではない

寄生。。。

可愛いければいいのか

可愛いからいいのか


うーむ

投稿: nono1 | 2010年7月23日 (金) 22時26分

なるほど

だまって狩る片利共生

でもある

彼らの「借り」は「狩り」

投稿: さくらスイッチ | 2010年7月23日 (金) 22時38分

今、思い出したけど、
原作では人間の少年とアリエッティの間で、
そんな会話がなされていたよ。

人間の少年の感覚では「借り暮らし屋」は「泥棒」だと言い、
アリエッティはそれに対して、
人間が植物や動物から借りているのと、
借り暮らし屋が人間から借りているのは同じ事だ、
というような事を答えていたような・・・

投稿: さくらスイッチ | 2010年7月23日 (金) 22時44分

正確には↓(原作『床下の小人たち』から引用)

◆「借りる、」

男の子は、考えにふけりながら、腰をおろして、草の葉をかみました。「借りる、」と、しばらくして、いいました。「きみは、そういうんだね?」

「ほかに、なんていえばいいの?」と、アリエッティがききました。

「ぼくなら、盗む、っていうね。」

アリエッティはわらいました。ほんきでわらいました。「だって、わたしたち、借り暮らしやなんですもん。」といって説明しました。「ちょうど、あなたが――人間、とか、なんとかいうのとおんなじよ。わたしたち、家の一部だわ。わたしたちのすることを、盗むっていうんだったら、暖炉が、石炭入れから石炭を盗むっていってもいいことになるわ。」

◆「人間ってものは、借り暮らしやのためにあるのよ」

「だけど、借り暮らしやは、盗みはしないわ。」

「人間からでなけりゃね。」と、男の子がいいました。

アリエッティは、わらいくずれました。あんまりひどくわらったので、さくら草のかげに、顔をかくさなければならないほどでした。「なんて、まあ、おかしな人ね!」と、アリエッティは、涙をだして、はあはあしながら、いいました。そして、ふしぎそうにしている男の子の顔を見あげました。「人間ってものは、借り暮らしやのためにあるのよ――パンが、バターのためっていうのと、おんなじよ!」

投稿: さくらスイッチ | 2010年7月23日 (金) 22時51分

>>人間が植物や動物から借りているのと、
借り暮らし屋が人間から借りているのは同じ事だ

うん 確かにそうだね。
人間も借りてるね
植物や動物から自然界から。。

節度を守ればだね。

うむ

一歩前進できた。^^

投稿: nono1 | 2010年7月23日 (金) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/35762487

この記事へのトラックバック一覧です: 506: 借り暮らしのアリエッティ:

» ♯34 「借りぐらしのアリエッティ」 [ここはここ]
映画アニメ 「借りぐらしのアリエッティ」 を観ました          監督:米林宏昌 原作:メアリー・ノートン 2010年 日本 原作は全然知りませんが、シリーズものでしょうか? 何だか物語のごく一部を作品化した後味でした。 小人は本当に小さき人で、驚異的な身体能力があったりするわけでもなく、 ましてや魔法が使えるわけでもありませんでした。 人間と同じ文化を持ってました。 小さい人目線からの映像は、小人達の毎日の生活が命懸けのサバイバルというのを実感させてくれるようでよかったです。 それ... [続きを読む]

受信: 2010年7月31日 (土) 02時12分

» 映画<借りぐらしのアリエッティ> [美味−BIMI−]
早速見て来ましたよ〜! ジブリ映画<借りぐらしのアリエッティ>! ぼくは、あの年の夏、 母の育った古い屋敷で、一週間だけ過ごした。 そこでぼくは、 母の言っていた小人の少女に出会った――。 人間に見られてはいけない。 それが床下の小人たちの掟だった。 イギリスのメアリー・ノートンの「床下の小人たち」を基に、 古い家の台所の下に暮らす小人一家の物語が展開するジブリ・アニメ。 日本語版は「小人の冒険シリーズ」として、岩波書店から発行され... [続きを読む]

受信: 2010年8月 2日 (月) 14時17分

» 映画「借りぐらしのアリエッティ」童話の本を開いてみると [soramove]
「借りぐらしのアリエッティ」★★★★ 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林 声の出演 米林宏昌監督、94分 、2010年7月17日公開、2010,日本,東宝 (原題:原作・床下の小人たち )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「ジブリ作品は最初から高いハードルが目の前にあり、 見る側もそれ相当の「何か」を求めて劇場へ行く、 いまひとつ、という感想を聞いてい... [続きを読む]

受信: 2010年8月 3日 (火) 21時22分

» 『借りぐらしのアリエッティ』 The Borrower Arrietty |称賛の言葉しか出ません [23:30の雑記帳]
CG、VFXを駆使したハリウッド映画などで、 人間が高所から飛び降りたりしても特に何も 感じないのに、ジブリアニメで人が落ちそうに なるのを観ると本当にハラハラする。 実写映画と比べ、水はより水っぽく、 食物はより美味しそうで、風はより吹きつける。 ジ...... [続きを読む]

受信: 2010年8月 4日 (水) 16時52分

» 借りぐらしのアリエッティ (The Borrowers) [yanajun]
アニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』の原作は、1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』です。企画・脚本は宮崎駿さんが担当し、監督はジブリで1番上手なアニメーターとして評判の米林宏昌さんが務めています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010年8月 5日 (木) 13時01分

» 借りぐらしのアリエッティ [Akira's VOICE]
飽きのこない「あっさり爽やか味」   [続きを読む]

受信: 2010年8月 5日 (木) 17時10分

» 『借りぐらしのアリエッティ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「借りぐらしのアリエッティ」□監督 米林宏昌 □脚本 宮崎 駿 □原作 メアリー・ノートンT( 「床下の小人たち」)□キャスト(声の出演) 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林■鑑賞日 7月19日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  宮崎さんはこの作品の出来映えに納得されたのだろうか・・・。  本当に鈴木プロデューサーは『崖の上のポニョ』超えを狙っているのだろうか・・... [続きを読む]

受信: 2010年8月 5日 (木) 21時18分

» 『借りぐらしのアリエッティ』完成披露試写会@東京国際フォーラムホールC [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
こちらも行きました『借りぐらしのアリエッティ』舞台挨拶2@TOHOシネマズスカラ座&「借りぐらしのアリエッティ種田陽平展」企画・脚本:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン「床下の小人たち」東京国際フォーラムホールCで行われたスタジオジブリ最新作『借....... [続きを読む]

受信: 2010年8月 7日 (土) 18時49分

» 借りぐらしのアリエッティ [映画的・絵画的・音楽的]
 たまにはアニメでも見ようということで、『借りぐらしのアリエッティ』をTOHOシネマズスカラ座で見てきました。 (1)お話は、郊外にある古ぼけた邸宅の床下に住んでいる小人の少女・アリエッティと、その家に病気療養しに来た少年・翔との交流を中心に展開されます。  アリエッティは両親と一緒に暮らしています。  彼ら小人たちは、家の床下に自分たちの住居をこしらえ、ただ電気とか水道、食物などは、人間のものを少しだけ“借りて”います(それで「借りぐらし」なわけです。とはいえ、むろん返すことはありませんから、... [続きを読む]

受信: 2010年8月 8日 (日) 08時30分

« 505: ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い | トップページ | 507: インセプション(IMAX) »